記事

"契約アンペア数の見直し"は節約になるか

1/2
ふるさと納税、財形貯蓄、節電……。世間に流通するさまざまな節約術や納税の工夫。だが、本質を理解せずテクニックだけに走ればかえって思わぬ損をしてしまうこともある。ちまたで人気&定番のマネー術を、気鋭のファイナンシャルプランナーがチェックする。

■「ふるさと納税」は上限額に要注意

雑誌やテレビ、ネットを通じて、世の中にはさまざまなマネー術が流布しています。わかりやすくてすぐに試せそうなものは、ついやってみたくなりますよね。

でも実際には、とっつきやすくても効果が薄かったり、他の人には有効だけれど自分には合わなかったり、というものも少なくありません。使い方を間違えると効果が薄れたり、むしろ損をしてしまったりするマネー術も存在します。

そこで今回は、定番もしくは最近人気のいくつかのマネー術を見直してみようと思います。

まず取り上げたいのは、「ふるさと納税」です。居住地以外の自治体に、納税額の一部を実質的に振り分けられる制度で、出身地や災害被災地に寄付ができるという意味合いはもちろん、実質2000円の自己負担で各地の特産品がもらえることでも人気を集めています。私もお得な制度として、よくおすすめしています。

しかし、このふるさと納税には、いくつか落とし穴があります。第1の注意点は、「実質2000円の自己負担」ですむふるさと納税の額には、人によって上限があるということです。

ふるさと納税の基本的仕組みは、納めた金額のうち年間2000円を超える部分が、所得税や住民税の減税という形で本人に戻ってくるというものです。たとえば、年2万円分のふるさと納税をした場合、2万円から2000円を引いた1万8000円が減税分になります。内訳は、所得税率が10%の人の場合、所得税が1800円、住民税が1800円、残りの1万4400円が住民税からの「特別控除」となります。

そしてこの特別控除分は、住民税取得割額の2割までと定められています。くわしい計算は省きますが、年収500万円、専業主婦の妻と中学生以下の子供がいるAさんの場合、2000円の自己負担で寄付できる上限額の目安は4万9000円まで。それを超えた分は、最初の2000円同様「自己負担」になります。さらに、住民税は前年度の収入をもとに計算するため、ふるさと納税をした年と減税を受ける年の収入が変わると上限額が変わります。

こうした上限のわかりにくさが、ふるさと納税の落とし穴の一つです。同じ年収でも、住宅ローン減税などで課税年収が低い場合、上限額はさらに下がります。ふるさと納税のポータルサイトには、源泉徴収票の数字を入力すると上限額が計算できるページが設けられているので、一般の方はそれを利用するのがいいでしょう。

第2の注意点は、住民税の減税分が、翌年度の住民税から差し引かれる形で還元されることです。所得税の確定申告による還付金などは、まとめて銀行口座に振り込まれるため総額が把握しやすいのですが、ふるさと納税による住民税の減税分は、給与からの月々の天引き分が減る形で還元されます。感覚的には単に手取りが増える形になるので、つい使いきってしまいがちです。減税の総額を意識し、無駄遣いせずに家計に戻すことを心がけてください。

■超低金利の今、「一般財形貯蓄」にメリットはあるか

給与から定額を天引きして貯めてくれる「財形貯蓄」は、貯金のための優れたツールです。利率は定期預金に多少色がつくくらい。お勤め先によっては利子を少し上乗せしてくれる場合もあります。

そんな財形貯蓄にも、難点はあります。まず、自動的に貯められるために放置ぎみになりやすいこと。月々いくらずつ貯めているのか、今いくら貯まっているのか、よくわからなくなりがちです(使わないという意味ではいいのかもしれませんが……)。

一般財形貯蓄と、財形住宅貯蓄や財形年金貯蓄との使い分けにも注意が必要です(※)。使い道を限定したくないから一般財形で、という方が多いのですが、他の財形のように利子課税の免除はありません。それほど高くはない利子に税金までかかるのなら、財形にこだわる理由を感じにくくなります。

※財形貯蓄には目的に応じて「一般財形貯蓄」「財形年金貯蓄」「財形住宅貯蓄」の3種類があり、「年金」と「住宅」には両方合わせて元利合計550万円以内が非課税となる税制上の優遇措置がある。

とりあえず財形住宅貯蓄で貯めておいて、途中で解約しても、利子に税金がかかるのは過去5年分まで。6年以上貯めるなら、一般財形を選ぶメリットはありません。

1週間満期や2週間満期の定期預金のほうが利率が有利なこともありますし、中長期的に考えるなら一部を投資信託の積み立てに回してリターンを狙う手もあります。超低金利の今、最初にある程度お金を貯めるまでならともかく、まとまったお金を置いておく場所としては、一般財形のメリットは見えにくいように思います。

あわせて読みたい

「節約」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  2. 2

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  3. 3

    共産と協力へ 前原氏は支離滅裂

    和田政宗

  4. 4

    核放棄で北に6兆円 報道の思惑

    NEWSポストセブン

  5. 5

    小池新党は選挙対策「互助会」か

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    正恩氏声明が「読めない」と話題

    ロイター

  7. 7

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  8. 8

    フジ「ENGEI」 古臭い設定の謎

    メディアゴン

  9. 9

    難民「射殺か」 武器使用は可能

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。