記事

ついに代表辞任! 蓮舫が絶対に「中国のスパイ」になれない3つの理由 著書のトンデモ中国記述を追いかける - 安田 峰俊

1/2

 今年7月27日、民進党の党首辞任を電撃的に発表した蓮舫。その一因となったのは、昨年秋の党首選のときからくすぶっていた「二重国籍」問題だった。ネットを見ると、もっぱらこの件を問題視したのは保守系の識者やネットユーザーであり、彼らのなかには(蓮舫の旧国籍は台湾(中華民国)にあったにもかかわらず)「蓮舫は中国のスパイだ」といった主張を展開する人も多くいた。


7月27日、記者会見で辞任の意向を表明する民進党の蓮舫代表 ©共同通信社

 この「二重国籍」問題については、そもそも同件を「問題」と考えるか否か自体がイデオロギーの踏み絵のようになっていて取り扱いが面倒なため、今回は言及しない。筆者がこの記事で考察してみるのは、蓮舫はそもそも「中国のスパイ」になれるような人材だったのか、という疑問である。

蓮舫の著書『一番じゃなきゃダメですか?』を読んでみよう

 ここで紐解くのが、蓮舫が旧民主党政権下で事業仕分けに携わっていた2010年6月に刊行した著書『一番じゃなきゃダメですか?』(PHP研究所)だ。政治家としての彼女の生き方や政見、華人(台湾人)としてのルーツが垣間見える、現時点でほぼ唯一の書籍である。

 

 同書のなかで、かつて北京への語学留学経験も持つ政治家・蓮舫は中国についても大いに語っている。だが、パッと目を通しただけでもその内容がかなりメチャクチャなのだ。以下、順を追って見ていくことにしよう。

<1.中国共産党のトップの名を間違える>

『一番じゃなきゃダメですか?』は全6章からなるが、特に興味深く読めるのは、彼女の生い立ちから結婚・出産までを描いた2章と3章だ。1967年、日本在住の豊かな台湾人バナナ商人の家に生まれたこと、子どもの頃は夏休みのたびに台湾の最高級ホテル・圓山大飯店に2ヶ月ほど滞在する生活を送っていたこと、青山学院大学入学後に300万円のフェアレディZが欲しくなったのでキャンギャルになったこと……と、なかなか庶民離れした話が続く。

 幼少期以降、しばらく中国や台湾についての記述は出てこないのだが、蓮舫が21歳だった1989年6月に「ニュースにがぜん興味を持つようになった」きっかけとなる事件が起こる。すなわち、中国人民解放軍が学生や市民のデモを武力鎮圧した六四天安門事件だ。

天安門事件の発端をよくわかっていないらしい

 では、事件の報道に接して「あ、もっと私は勉強しなきゃいけないなって」思った蓮舫は、中国現代史上で最大級の事件である天安門事件をどのように勉強したか。下記に引用したKindle版『一番じゃなきゃダメですか?』の当該部分と、筆者による黄色マーカーを引いた箇所をご確認いただきたい。


「胡耀邦 世界史B 受験」などで検索すると受験参考書や過去問題の記述が引っかかる。まずまず真面目な高校生なら間違えない程度の知識だ。

 ……1989年の学生デモで名誉回復を求められたのは、「趙紫陽」じゃなくて同年4月に病没した胡耀邦だ。趙紫陽は事件発生までは中国共産党中央委員会の総書記(要するに党組織のトップ)だったので、わざわざ学生から名誉回復を求めてもらわなくても、最初から偉い人である。蓮舫はそもそも事件の発端からしてよくわかっていなかったようだ。

「中国の国軍である人民解放軍」というヤバい記述が……

 また、「中国の国軍である人民解放軍」という記述もヤバい。これは有名な話だが、人民解放軍の位置付けは中国共産党の武装部門(党軍)で、彼らは国家の軍隊ではなく(極端に言えば)党の私兵だ。1989年の天安門事件で人民解放軍が一般市民に平気で銃を向けた理由も、彼らの存在目的が国民を守ることではなくて「党」の防衛にあるからである。


