記事

仮想通貨ビットコインが分裂か、中核技術に新規格の可能性

[ニューヨーク 31日 ロイター] - 仮想通貨ビットコインは、8月1日に中核技術であるブロックチェーン(分散型台帳)に新たな規格が作られ、クローン通貨である新仮想通貨「ビットコインキャッシュ」が生まれる可能性がある。

新規格ができると、ビットコインの保有者は保有額と同等のビットコインキャッシュを無償で入手できる。

新規格の作成は「フォーク(分岐)」と呼ばれる。今回のフォークは、ビットコインの技術的な維持管理に携わっている「マイナー(採掘者)」の一部が主導している。このグループは中国に拠点を置くマイナーが中心で、ビットコイン関連ソフトウエアの改善計画に不満を抱いている。

フォークが実際に行われるのかどうかや新仮想通貨の評価額などははっきりしていない。

ブロックチェーン技術企業Bloqのジェフ・ガージク最高経営責任者(CEO)は、フォークは「株式分割のようなものだ」と説明。100ビットコインを持っていれば突然新たに100ビットコインキャッシュが手に入るという。

ただ、仮想通貨を手掛ける取引所や決済サービス会社の一部はビットコインキャッシュを支持しない方針を決めており、新仮想通貨の取り扱いは限定されそうだ。

ビットコインは2週間前にソフトウエア開発業者とマイナーがソフトウエアの改善で合意し、いったんは分裂を回避していた。

あわせて読みたい

「ビットコイン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田氏への疑惑が総裁選に影響か

    天木直人

  2. 2

    「日本の技術はスゴイ」は勘違い

    Dr-Seton

  3. 3

    「野党は反対するだけ」はデマ

    小林よしのり

  4. 4

    川上量生氏の独白 都が裏取引か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    川上量生氏「批判は私が受ける」

    川上量生

  6. 6

    「人殺し大臣」発言に懲罰はなし

    和田政宗

  7. 7

    セブンの生ビール販売中止は正解

    ヒロ

  8. 8

    新たな与野党関係がIR法の成果

    木曽崇

  9. 9

    山本議員らを懲罰委付託も無効か

    足立康史

  10. 10

    酷暑でも屋外学習を実施する論理

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。