記事

【新聞チェック】「韓流批判」の何がまずいのか?高岡蒼甫の退社騒動で突っ込みが甘いスポーツ紙

 宮崎あおい(25)の夫で俳優の高岡蒼甫(29)が、ツイッター上の発言がきっかけで、所属事務所を退社したことを、29日付の各スポーツ紙が取り上げている。だが、事実を淡々と報道するのみで、背景まで踏み込んだ報道はなかった。事務所側は「解雇ではない」としているが、高岡は韓流ドラマに力を入れているフジテレビへの批判を繰り返しており、同社に配慮した事務所側が事実上の解雇をした可能性が高いと見られる。
 
 しかし、「韓流ドラマの放送が多すぎる」という高岡の指摘に踏み込んだ新聞は皆無だった。多くの新聞はテレビ局と系列関係にある。「韓流ドラマは確実に視聴率を稼ぐことができる手堅いコンテンツ」と業界では見なされており、韓流批判に首を突っ込むのはご法度になっているようだ。(BLOGOS編集部・安藤)

芸能人も「びびってなんにもしない」と指摘


 高岡は23日にツイッターでこう書いていた。
正直、お世話になった事も多々あるけど8は今マジで見ない。韓国のTV局かと思う事もしばしば。しーばしーば。うちら日本人は日本の伝統番組求めてますけど。取り合えず韓国ネタ出て来たら消してます^^ ぐっばい。
 この後も、フォロワーからの問いかけに答える形で、
びびってんじゃねーよ^^てめーの国だろっつーのね^^ 骨抜きだよ。今の日本人は。裏では偉そうな事並べるけどね!芸能人もびびってなんにもしないしね、ダサすぎる。
 とフジテレビを批判する言葉を書き連ねていた。これが、所属事務所のスターダストプロモーションとの間で問題になり、解雇されたようだ。28日に高岡は、こう書いている。
スターダストプロモーションから自分は離れる事になりました。一つの呟きからの大きな波紋により、事務所の関係各位にはご迷惑をお掛けしました。当然の結果だと思っております。そして感謝の気持ちでいっぱいです。ご報告まで。応援していただいた皆様、ご尽力頂いた皆様ありがとうございました。
退社は自分から切り出した物ではないという。これに対して、スターダストプロモーション側は日刊スポーツに対して
「意見の相違から、契約を解消するに至りました。解雇ではなく、双方話し合いの上、このような結論に至りました」
と答えている。

さらに、29日夕方には「本人ブログ」を開設し、
放射能の事から目を背けさせたり、都合の悪い事は報道規制をかける。結局この人達のやってる事は相変わらずだった。国民に伝わらない情報が多すぎたり、的外れな外国のドラマ、朝のニュースでは偏った報道。この国を心底疑った。その流れでの今回の発言。いい加減我慢が出来ないところまできていた。
と、発言の裏側に強いマスコミ不信があることを明らかにした。


中谷美紀らが所属する人気事務所だけに…


 スターダストプロモーションは、中谷美紀、常盤貴子、松雪泰子、竹内結子、柴崎コウらが所属する業界大手の事務所。フジテレビとの関係も深いと言われている。日刊サイゾーの記事では、芸能ライターのこうした言葉を紹介している。
「スターダストとしても、高岡は大事に育てていた印象でしたが、残念なことになりましたね。スターダストはフジテレビと"蜜月"といえる関係ですし、昨年には『スターダストアジア』と称して韓国に支社を置くなど、韓流ビジネスにも深くかかわっています。高岡本人が『覚悟があった』と言っていますが、芸能事務所として守るべきものを選択した結果でしょうね。残念ですよ」
 実際にフジテレビの番組表を見ると、平日の14時〜16時の「韓流α」という放送枠で、2時間に渡って韓流ドラマを放送している。フジテレビが韓国製ドラマに力を入れているのは事実であり、テレビ局に対して自由に物を言うことができない芸能人の力関係を如実に示すような事件だった。

 5月には反原発運動に参加していた俳優の山本太郎(36)が、所属事務所を退社しフリーの身になった。芸能人による社会批判が加速しつつある。

関連記事


高岡蒼甫「韓流批判」で事務所退社 - BLOGOS テーマ
報道されない事 - 高岡蒼甫 本人ブログ
事実に基づく真相 - 高岡蒼甫 本人ブログ

トピックス

ランキング

  1. 1

    北朝鮮は米空母に手も足も出ない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  2. 2

    武藤貴也議員 また男性持ち帰る

    文春オンライン

  3. 3

    創価学会と公明の荒れた内部事情

    週刊金曜日編集部

  4. 4

    軍部で金正恩氏を嘲笑する風潮?

    高英起

  5. 5

    格安SIM「FREETEL」に行政指導

    S-MAX

  6. 6

    米朝開戦なら日本にはどんな攻撃

    PRESIDENT Online

  7. 7

    Amazonで大「中華詐欺」が勃発中

    永江一石

  8. 8

    老いは絶望か 高齢者自殺の背景

    文春オンライン

  9. 9

    二階氏発言が示した自民のゆるみ

    大串博志

  10. 10

    Amazonで詐欺を回避する方法

    S-MAX

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。