「党の指揮を聴いて敵を打ち倒す」とスローガンが書かれた人民解放軍のプロパガンダ画像。関係ないが、この習近平の写真は修正しすぎである。

 もちろん、中国の指導者の名前や軍隊の性質は、一般人なら知らなくても仕方がない。だが、蓮舫は元ジャーナリストで北京への留学経験もあり、さらに政界入り後は日中友好議員連盟にも所属する「中国通」の政治家だ。しかも、1989年に天安門広場に集まった中国の学生たちと、完全に同世代の華人でもある。そんなバックグラウンドを持つ政治のプロフェッショナル(しかも刊行当時は与党の大臣)が、こんなにユルフワな認識なのはちょっと問題だろう。

 少なくとも、現代中国でもそれなりに高く評価される指導者・胡耀邦の名前を趙紫陽と勘違いしたり、偉大なる人民解放軍の役割を取り違えたりする体たらくの蓮舫が「中国のスパイ」になるには、まだまだずいぶん勉強が必要だろうと思わざるを得ない。

<2.中国語の発音が変>

 バブル期にフリーのキャスターに転身して社会派タレントに変わった蓮舫は、1995年に28歳でいったん日本の仕事から離れ、夫とともに北京に語学留学している。「自分ができることは経済や経営の知識でも法律でもない。それに詳しくなるよりも、語学だろう」という動機らしい。だが、その語学がちょっと微妙な感じなのだ。著書を再度引用しよう。


さらっと書いているが、大学の第二外国語で履修した言語なのに数字を10まで数えられないのもどうかと思う。

 ありがとうを意味する謝謝(Xie xie)は、現代の標準中国語では「シェイシェイ」とは発音しない(「シェシェ」に近い)。さらに言えば、謝謝を「シェイシェイ」とカタカナで書く日本人は基本的には中国語がまったくできない人である。日本語ができないアメリカ人が「ありがとう」を表記するのに「Alligator(アリゲーター)」と書いているようなものだ。

1年半も北京に留学したのに挨拶の発音すら怪しい

 台湾の報道映像を見ると、蓮舫はいちおう中国語検定3~4級レベルぐらいの会話ならできるようにも見えるのだが、なぜ「シェイシェイ」と書いているんだろう。ともかく、現地に1年半も留学したのに挨拶の発音すら怪しい(仮に中検3級レベルでも到達水準としてはかなり微妙である)ようなお寒い語学力の持ち主では、中国のスパイはなかなか務まりそうにない。

■中天新聞》美女參議員「蓮舫」 台南尋根「好感動」
https://www.youtube.com/embed/r8-hRqLLOyM
2013年1月、蓮舫が台湾台南市郊外にある祖父ゆかりの地を訪問したことを報じる台湾『中時電子報』のニュース動画。1:38ごろから蓮舫の中国語が聞けるが、あまり上手ではない。

あわせて読みたい

「蓮舫」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    意識高い系バカにした50代の末路

    PRESIDENT Online

  2. 2

    薬局の過剰な万引き対策に疑問

    LM-7

  3. 3

    昭恵氏秘書イタリア赴任の大出世

    国家公務員一般労働組合

  4. 4

    やくみつる氏「白鵬は引退して」

    NEWSポストセブン

  5. 5

    特攻隊を美化する無責任な人々

    猪野 亨

  6. 6

    北朝鮮ミサイル開発の財源はイカ

    高英起

  7. 7

    オードリー若林 競争社会に疑問

    fujipon

  8. 8

    勝手に動く?中国製ネットカメラ

    永江一石

  9. 9

    不動産投資を否定する人の特徴

    内藤忍

  10. 10

    ヒアリ襲撃 珍獣ハンターの受難

    ライブドアニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。