記事
  • S-MAX

LINEから手軽に注文できるデリバリーサービス「LINEデリマ」が提供開始!出前館と提携し、全国1万4千店舗に注文可能――パソコンからは近日提供予定



デリバリーサービス「LINEデリマ」がスタート!

LINE Corp.は26日、コミュニケーションサービス「LINE(ライン)」のスマートフォン(スマホ)など向けアプリから手軽に注文できるデリバリーサービス「LINEデリマ」( https://delima.line.me )を2017年7月26日(水)より提供開始したと発表しています。

同社では夢の街創造委員会が運営する日本最大級の宅配ポータルサイト「出前館」( https://demae-can.com )と業務提携を行い、2016年7月よりLINE公式アカウント上から注文できるサービス「出前館 on LINE」を展開し、普段使用しているLINEを入り口にすることで、女性を中心に幅広い年齢の人が利用しています。

そういった中で人・情報・サービス、企業・ブランドとシームレスに繋がりすべてが完結する「スマートポータル戦略」を担うサービスの1つとして「いますぐどこからでも」というコンセプトのもと、LINEデリマをスタートさせるということです。

LINEデリマでは注文すると「LINEポイント」を受け取ることができ、貯まったポイントは出前注文の際に「1ポイント=1円」として使うことはもちろん、決済サービス「LINE Pay」やスタンプ購入などに使える「LINEコイン」と交換することが可能。

サービス開始に合わせてキャンペーン企画『出前がもっと楽しくなる「絶妙出前チャレンジ」』を実施し、加盟店スタッフやLINEデリマスタッフがLINEデリマで注文できる出前に絶妙なアレンジを加えたオススメの食べ方をLINEデリマ内で紹介しています。

また「オープニングキャンペーン」として2017年8月7日(月)までに先着5万人にLINEデリマの初回注文でLINEポイントを300ポイントプレゼント、先着5000組にLINEデリマを紹介した人とされた人の双方にLINEポイントを500ポイントプレゼント(ともに対象店舗はLINEポイント利用可能店舗)しています。

さらに2017年8月9日(水)まではガストやサルヴァトーレクオモ、大阪王将、デリズ(一部対象外の店舗あり)などの対象店舗にてLINEデリマで初回注文した場合に入金額の10%ポイントバックするキャンペーンを実施。

02


LINEデリマは全国14000店舗のフードメニューをLINEアプリ上から手軽に検索・注文することができるデリバリーサービスです。ピザ・寿司・カレー・中華・弁当・パーティ・ケータリング・お酒をはじめとするさまざまなジャンルのメニューを新たなアプリをインストールする必要はなく楽しむことができます。

サービス内での「ジャンル検索」や「エリア検索」はもちろん、LINEデリマのLINE公式アカウント( @linedelima )上では、食べたいと思ったらすぐ検索できるようチャット形式で店舗を探すことも可能です。

利用するには新たなアプリをインストール必要はなく、LINEアプリ上から「その他」にある「LINEデリマ」を選択してアクセスし、検索・注文が可能なほか、LINE公式アカウント( @linedelima )のトーク上で、チャット形式による店舗探しが可能です。

03


記事執筆:memn0ck


あわせて読みたい

「LINE」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏が労働者無視の残業論

    国家公務員一般労働組合

  2. 2

    RAD炎上曲を擁護するファンの謎

    WEDGE Infinity

  3. 3

    メガバンクの時代遅れなリストラ

    城繁幸

  4. 4

    「大迫半端ないって」の胡散臭さ

    新井克弥

  5. 5

    満員電車に赤ちゃん 腹立つ現実

    文春オンライン

  6. 6

    回復する内閣支持率に3つの理由

    ヒロ

  7. 7

    安倍官邸が検察の森友捜査介入か

    田中龍作

  8. 8

    銀行口座持たないのが当たり前に

    Hayato Ikeda

  9. 9

    ZOZO田端氏の残業代ゼロ論は呪い

    国家公務員一般労働組合

  10. 10

    よしのり氏 靖国参拝をした理由

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。