記事

「良い野党」をいかに構築するか――蓮舫代表辞意に寄せて

1/2
そんなわけで、民進党代表・蓮舫女史が辞意を表明することになりました。
 求心力の高まらなかった民進党を救うべく人気のある蓮舫女史が代表になり、陣頭に立って党勢回復を図るはずが、二重国籍問題を最後まで引っ張られ、都議会選挙ではお膝元から離脱者が続出するという状況でしたので、まったく本意ではない退陣ではないかと思います。

 ともあれ、蓮舫女史はお疲れさまでした。
 思い残すことだらけで、悔いのあるところかとは思いますが、まずは臥薪嘗胆、再起を目指してほしいと思います。

 時を同じくして、防衛大臣の稲田朋美女史が辞意。防衛次官の黒江哲郎さんの更迭が発表され、陸上自衛隊トップの陸上幕僚長・岡部俊哉さんも辞意という流れになっております。蓮舫女史退陣が好機だと思ったのかと思いきや、改造前に大臣辞職を前提としていたような話も伝わってきて世の中うまく回らないものだなと感じるわけです。

稲田朋美防衛大臣、辞任の意向を固める謎展開(山本一郎) - Y!ニュース https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotoichiro/20170727-00073812/
民進党代表・蓮舫女史が、代表辞任の意向を伝える(追記あり)(山本一郎) - Y!ニュース https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotoichiro/20170727-00073794/
民進党・蓮舫代表”二重国籍”で戸籍出す出さない攻防を見る側の心情|やまもといちろうコラム http://dailynewsonline.jp/article/1334843/ 

 で、今の安倍政権に対する森友学園、加計学園に各種政治家の「このハゲーーーッ」やらスピード不倫みたいなスキャンダル、頭の変わったファーストレディの奇行に、受け皿になれない民進党みたいなジレンマを見るに、国民不在、政策不在にあわせてメディアの咀嚼機能の劣化が組み合わさって、とんでもないことになっているように見えます。

 まず、明らかに行き詰っているアベノミクスから、一億総活躍社会になり、今年もなんか変なキャッチフレーズがついてましたが、つまりはポストアベノミクスの状況がしばらく続いていて、日銀では一日千秋のごとき出口戦略の話が出て、デフレ脱却を掲げて頑張ってきたけどまあなかなかむつかしかったよね、という話であります。

 ただ、お陰様で以前よりは円安になり、トリクルダウンとやらが当初の狙いほどの効果は無かったものの高齢者を中心に嘱託再雇用の動きから非正規雇用も正規雇用も一応は拡大、有効求人倍率が1.4倍とかになったため、少子高齢化からの人手不足が深刻化。海外からも移民が増えてきたので国民の暮らし向きはデータを見る限りそこまで悪くはありません。日経平均も3年ぐらいかけて2万円を超えて、不充分だけど成果はあったよね、でもこれからどうすんのというのが安倍政権の経済政策の状況ではないかと思います。

 その意味では、アベノミクスは無効だった、なぜならば物価は上がらなかったからだ、という話はナンセンスで、安倍政権は打てる手を全部打ったけど物価は上がらなかった、でも何もしなければもっとひどいことになっていただろうという言い方になるんじゃないかと思うわけです。

 本来であれば、安倍政権の金看板であったアベノミクスがどうやら失速していそうだ、となれば、野党が出てきて「お前らの経済政策では不充分だ。我々が新しい経済政策であるレンホミクスを提案する」とかいうべき必要があるわけです。最低賃金の引き上げなどは自民党のほうが実績が出てしまっている手前、より経済成長を実感できるような政策を本来は民進党が打たなければならないわけですよ。

 ところが、脱成長とかいう人たちも民進党の支持者には少なくありません。私は脱成長とかいう大人は馬鹿なのかなと思うほうですが、彼らだって一票を持っていますし無視などできるはずはないのです。それが民進党の少なくない割合の支持基盤となっているならば、彼らの納得のいく経済政策を打ち出し、よりよい日本経済、よりよい日本社会、よりよい日本政治にしていく使命があるはずなんですよ。

あわせて読みたい

「蓮舫」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    若い世代ほど麻生氏支持のワケ

    永江一石

  2. 2

    小西氏罵倒 自衛官の屈辱に理解

    中田宏

  3. 3

    小室さん母 出勤往復にタクシー

    女性自身

  4. 4

    林大臣が通う「個室ヨガ」の実態

    NEWSポストセブン

  5. 5

    防衛省が国民の敵発言を隠ぺいか

    小西洋之

  6. 6

    逆効果?野党の#MeToo運動に苦言

    大西宏

  7. 7

    林大臣 公用車でキャバクラヨガ?

    文春オンライン

  8. 8

    希望と民進「国民民主党」で合意

    民進党

  9. 9

    世論理由に辞任求めるのは間違い

    常見陽平

  10. 10

    内閣支持率3割切るも野党は低迷

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。