記事

"キレる大人"嫉妬・スマホ・睡眠の脳科学 脳のメカニズムと怒りを静める方策

1/2

(ジャーナリスト 田之上 信)

分別があっていいはずの中高年にキレる人が増えている。その原因として何が考えられるのか? 急ピッチで研究が進められている脳科学分野から、怒りのメカニズムと、それを静める方策を解明する。

■あなたのアタマの中では何が起きているのか?

まず、グラフ(図1)を見ていただきたい。警察庁の調べによると、2013年の暴行検挙者数は、なんと40~49歳が最も多いのだ。04年と13年を比べた伸び率も40~49歳は高い。帰宅途中の電車内で押されたとか、肩がぶつかったとかでほかの乗客と揉め事を起こしたり、電車の遅延に対して駅員に詰め寄ったり……。そんな中高年の醜態が目立つのは、決して気のせいではない。


(図1)爆発的に増えたキレる中高年 出所:警察庁「平成25年の犯罪情勢」より暴行の年齢別検挙人員(図2)前頭前野の活動低下で扁桃体が怒りを爆発 ※取材などをもとに編集部で作成

では、分別のあるはずのいい大人が、なぜキレてしまうのだろう。それを解くカギの一つが脳のメカニズムにあって、「怒りに密接に関わるのが、脳の中心部にある大脳辺縁系の中の扁桃体です」と精神科医の西多昌規氏は説明する(図2参照)。

「扁桃体は恐怖や不安、緊張などに反応します。心理的には、自分の思うようにならないときに怒りが生まれます。渋滞にはまったりすると、だんだん機嫌が悪くなる。仕事でも対人関係でも同じで、その程度が大きくなると怒りにつながります」

この扁桃体は、睡眠不足によっても過剰反応する。「寝不足だと扁桃体が活性化する一方で、扁桃体と神経で結ばれていて、その活動を抑制する前頭前野の機能が低下します。その結果、扁桃体が怒りに“ハイジャック”されるわけです」(西多氏)。

さらに、睡眠不足は「HPA軸」も刺激する(図3参照)。HPAとは脳の視床下部と下垂体、内臓の副腎に含まれる副腎皮質の3つの英語の頭文字からとったもので、人は強いストレスを受けると、脳から副腎皮質に伝達され、コルチゾルというストレスホルモンが過剰に分泌され、それが脳に影響してダメージを与える。そして、突発的な暴言や暴力といった行動が表出してしまう。


(図3)負のフィードバックをもたらすHPA軸 ※取材などをもとに編集部で作成

キレる背景にはストレス過多もあって、興味深いのが社会のIT化との関連だ。脳生理学者で医師の有田秀穂氏は「一日中、パソコンやスマートフォンと向き合って体を動かさず、頭はフル回転しているような状態だと、心の安定や安らぎに関与するセロトニンが低下し、強いストレス状態に陥ります」と指摘する。

そのストレスに反応するのが、脳の一番奥深いところの脳幹にあるノルアドレナリン神経で、脳全体に指令を発し、脳が興奮状態になる。そして覚醒レベルが上がり、不安やパニックが襲いかかる。その状態をよく「闘争か逃走か」という。そして、にっちもさっちもいかない状況に追い込まれると、キレるのだ。

それでなくても不得手なパソコンに一日中向き合ってストレスをためたうえ、オキシトシンの分泌も減っている。その結果、先ほどのように帰宅途中の電車内でトラブルを起こす中高年が増えているようだ。

あわせて読みたい

「脳科学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  2. 2

    定年後は蕎麦打ち職人になるな

    内藤忍

  3. 3

    朝日が仏大統領発言でっち上げか

    西村博之/ひろゆき

  4. 4

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  5. 5

    金正恩氏 史上最高の措置を検討

    ロイター

  6. 6

    金正恩氏が米国への本音を吐露か

    高英起

  7. 7

    豊田議員あと一歩で逃げ切り逃す

    文化通信特報版

  8. 8

    老後の同窓会は成功者しか来ない

    NEWSポストセブン

  9. 9

    解散総選挙で与党にお灸を据えよ

    阪口徳雄

  10. 10

    自民公約は民進の完全なパクリ

    玉木雄一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。