記事

化石燃料車ゼロ時代が迫る

先日、新幹線に乗っていると、電光版ニュースに「英国もガソリン・ディーゼル車販売を禁止」と流れた。

おっ、と思った。なぜなら講演で「フランスのマクロン大統領がガソリン・ディーゼル車の販売を禁止すると宣言した」ことを紹介したばかりからだ。どうやら世界は本気で環境問題に向き合いだしたらしい、という意味で。この内容にイギリスが追随したのである。どちらも2040年までに化石燃料で走る車の国内販売を禁止するという。

その後、新聞にも掲載されていたが、いかにも扱いが小さい。あんまり本気にしていないのだろうか。まだ20年以上あるから、大統領が変わったら取り消されるよ、とでも?

[画像をブログで見る]

だが、この2カ国が販売禁止を実行したら、ほかの国も追随するところは出るだろう。たとえば中国はEVの普及率が意外なほど高い。その際に自動車業界も大改変を迫られる。化石燃料を使わない車となれば、有力候補はEV(電気自動車)だろう。水素自動車もある。(私自身は、水素エネルギーは自動車より発電所に向いているのではないかと感じているが。)

そもそも動力源だけの問題ではなく、EV化することで自動車の性能自体が大きく変化する。そこに魅力が生れたら、世界の需要は一斉にEVに流れるだろう。フィルムカメラがあっという間にデジカメに取って代わったように。

しかし、日本人は「電気だってCO2出すし」とか「技術がまだまだ完成していない」「エンジンの音が好きなんだよ」とか言い訳ばかりして後ろ向きだ。しかし、欧米では目標を掲げてそこに達成するために今から何をするかを考えて動き出している。

もし欧米が先んじたら、日本車の海外販売量は狭まり、国内でしか売れないガラパゴスになる。いや国内だって、ガソリン車はどんどん売れなくなるだろう。ハイブリッド車も、世界的にはエコカー扱いされなくなる。(結局ガソリンを燃やしているから。)気がつけば、欧米メーカーの下請けに?

そんなパラダイムの転換が起きつつあると思わないか?

鈍い。日本の鈍さは、オリンピックのレガシーを反故にしても気にしなかったり、違法伐採木材を真面目に取り締まらないことと同根ではないか。変わりたくない症候群? 見たくないものは見えないことにする正常化バイアス? だろうか。

自動車だけでなくさまざまな分野で同じことが進行中だ。木材の利用方法もガラリと変わるかもしれない。それに対する備えは、20年前からやっておかないと間に合わない。

あわせて読みたい

「ガソリン・ディーゼル車の販売禁止」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新潮45休刊と雑誌界の厳しい現実

    篠田博之

  2. 2

    「新潮45」休刊が招く言論の衰退

    門田隆将

  3. 3

    客に痴漢コンビニオーナー解雇劇

    WEDGE Infinity

  4. 4

    貴乃花が引退届 日本は転換点に

    舛添要一

  5. 5

    貴乃花のコミュ力では今後が不安

    大西宏

  6. 6

    新潮45休刊の敵前逃亡は言論放棄

    常見陽平

  7. 7

    中国人マナーが外交問題に発展

    NEWSポストセブン

  8. 8

    よしのり氏 東京新聞記事に呆然

    小林よしのり

  9. 9

    おときた氏 新潮45の休刊は残念

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  10. 10

    木村拓哉 ジャニー氏の激怒語る

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。