記事

退職金&財産運用は「行動経済学」を学べ

1/2

■増える高齢者の無貯蓄世帯 老後資金は大丈夫か?

先立つものがなければ「豊かな老後」は危うい。お金を増やすための勉強は現役時代からぜひ始めたいもの。では何を学んだらよいのか──。

老後の生活を本格的に意識し始める50代。ここでしっかりと貯蓄できるか否かで、定年後の暮らしは大きく変わる。ファイナンシャルプランナーの八ツ井慶子さんは「50代は人生の最後の貯めどき。老後資金設計をきちんと行いたい年代です」と話す。「50歳以上になると『ねんきん定期便』に老齢年金の見込み額が記載されます。また、退職金の額、子どもの教育費、住宅ローンの残高などいろいろなメドが立ってくる。自分のリタイア後を見据えて、それまでにあとどのくらい貯められそうかなど、プランニングがしやすくなります」

ところが、現実は厳しい。いま、この年代で貯蓄のない無貯蓄世帯が増えているのだ。金融広報中央委員会の調べによると、50代の世帯の29.1%が無貯蓄で、その率はリタイア後の60代、70代になっても変わらない(図1参照)。


(図1)無貯蓄世帯比率の推移

「貯蓄のない世帯割合が上昇傾向にあるのに対し、平均貯蓄額は増えていくことから格差の拡大が推測されますが、世帯収入が多くても貯蓄がほとんどないケースもあるなど、実態は複雑です」

いまはある程度貯蓄があっても、安心はできない。給与カットやリストラは日常茶飯事だ。無貯蓄ならば、なおさら早く手を打つ必要がある。八ツ井さんはできることから始めるのが大切だとアドバイスする。

「まずは目の前の家計の見直しが、遠回りのようで近道なのです。老後は急にやってくるわけではなく、これまでの人生の延長線上にある。定年になったからといって消費スタイルを急には変えられません。家計見直しは早いほうが楽です。後になればなるほど大変になります。月2万円でも20年で約500万円、40年で1000万円近く貯まり、あなどれません」

具体的に見ていこう。リタイア期は退職金が入るなど、一般的に人生の貯蓄ピーク時にあたる。老後は年金とともに、その貯蓄を取り崩して生活することになるが、「老後にお金で苦労する人とそうでない人を分けるポイントは3つある」と八ツ井さんは指摘する。

第1は、住まい。賃貸の場合、固定費として毎月一定額が出ていくため、貯蓄の減りが早い。では持ち家なら大丈夫かといえば、そうでもない。マンションだと管理費や修繕積立費に月数万円かかる。いずれにせよ、老後の住宅費を考慮に入れておくことが大事だ。

2番目は食費。高齢になれば食べる量は減っても、健康志向などで高価なものを選びがちで、案外かさむ。特にこだわりの調味料や食品、ぜいたくな食事に慣れていると、老後になっても変えるのが難しく、「食費の見直しは早いほうがよい」と八ツ井さんは言う。

3つ目は、医療費。こればかりは削るのが難しいが、だからこそ「健康は財産」。現役時代から健康管理をしっかりしておきたい。

こうした支出の一方で、リタイア後も収入を得る人が少なくない。会社員の場合は関連会社に勤めたり、現役時代の人脈やキャリアを生かして、取引先から仕事を紹介してもらったりという人は意外に多いという。

「月に数万円でも収入があると安心感が増します。そうした働き口があるかどうかは、それまでにどういう人間関係を築いてきたかに左右されます。いろいろな意味で、定年は人生の総決算だといえるわけです」

あわせて読みたい

「貯蓄」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    タモリ「鶴瓶は偽善」盟友に本音

    メディアゴン

  2. 2

    「怒鳴って当然」高齢者の言い訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    貴乃花が相撲協会を拒否するワケ

    PRESIDENT Online

  4. 4

    北の漂着船が持つ一触即発の火種

    WEDGE Infinity

  5. 5

    詩織さん被害訴え はるな愛号泣

    女性自身

  6. 6

    現役医師が日経の印象操作に苦言

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    美濃加茂市長判決で司法の闇見た

    郷原信郎

  8. 8

    よしのり氏「バイキング」を叩け

    小林よしのり

  9. 9

    堀江氏の「進学支援ムダ」本気か

    大西宏

  10. 10

    若者の中国観に議論紛糾する日本

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。