記事

記者団から「理解できない」の声も 菅首相の地元に鞍替えする横粂議員の会見

1/2
 民主党を離党して、現在は無所属の横粂勝仁(よこくめ・かつひと)衆院議員(29)が21日の定例記者会見で、次期衆院選で菅直人首相の地元である東京18区から出馬する考えを正式表明した。


 横粂氏は06年、フジテレビ系恋愛バラエティ番組『あいのり』に出演。「総理」というニックネームでお茶の間の話題になっており、09年の衆院選では神奈川11区から民主党公認で出馬した。小泉純一郎・元首相の次男である自民党候補・小泉進次郎氏(30)と激戦の末に敗れるも、比例復活。今年6月には菅首相や民主党執行部を批判した上で、内閣不信任案に賛成。民主党を除籍されていた。
 
 この日の会見で、「菅総理の暴走を止めるためには直接対決しかない」と、意気軒昂に訴えた横粂氏だったが、記者団からは「菅首相が辞任したら、対抗馬として出馬する意味がないのでは?」「私には理解できない」などと冷たい指摘が相次いだ。横粂氏はやや動揺しつつも、「私自身の勝手なこだわりかもしれませんが、首相辞任を迫るのであれば、自分の政治生命を賭けたい」と強調。決意は揺るがなかった。

 内閣不信任決議案の再提出を目指して始めた署名集めについても「(提出に必要な)50人の賛同者を募りたい」と話している。詳しい発言内容は以下の通り。

「選挙が怖くて政治はできません!」



横粂勝仁氏(以下、横粂氏):本日もお忙しいところ、横粂勝仁定例記者会見にお出で頂き、まことに有難うございます。本日の記者会見におきましては、私の重大な決断について皆様にご報告させていただきます。

私、横粂勝仁は地盤も看板もカバンも、そして政党もない無所属の新人議員でございます。しかし、国家のため、国民のためであれば、我が身を投げ打つ覚悟を持っております。菅総理が偽りの退陣表明により内閣不信任決議案の可決を免れ、また被災地の皆様を置き去りにした脱原発宣言により、ただひたすらに自らの延命を計り、被災地の復旧・復興は遅々として進んでおりません。

菅総理にとっては、「心被災地にあらず」。心は延命に、または脱原発解散にあるんではないでしょうか。「信なくんば立たず」と言います。信なき政治により、被災地の皆様がないがしろにされ、また、信なき政治により日本が破滅してしまうことを、重たいバッジをいただいている議員の一人として看過することは到底できません。「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」と言います。

「こんな時期にまた政局か」と国民の皆様からのご批判を各議員は恐れております。また「菅総理は脱原発解散するのでは?」という憶測が、各議員の手足を縛っております。しかし、ご批判が怖くて、選挙が怖くて政治はできません!菅総理の信なき政治を終わらせるためには、たとえ我が身が粉々に砕け散ろうとも本望でございます。

そこで、私は重大な決断をいたしました。被災者、国民の皆様のため、そして日本の誇りを取り戻すために、信なき政治の暴走を止めるべく、私、横粂勝仁は菅総理の選挙区であります東京18区において出馬し、菅総理と直接、堂々と戦わせて頂きたいと思っております。

政治家「横粂勝仁」を誕生させていただいた場所は、横須賀・三浦であり、そこで頂いたご支援とご縁は生涯忘れるものではございませんし、横須賀・三浦を見捨てるつもりも逃げるつもりもございません。横須賀・三浦で選挙活動をすることではなくて、政治をより良く、日本をより良くしていくことこそが、横須賀・三浦の皆様に対する恩返しだと信じ、これからもただまっすぐ突き進んで行きたいと思っております。

ここに改めまして、これまで私をご支持・ご支援いただいた全ての皆様にお詫びと御礼を申し上げ、また、これからは市民活動を原点とする現職総理にしっかりと胸をお借りするつもりで、しかし同時に一国のリーダーとしての道を踏み外している現在の総理とは臆することなく堂々と戦わせていただくことを、その決意を、覚悟を皆様にお伝えさせていただきます。

以上が私からのご報告です。有難うございます。

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国が密かに米朝開戦の準備か

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  2. 2

    イチローは引退して指導者になれ

    幻冬舎plus

  3. 3

    松居一代に引っかかったマスコミ

    大西宏

  4. 4

    満席でも…スタバの強みは中毒性

    内藤忍

  5. 5

    米軍ヘリ 保育園への中傷は悪質

    天木直人

  6. 6

    相模原殺傷 犯行決意させた入院

    篠田博之

  7. 7

    体外受精はセックスに当たるのか

    井戸まさえ

  8. 8

    アラフォーは一生貧困?NHKに反響

    キャリコネニュース

  9. 9

    希望に支持が集まらないのは当然

    早川忠孝

  10. 10

    堀江氏 タクシー乗車拒否に怒り

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。