記事

<「パパ活」って何?>援助交際とデートの境界線で稼ぐ女性たち

1/2

藤森玲[女子大生ライター]

***

最近、若い女性がお金を稼ぐ方法として「パパ活」という言葉をよく耳にする。その実態は、若い女性が小金をもっている中高年の男性とデートをし、デート代とは別に報酬を受け取るというものだ。一見、援助交際のようにも見えるが、基本的には肉体関係を持たないので、売春というわけではない。

「パパ活」には、1度きりの単発デートと定期的にデートを重ねる2つの方法がある。単発の場合、顔合わせのような場合が多いので、報酬はパパにもよるが5000円~3万円くらいと幅がある。定期の場合は、パパと深い信頼関係を築くことができれば出来るほど、その金額は上がってくるのだという。

実はこの「パパ活」、なかなか難しい仕事であるようで、ガッツリとお金を稼ぐには、有望なパパを探し、パパとの深い信頼関係を築いたり、絶妙な距離感で頻繁にデートを重ねる必要があるなど、援助交際のようなワリキリビジネスと同じようにはゆかないらしい。

「パパ活」でお金を稼いでいる女性の多くは筆者と同じ現役女子大生だ。筆者に「パパ活」の経験はないが、同じ女子大生として、肉体関係がなくデートをするだけでお金を得ることが出来る仕事はとても魅力的に感じることもある。

パパの多くはそこそこお金を稼いでいる男性である為、デートする場所も高級レストランなどであることが多い。若い女性からすれば、お小遣い受け取ることだけでなく、高級店を楽しむデートそれ自体も魅力的であるようだ。「自分も楽しんで報酬を受け取り、相手も楽しいし、良い関係だ」と語るパパ活女子は多い。

しかしながら、筆者はテレビなどでこのように語る女性に対して違和感を覚えた。まず第一に、健全なデートを目的としている男性もいるのだろうが、それは果たしてマジョリティなのか。若い女性をデートをしたいと考える中高年男性がみな、よこしまな考えを持っていないとは考えがたい。

【参考】<夏休みに潜む危険>芸能人もいたパーティーでレイプ、被害届も出せない卑劣な手口http://mediagong.jp/?p=23499

また、パパが連れて行ってくれるような高級店ばかりで遊ぶ生活をしていると、同年代の人と出かけた時に遊ぶ場所に不満を感じるのではないか。金銭感覚が狂ってしまうのではないか、という不安もある。そのあたりは風俗や水商売などをしてしまった女子大生が陥る問題と同じだ。

もちろん、「デートをするだけ」と言いながらも、デートを繰り返しているうちに肉的関係を求められることもあるだろう。情が移ってしまい断れなくなって、不本意ながら肉体関係に応じてしまったり、あるいは、高級店に通える環境を失いたくないがために、応じてしまうこともあるだろう。結局、援助交際と大差はなくなってしまうのだ。

あわせて読みたい

「女性」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    24時間TV直前にスタッフ飛び降り

    NEWSポストセブン

  2. 2

    詐欺で立件可能? ヒカルVALU騒動

    やまもといちろう

  3. 3

    村本のツイートは自衛官に失礼

    岡田真理

  4. 4

    前原氏が代表になれば民進終わる

    猪野 亨

  5. 5

    牛乳石鹸のCMに感じる15の違和感

    松井博

  6. 6

    「あくまで個人の感想」違法に?

    永江一石

  7. 7

    小池知事の経費400億円削減は嘘

    文春オンライン

  8. 8

    まるで漫才師 憲法学者の特殊性

    篠田 英朗

  9. 9

    籠池氏の詐欺罪起訴は検察の汚点

    郷原信郎

  10. 10

    五輪音頭に星野源使わない最悪さ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。