記事

<夏休みに潜む危険>芸能人もいたパーティーでレイプ、被害届も出せない卑劣な手口

1/2

橘ジュン[NPO法人BONDプロジェクト・代表/ルポライター]

***

2009年に、10代・20代の生きづらさを抱える女の子を支えるNPO法人「BONDプロジェクト」を設立し、虐待、家出、貧困など様々な困難を一人で抱えてしまう女の子に寄りそう「聴く、伝える、繋ぐ」を活動に取り組んでいる。おかげさまで多くのメディアにも取り上げられ、私たちの活動への理解、輪は確実に広がっている。

それでも、「まさかウチの娘に限って・・・」「この人たちはちゃんとしている」といった甘い意識から、若い女の子たちが取り返しのつかない被害にあう事件は後を絶たない。

例えば、2003年に起きた早稲田大学の学生サークル「スーパーフリー」による組織的な輪姦事件は、一流大学と言われる大学の学生を中心にした極悪な性犯罪として記憶に新しい。

「一流大学だから。有名大学だから大丈夫な筈。賢くて、責任があって、きちんとした人物である筈・・・」

「スーフリ事件」から15年近くたった現在でも、こんな幻想は蔓延している。昨年だけでも5月に東京大学、10月に慶應大学、11月には千葉大学でレイプ事件が次々と発覚している。もちろん、表面化していないだけで、同じような事件は日々、展開されているのだろう。

ひとりの女の子が、勇気を持って告白してくれた。

地方から東京へ上京してきたA子さん(仮名)は友達の知り合いの家で行われるというパーティに誘われ、参加した。会場には有名な芸能人や芸人さんもいた。憧れのキラキラした世界に気持ちが舞い上がり浮き足立っているA子さんに周りがお酒を勧めてくる。

「お酒は強くない」と言っても、執拗に強要してくる。友達も楽しそうにしてるし、あまり断って場をシラけさせるのも・・・と、断りきれずにお酒を飲んだA子さんは、やがて完全に酔っ払ってしまう。そしていつの間にかその家の持ち主の男性と2人だけにされており、気づいたら性行為をされていた。

今にして思えば、これは最初から仕組まれていたのだ。お酒を飲ませ、周りの人間をだんだん、他の場所へ移動させ、ターゲットと2人きりになったところで性行為に及ぶ。A子さんはそのターゲットに選ばれてしまった、というわけだ。初めから「獲物」だったのだ。

下心を持つ男性の怖さを知らないA子さんはその場のノリと流れに完全に呑み込まれ、逃げられない状況に嵌ってしまった。「こんなつもりじゃなかったのに・・・」A子さんは愕然とした。

しかし、事件はこれだけでは終わらない。男性のワナは更に巧妙だった。性行為のあと、その男性はA子さんに言った。「付き合おう」と。そう言われてしまうと、「無理やりだったけど、これが始まりになるのかな・・・?」と、A子さんにとってその性行為を「性被害」と受け止められなくなってしまった。

もちろん、それっきり男性から連絡はなかった。強姦を和姦と思わせるための手口だったのだ。結局、泣き寝入りのA子さんには「性被害」を受けた心の傷だけが残った。

A子さんは遊び人風のギャルでもなければ、いい加減な子でもない。素直で周りを気遣うことのできる、真面目な女の子だ。そういう純粋で優しい女の子ほどターゲットとして狙われてしまう。

今回の事件に巻き込まれる経緯にも、ちっとも悪い点はない。キラキラした雰囲気に誘われて、不用意にパーティに参加してしまったという「油断」があった以外には。

【参考】前川元次官の出会い系バー通いは本当に「女性の貧困の視察」のためかもしれない

あわせて読みたい

「性犯罪」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの生ビール販売中止は正解

    ヒロ

  2. 2

    「人殺し大臣」発言に懲罰はなし

    和田政宗

  3. 3

    「ドラクエ式」が被災地で大活躍

    中妻穣太

  4. 4

    山本太郎氏の品位欠く罵声に呆れ

    早川忠孝

  5. 5

    小室圭氏留学 皇室パワー利用か

    NEWSポストセブン

  6. 6

    川上量生氏の独白 都が裏取引か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    枝野幸男氏「私こそ保守本流」

    キャリコネニュース

  8. 8

    ゲーム没頭する子供にすべきこと

    不登校新聞

  9. 9

    田原氏「麻原彰晃はマジメな男」

    田原総一朗

  10. 10

    橋下氏「定数増法案は戦後最悪」

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。