記事

様々な世代の出会いの場となるネットゲームは「比較的安全」


【ネットゲームでの注意点は?】

 大人になると、仕事や習い事でもしていない限り、なかなか新たな出会いには恵まれない。ところが最近、男女問わず、さまざまな世代の出会いの場となっているのが、スマホなどのネットゲームだ。

 ゲーム内には、プレイヤー同士で会話ができる機能がついており、ゲームをするだけでなく、情報交換や世間話もできる。この機能を駆使して20人以上のゲーム友達と仲よくなり、実際に会っているという40代の女性ゲーマーは、ネットゲームでの出会いについてこうすすめる。

「ゲームが好きな人同士が集まるから、初対面だろうと、年の差があろうと、話題に困らないんです。今のところ、エッチ目的やマルチ商法の勧誘にあったこともありません。比較的安全な出会いの場だと思いますね」

 というのも、ゲームにはその人の“本質”が表れるからだという。攻撃的だったり執着心の強い人は、プレイスタイルに出てしまう。だから、“この人はイヤ”と思ったら、誘われても会わないなどリスク回避ができるのだ。

◆ハマり過ぎに注意 依存しない程度に

 ネットゲームは、そもそもゲーム自体がおもしろい。ユーザーを飽きさせないよう、さまざまな仕掛けが施されているからだ。そのため、日常生活に支障が出るほどハマる人もいるのは事実だ。

 ネット依存外来がある久里浜医療センターの臨床心理士・三原聡子さんは、「現実世界での悩みやストレスから逃避するかのようにゲームの世界にのめり込む中年女性もいます。毎月何十万円も課金し、睡眠時間を削ってまでゲームの世界に没頭してしまうんです」と教えてくれた。

 中には、ゲームのやりすぎで離婚されるケースも。

「ゲームの世界の“私”は、素敵な衣装を着て強い武器を持った美人に設定されています。困ったら、カッコよくて強い仲間がすぐに助けてくれるし、敵を倒す一体感からか、みんなとてもやさしい。現実とは大違い。ハマると抜けられなくなる気持ちはわかります」(42才・主婦)

 仮想現実で日頃のうっぷんを晴らし、新たな友達を作るのはいい。しかし、ゲームも人間関係も自制が利く程度の、節度を保ちつつ楽しみたい。

■文/沢木文

※女性セブン2017年8月10日号

あわせて読みたい

「ソーシャルゲーム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    いつでも行けるパチンコの異例さ

    沢利之

  2. 2

    三木谷氏のスマホ展望は荒唐無稽

    MAG2 NEWS

  3. 3

    自民支持者は杉田議員を批判せよ

    常見陽平

  4. 4

    杉田議員のLGBT発言は「屈辱的」

    オルタナS編集部(若者の社会変革を応援)

  5. 5

    よしのり氏が猛暑での睡眠を注意

    小林よしのり

  6. 6

    経済成長する韓国と低迷日本の差

    非国民通信

  7. 7

    「悪質クレームは恥」の価値観を

    沢利之

  8. 8

    韓国語で話すとクビ? 差別と提訴

    NewSphere

  9. 9

    客は神様? 改めれば接客に好循環

    内藤忍

  10. 10

    「避難しない老害」で人災が拡大

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。