記事

報道は歪んでないか

7月24日、25日の2日間、衆議院予算委員会は閉会中審査を行った。出来るかぎり中継を見ていたが、前段の与党質問は、何故加計学園獣医学部が愛媛県や今治市にとって必要であったか、それが何故文部科学省の岩盤規制で拒否され続けて来たのか、その本質に迫る議論であった。

前回の時も、前愛媛県知事加戸守行氏は、加計学園誘致は10年前から始まり、15回も申請したにもかかわらずはね返されてきたことへの不信を強く主張していた。しかし、何故かこの発言をほとんどのマスコミは無視していた。

今回も自民党の小野寺五典氏の質問に、家畜伝染病などで悩まされてきた県や市にとって獣医師が確保出来ない状態は死活問題であることを強調し、更に加計学園理事長が安倍首相の友人であったことを昨年まで知らなかったと、安倍首相の関与を否定していた。

資金力など強い力のある獣医師会は、既得権益を守るために獣医学部新設を文部科学省をはじめ国会に強く働きかけ拒んできた。この50年の間、日本国内で獣医学部の新設は一切ない、これは異常なことではないか。特に加計はずしに奔走してきたことなど、もはや周知の事実である。

前川喜平前文科省事務次官の答弁はかなり揺れていた。和泉洋人首相補佐官が「首相は自分の口から言えないが、代って私が言う云々」と言った事から、首相の意思と判断したと説明していたが、「加計学園について一切触れていない」と和泉氏に断言されると、前川氏も否定しなかった。

更に「面会の時点で獣医学部を作る意向を持っていたのは加計学園だけだった」とも述べたが、京都府と京都産業大学が28年3月に政府に新設を提案していたと指摘されると、「その計画は承知していなかった」と釈明する始末であった。

加戸氏は「何故虚構をテレビで話すのか、その後も想像がすべて事実であるかのごとく発言している。それが国民をそういう方向に持っていくことになると危惧している」「自分の後輩ながら前川氏の精神構造を疑う」と発言していた。

前川氏は禁止されている「公務員の天下り」を役所挙げて平気で許し、事実上更迭された人物だ。その上、「面従腹背」が座右の銘と言ったり、売春の温床である「出会い系バー」に審議官の頃から通うなど、およそ教育行政に携わる役人として失格、いや人間失格の人だと、私はかねてから批判していた。テレビをしっかり見た人なら、今回の審議で化けの皮がはがれたと思うに違いない。

一方、後半の野党審議に入ると、もっぱら首相と加計学園理事長との交際を槍玉に挙げることに終始した。「関与があったと思う」「加計学園の特区申請を知った時期はいつか」など、獣医師問題の核心には一切触れようとしない、まさに政治的な質問が目立った。

民進党の蓮舫代表は首相や稲田朋美防衛相に舌鋒鋭く迫った。特に防衛大臣の地位利用の選挙演説を取り上げ、公職選挙法違反だと迫ったが、今月18日に昨年秋まで「二重国籍」だったことが分かり、過去の選挙公報の記載が誤りであっとことが判明したばかりだ。はて、そんなに張り切って言える立場かと白けた思いに駆られた。

総じて野党の質問、追及の声だけは激しい。これがテレビなどで報道されるともっぱら安倍首相が追いまくられ苦境に陥っているといった印象になる。

岩盤規制に穴を開けるには、政治の力が必要なことは言うまでもない。仲が良いとかは普通にあることで、賄賂など不正がないかぎり問題はないと私は思っている。北朝鮮やテロ対策など、国としての課題が山積している時、マスコミの報道が正しくあって欲しい、国民ももう少し冷静になってもらいたい。今は感情が国を動かしているように思えてならないが、貴方はどう思われるか・・・。

あわせて読みたい

「加計学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    叩かれたけど本当はスゴい4議員

    駒崎弘樹

  2. 2

    苦境に立つ元民進の大物議員たち

    BLOGOS編集部

  3. 3

    ハゲに不倫…お騒がせ議員当落は

    田野幸伸

  4. 4

    橋下氏「前原代表批判は筋違い」

    PRESIDENT Online

  5. 5

    ウーマン村本がLGBT当事者と激論

    AbemaTIMES

  6. 6

    辻元清美氏に山本一郎氏から激励

    辻元清美

  7. 7

    よしのり氏「変節」報道に反論

    小林よしのり

  8. 8

    よしのり氏 希望の党は壊滅する

    小林よしのり

  9. 9

    衆院選自民大勝で森友うやむやに

    阪口徳雄

  10. 10

    スバルの強さは選択と集中がカギ

    片山 修

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。