記事

テロリズムとの戦いの最前線に立つ初動対応担当者が学ぶべき教訓

1/3

著:Mahshid Abirミシガン大学 Assistant Professor, Department of Emergency Medicine, Director of the Acute Care Research Unit, ランド研究所 Affiliated Adjunct and Natural Scientist)、Christopher Nelsonランド研究所制作大学院 Professor of Policy Analysis)

 テロ行為の発生件数は世界的に増加傾向にある。ここ数週間だけでもフリント、テヘラン、ロンドン、カーブル、ボゴタと世界各地で殺傷、銃撃、爆撃事件が起こっている。

 我々は過去数年にわたる調査から、このような緊急事態の発生により多数の死傷者が出た場合を想定し、コミュニティが救急医療対応の準備態勢を整えるためにどのような取り組みを行うべきか検討した。

 テロ攻撃や大規模災害のリスクを根絶することはできない。そのため過去の事例から教訓を得ることがこれまで以上に重要となっている。過去の教訓を活用すれば、初動対応では極めて重要となる緊急事態発生直後の混乱状態においても、その後の数時間においても、各担当者が上手く連携し、効果的な対応活動を行うことが可能となる。

◆対応活動の調整能力強化


 テロ攻撃や災害の現場を伝えるテレビ放送では、怪我人が救命救急士の治療を受ける場面や、病院に搬送される場面がよく使用される。災害発生から数時間後には病院が記者会見を開き、救急医、外傷外科医、看護師らの努力により死者数、四肢切断者数を最小限にとどめることができたと、その勇敢な活動の詳細が語られる。

 しかし医療隊の活躍と同様に、医療以外の初動対応活動もまた重要である。警察、消防はもちろん、現場に居合わせた市民もまた、怪我人の傷口を塞ぐ、止血帯を施す、あるいは怪我人を病院へ搬送するなどの対応活動に参加している。

 例えばボストンマラソン爆弾テロ事件の時には、多くの重傷者が出たものの264人の怪我人が地元の病院に運び込まれ、一命を取りとめた。これには医療訓練を受けた救命救急士、緊急医療班 (EMS)、病院職員の的確なトリアージ、搬送、治療が功を奏したばかりではなく、警察や一般市民による迅速な救命活動があったことも忘れてはならない。

 しかしボストンマラソンの例のような対応活動が、毎回行えるとは限らない。緊急事態発生時の混乱した状況下で複数の危機対応機関の活動を調整し、さらに偶然居合わせた市民とも連携を取るというのは至難の業だ。例えばEMSが怪我人のトリアージと搬送を行う一方、警察は現場の安全確保、証拠の保全、容疑者の捜索を進める必要がある。このような状況で現場へのアクセスの管理や周辺の交通整備まで完璧にこなすのは難しい。

 例えばナイトクラブ「パルス」で発生した銃乱射事件に関するオーランド警察の報告書では、警察と消防がコミュニケーションを密にし、調整の行き届いた対応活動が行えるよう改善する必要があると指摘されている。コミュニケーション不足、調整不足といった問題で死者数が増減するとは限らないが、対応活動全体の遅れに繋がる可能性は否めない。

 対応機関同士の調整が上手くなされていた場合にも、緊急事態発生時における怪我人のトリアージ訓練を受けていない人が対応活動に参加すると、意図せぬ問題が発生してしまうことがある。例えば治療に必要なリソースが不足している病院に怪我人を送り込んでしまう、または点滴や人工呼吸器などの重要な生命維持装置がない車両で怪我人を搬送してしまうなどの問題が起こり得る。

 さらに悪天候や、通信量の急増に伴う携帯電話基地局の機能停止といった不測の事態により、状況がさらに悪化することも考えられる。

あわせて読みたい

「テロ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  3. 3

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  4. 4

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  5. 5

    小池新党は若狭氏の舵取り次第

    早川忠孝

  6. 6

    松本人志マッチョ化は典型的変節

    文春オンライン

  7. 7

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  8. 8

    中国国境に接する北は崩壊しない

    Chikirin

  9. 9

    「脱デフレは幻想」イオンが証明

    近藤駿介

  10. 10

    女性用下着店にいる男性に賛否

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。