記事
  • 階猛

「攻め」と「守り」の両立を-蓮舫代表辞任



夏の甲子園に向け、全国各地で熱戦が続いています。30日は、西東京大会の決勝が行われ、全国注目の清宮選手を擁する早稲田実業が東海大菅生に敗れました。清宮選手は日本タイ記録となる高校通算107本のホームランを放つなど、準決勝までは「攻め」の中心としてチームを引っ張ってきました。

しかし、決勝では「守り」で失点につながるミスをするなど、残念ながら勝利に貢献できませんでした。対する東海大菅生は、過去3年連続で予選決勝敗戦の教訓を踏まえ、「攻め」と「守り」のバランスが良くとれ、早実より安定感がありました。お見事でした。

民進党も、「攻め」と「守り」のバランスが問われています。安倍政権を追及する「攻め」の中心として党を引っ張ってきた蓮舫代表が27日に突然の辞意を表明しました。野田幹事長が東京都議選敗北の責任をとって辞任した後、党のピンチを「守り」抜く自信を失ったようです。

その2日前の両院議員懇談会において、私は、蓮舫代表が続投することを前提に、「民進党が政権の受け皿になるために、まずは三つの壁を取り除く必要がある」という発言をしました。三つの壁とは、①野党連携に関する積極派と消極派の間の壁、②党所属の衆議院議員と参議院議員との間の壁、③党の執行部の側の議員とそれ以外の議員との間の壁です。

私は、

①理念も政策も異なる党と接近し過ぎ、政権批判以外の民進党の存在意義が乏しくなったことが都議選の惨敗を招いた、

②「共謀罪」法案や「カジノ」法案など重要法案で衆議院と参議院の協力が不十分だったため、廃案に追い込めなかったのが国民の民進党への失望を招いた、

③代表や幹事長など執行部の中心人物が執行部以外の議員と十分な意思疎通をしていなかったのが離党者の続出を招いた、

と考えています。

もちろん異論もあると思います。ただし大切なことは、危機的状況にある今の民進党を率いていく人物は、このような壁をなくす努力をしなければ、党を守れないということです。

その意味で、次の代表には、安倍政権を追及する「攻め」の力だけでなく、三つの壁を壊し、党が一枚岩となってピンチをしのぐ「守り」の力を高められる人物がふさわしいと思っています。

あわせて読みたい

「民進党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の都合に合わせるのはやめよ

    深谷隆司

  2. 2

    未だにコンビニ現金払いはバカ?

    Hayato Ikeda

  3. 3

    安倍首相 広島長崎で手抜き挨拶

    NEWSポストセブン

  4. 4

    小池氏に半生を狂わされた人たち

    文春オンライン

  5. 5

    高校野球「無気力」采配の真相

    NEWSポストセブン

  6. 6

    戦争を招くウーマン村本の価値観

    自由人

  7. 7

    常識に縛られると思考は停止する

    ニャート

  8. 8

    高齢者が支配する老人ホーム日本

    ヒロ

  9. 9

    「原爆の日」に感じた違和感

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    慰安婦像問題 海外での報道は

    NewSphere

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。