記事

謙虚なアメリカの人!

1/2

いま政治の世界では、稲田防衛大臣の虚偽答弁疑惑による辞任がありました。今日のニュースによると、自民党の竹下国会対策委員長は「辞めて立派に責任を取ったということで、稲田前防衛大臣を安保委員会に参考人として出さない」という始末。辞めれば過去は不問にできると言わんばかり。また、非常に奇妙奇天烈な話としては「安倍首相は今年の1月20日まで加計学園が獣医学部新設を願い出ている話を知らなかった」とか。

総理自身が加計理事長を腹心の友といい、頻繁に会食やゴルフをしておきながら、今年の1月まで知らないとは耳を疑います。私も民進党の公認予定候補であれば、こういったところを突っ込むべきなのかも知れませんが、これはもう毎日のようにテレビや新聞で出ていますので今日は遠慮しておきます。

もっと建設的な話ということで、話が変わって恐縮ですが、前回の「遠い国は同じように見える?近くの国もよく知らない」というテーマに関連して書かせていただきます。外国に関しては、結構誤解しているところは多いものです。例えば「アメリカ人はアグレッシブだ!」というのがあります。確かに平均的にみれば日本人よりそうかも知れないのですが、詳細を見ていくと興味深く学ぶところも多くあります。

アメリカ人はアグレッシブなカウボーイ!?

以前、知人から転職の相談を受けました。「アメリカ系の企業からオファーをもらえそうだがどうしようか?初めての転職なので、ちょっと心配している」とのことでした。アメリカというと、トランプ大統領のように、いわゆるカウボーイ的な「俺が!俺が!」のアグレッシブさがありそうなので、自分に合うかどうか心配しているとのこと。

彼が応募していたのはマネージャーポジションで、本社から来た上層部の人とも面談しているとのこと。そこで私は「アメリカの人ってそんなにアグレッシブな感じはしたのか?」と聞くと、彼曰く「そういわれてみるとそうでもない。特に本社の人は穏やかでいい感じだった」とのこと。ではなぜアグレッシブだと思うのか?と聞くと「一般的なイメージ」とのことでした。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  3. 3

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  4. 4

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  5. 5

    女性用下着店にいる男性に賛否

    キャリコネニュース

  6. 6

    松本人志マッチョ化は典型的変節

    文春オンライン

  7. 7

    北朝鮮「米本土到達は不可避」

    ロイター

  8. 8

    「脱デフレは幻想」イオンが証明

    近藤駿介

  9. 9

    正恩氏声明でトランプ氏へ怨み節

    高英起

  10. 10

    中国国境に接する北は崩壊しない

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。