記事

新自殺対策大綱 深刻な若年層。具体策強化急げ

1/2

かけがえのない多くの命が日々、自殺に追い込まれている状況を何としても変えなければならない。

政府は25日、新たな「自殺総合対策大綱」を決定した。公明党の推進で2006年に成立した自殺対策基本法に基づき、07年に策定された国の自殺対策の指針である大綱。5年ごとに見直しが行われ、今回で2回目となる。

新大綱では、人口10万人当たりの自殺者数である「自殺死亡率」を、今後10年間で30%以上減らすという数値目標を掲げた。

年間自殺者数は09年から7年連続で減少し、16年には2万1897人と22年ぶりに2万2千人を下回った。

しかし、残念ながら日本の自殺死亡率は18.5人(15年)と、主要先進7カ国(G7)の中で最も高い。

新大綱の数値目標を達成すると、日本の自殺死亡率は他の先進国の平均である13.0人に下がるが、そのためには年間自殺者数を1万6千人以下にする必要がある。高く見える数値目標自体、政府の危機感の表れではあるが、現状を考えると達成は容易ではない。

特に深刻なのは、若い世代である。

17年版の自殺対策白書によると、15歳から39歳までの死因の第1位を「自殺」が占める。そこで、新大綱では若者に焦点を当てた対策を新たに打ち出した。

あわせて読みたい

「自殺」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米の非同盟扱いは韓国の自業自得

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    ジャンプ船木 お家芸潰しに持論

    NEWSポストセブン

  3. 3

    AV出演強要 19歳少女が落ちた罠

    渡邉裕二

  4. 4

    松本人志ネカフェ難民発言で物議

    キャリコネニュース

  5. 5

    貴乃花派潰しが着々と進む相撲界

    NEWSポストセブン

  6. 6

    中国による台湾の吸収は困難か

    WEDGE Infinity

  7. 7

    カーリングが選抜チーム作らぬ訳

    NEWSポストセブン

  8. 8

    よしのり氏「朝日に良識感じた」

    小林よしのり

  9. 9

    「IQOSの方が安全」は証拠不足

    NewSphere

  10. 10

    欧州で人気の抹茶 日本産は駆逐?

    田中淳夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。