記事

ニュージーランド人青年の死亡◆カルテから「入院中は99.5%が身体拘束状態」と遺族が分析

遺族に公開されたケリーさんのカルテを元に兄のパトリックさんが作成したフローシート

 語学学校の教師などをしていたニュージーランド人青年ケリー・サベージさん(27)が神奈川県大和市の精神科病院・大和病院に入院中に長期間の「身体拘束」という環境下に置かれて、心臓発作を起こして死亡した事件は、本国ニュージーランドで大きく報道された。

 日本でも7月19日に遺族である母親のマーサ・サベージさんと兄で病院にも付き添っていたパトリックさん(32)が記者会見を行って、精神病の患者を長期間にわたって身体拘束するという、欧米と懸け離れた精神科病棟のあり方を問題視した。

 パトリックさんら遺族側は、ケリーさんが入院していた大和病院に対して、診療記録(カルテ)の公開を要求していた。

7月26日になって病院側はようやくその診療記録(カルテ)を遺族に公開した。

その記録を元に兄のパトリックさんはケリーさんの入院生活についてのフローシートを作成した。

 パトリックさんはこの分析結果について、以前取材を受けたジャーナリストなどに対して日本語と英文で伝えている。

 以下は、パトリックさんの日本語のメール文からの引用だ。

10日間のほぼ連続的身体拘束が確認されました。つまり、身体拘束開始時間の2017年4月30日15:10から、5月10日21:45大和市立病院へ救急車にのるため身体拘束解除まで、拘束解放の時間は清拭のため、4回、20分ごととなりました。つまり、10日間中の99.5%身体拘束されていました(246.4時間のうち、245.1時間)。これは、5月3日から精神症状は「静穏、不安」にもかかわらずということでした。

 入院期間中の「99.5%」が身体拘束だったと言っている。

 パトリックさんによると、病院側は身体拘束をずっと行っていたわけでなく、身体の清拭などのために拘束しない時間もあったなどと説明していたというが、時間的には入院中のほとんどが「身体拘束」という状態だったということが判明したことになる。

Dear members of the government/media,

Thank you for your interest and assistance in the tragic case of my brother Kelly’s death. Thanks to pressure from the media, Japanese government, and NZ/US governments (where Kelly was a dual citizen), I finally received Kellly’s medical records from Yamato Hospital yesterday. I have looked through them all, and attach the flow sheet summarising key aspects of Kelly’s “treatment” (if you can call it that).

In particular, this confirms our key allegation that Kelly was restrained almost continuously for over 10 days. Specifically, from the time restraint was begun at 3:10pm on April 30, 2017 until he was released at 9:45pm on May 10th to be transported by ambulance to Yamato Municipal Hospital following his cardiac arrest, he was only released for four 20-minuute periods for cleaning. Thus, he was restrained for 99.5% of the time during those ten days (245.1 out of 246.4 hours). This is despite the fact that from May 3rd on his psychological condition was listed as “calm/anxious” (「静穏、不安」).

I hope now that we have documented proof of this treatment that this will help the Ministry of Health, Labour and Welfare to move forward to investigate Kelly’s treatment in particular, as well as more general problems with long-term restraint and the failure of the voluntary reporting component of the Medsafe medical accident investigation system.

We are happy to share the full 119 pages of medical records as necessary once we have a chance to scan them all.

Sincerely,

Pat Savage

 パトリックさんらは、日本医療安全調査機構や厚生労働省がこの記録を元に本格的な調査に入ることを望んでいる。

 現在まではパトリックさんら遺族側と病院側という、当事者同士の個別の紛争事案だからと、大手メディアも取り上げなかったが、パトリックさんは

「119ページにおよぶ全カルテのスキャンデータも渡します」

と言っていて、その姿勢はとてもフェアに感じられる。

 こうなると、監督官庁である厚生労働省や医療事故についての調査機関である日本医療安全調査機構、さらには日本のマスメディアがこの問題を取材して報道する気がどこまであるのかという問題になってくる。

 私もマスメディア出身の人間として、日本のマスメディアはダメなどとは言いたくはない。

 材料は揃っている。後は問題意識がどこまであるかだろう。メディアの本気が問われている。

※Yahoo!ニュースからの転載

あわせて読みたい

「精神医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    首相発言が匂わす検察の国策捜査

    郷原信郎

  2. 2

    右翼3人との乱闘を収めた辻元氏

    辻元清美

  3. 3

    舛添氏「知事ならない方がいい」

    AbemaTIMES

  4. 4

    ビットコイン急落 原因は勘違い

    広瀬隆雄

  5. 5

    アベノミクスで潤う富裕層と自民

    国家公務員一般労働組合

  6. 6

    文春の「鬼畜」医師報道に疑問

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    よしのり氏「枝野氏が最も保守」

    小林よしのり

  8. 8

    人気精神科医 10代患者と性関係

    文春オンライン

  9. 9

    よしのり氏 若者に媚びたら最期

    小林よしのり

  10. 10

    立憲の「まっとうな政治」に疑問

    鈴木 たかこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。