記事

トランプ大統領、最大の功績は政局混乱によるドル安?

トランプ政権のゴタゴタが続いている。昨日は就任後わずか10日間でスカラムチ広報部長が解任された。一方選挙公約の減税やインフラ投資拡大にはまだ具体的成果は見えてこない。

一見でたらめのようなトランプ政権だが、最大の功績は政局の混乱で、ドル安を招き、その恩恵で米国企業の業績が拡大していることかもしれない。

ICEドル指数は今年に入って9%下落している。個別通貨ではドルは対ユーロで10.9%、対円で5.6%下落している。

弱いドルは日欧企業にとって頭の痛い話。アナリストの予想ではユーロが対ドル10%上昇するとユーロ圏の企業の利益は4,5%減少するという。

一方ユーロ高・円高は国際的に業務を展開する米国企業には追い風だ。弱いドルが輸出競争力を高めるからだ。

私は今のドル・ユーロ相場は実勢以上にユーロ高に傾いているのではないか?とみているが、それは米連銀の早期の金利引き上げ期待に対する反動や具体策が見えてこないトランプ政権の高成長政策に対する嫌気が入っているからだ。

就任前から「高いドル」に不満を述べていたトランプ大統領が、政局を混乱させることでドル安を招いているとすれば大した役者である。

ドル安は日本株を直撃する。過去5年の日経平均とドル円相場の相関係数は0.9だという。実際米国株は先月も上昇を続けたが、3か月間上昇してきた日本株は下落に転じた。

個人的にはこのままドル安が続くとは思っていないが、当面の日本株の上値が重いことは間違いないだろう。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の都合に合わせるのはやめよ

    深谷隆司

  2. 2

    未だにコンビニ現金払いはバカ?

    Hayato Ikeda

  3. 3

    安倍首相 広島長崎で手抜き挨拶

    NEWSポストセブン

  4. 4

    小池氏に半生を狂わされた人たち

    文春オンライン

  5. 5

    高校野球「無気力」采配の真相

    NEWSポストセブン

  6. 6

    戦争を招くウーマン村本の価値観

    自由人

  7. 7

    常識に縛られると思考は停止する

    ニャート

  8. 8

    高齢者が支配する老人ホーム日本

    ヒロ

  9. 9

    「原爆の日」に感じた違和感

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    慰安婦像問題 海外での報道は

    NewSphere

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。