記事

トランプ大統領、最大の功績は政局混乱によるドル安?

トランプ政権のゴタゴタが続いている。昨日は就任後わずか10日間でスカラムチ広報部長が解任された。一方選挙公約の減税やインフラ投資拡大にはまだ具体的成果は見えてこない。

一見でたらめのようなトランプ政権だが、最大の功績は政局の混乱で、ドル安を招き、その恩恵で米国企業の業績が拡大していることかもしれない。

ICEドル指数は今年に入って9%下落している。個別通貨ではドルは対ユーロで10.9%、対円で5.6%下落している。

弱いドルは日欧企業にとって頭の痛い話。アナリストの予想ではユーロが対ドル10%上昇するとユーロ圏の企業の利益は4,5%減少するという。

一方ユーロ高・円高は国際的に業務を展開する米国企業には追い風だ。弱いドルが輸出競争力を高めるからだ。

私は今のドル・ユーロ相場は実勢以上にユーロ高に傾いているのではないか?とみているが、それは米連銀の早期の金利引き上げ期待に対する反動や具体策が見えてこないトランプ政権の高成長政策に対する嫌気が入っているからだ。

就任前から「高いドル」に不満を述べていたトランプ大統領が、政局を混乱させることでドル安を招いているとすれば大した役者である。

ドル安は日本株を直撃する。過去5年の日経平均とドル円相場の相関係数は0.9だという。実際米国株は先月も上昇を続けたが、3か月間上昇してきた日本株は下落に転じた。

個人的にはこのままドル安が続くとは思っていないが、当面の日本株の上値が重いことは間違いないだろう。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    なぜ国民は安倍内閣支持するのか

    田原総一朗

  2. 2

    ローソンは行列生むレジ改善せよ

    内藤忍

  3. 3

    ポルノ動画にも「フェイク」の波

    WEDGE Infinity

  4. 4

    よしのり氏 米国は戦争の覚悟か

    小林よしのり

  5. 5

    マツダ新型車が逆張りを貫くワケ

    片山 修

  6. 6

    橋下徹氏が日大問題で学生へ謝罪

    橋下徹

  7. 7

    空気読めない時代遅れの日大広報

    渡邉裕二

  8. 8

    ユニクロスタッフらの悲痛な叫び

    MAG2 NEWS

  9. 9

    金正恩氏に残された3つの選択肢

    MAG2 NEWS

  10. 10

    眞子さま見せた紀子さま拒絶の姿

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。