記事

日中国交正常化45周年で「書道展」と「小野小町」が異色のコラボ⁉︎

日中国交正常化45周年を記念した日中友好書道展「つなぐ」のオープニング・セレモニーが26日、東京・文京区の日中友好美術館で行われた。実行委員会は島村宜伸元文部相が会長を務め、実行委員には安倍晋三総理の母堂で書道家としても知られる雍容苑会長の安倍洋子氏や渡辺プロダクショングループ代表の渡邊美佐氏らが名前を連ねている。

セレモニーで島村氏は「今年は節目の年。書道展で両国の絆を強固にしていきたい。力を合わせて将来の展望を開いていきたい」と挨拶、安倍氏や渡邊氏も加わりテープカットが行われた。

また、東京五輪を3年後に控え、〝おもてなし〟の意味から「ミスこまちグランプリ」の風谷南友も参加してセレモニーに華を添えた。

「こまち」は平安時代の女流歌人「小野小町」のこと。日本では中国唐代の皇妃・楊貴妃、そして古代エジプト、プトレマオス朝の最後の女王、クレオパトラと並んで〝世界の三大美女〟と呼ばれている。そういった意味で「日中の国交は正常化して僅か45年だが、人、文化の関係は古い」と言い「お互いにアジアのリーダーとして未来に向けて手を携えていきたい」(島村氏)。

今回、「ミスこまち」の風谷の振袖姿は中国からの代表団や関係者からは大評判で、衣装を提供したヤマノホーディングスの担当者にまで質問が相次ぐハプニングもあった。「小野小町に興味を抱いた」と言う中国のテレビ関係者もいて「書道展と振袖姿のコラボレーションは日本ならではのアピールになった」と主催関係者。

なお、書道展は31日まで開催中。

あわせて読みたい

「日中関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  2. 2

    質問力なし 報道のTBSは死んだ

    和田政宗

  3. 3

    小池氏会見まるでイキった大学生

    キャリコネニュース

  4. 4

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  5. 5

    小池氏登場で自民圧勝は不確実に

    近藤駿介

  6. 6

    橋下氏 解散批判する野党に苦言

    橋下徹

  7. 7

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  8. 8

    北外相「米爆撃機撃墜の権利も」

    ロイター

  9. 9

    宣戦布告発言は米と北の戦争抑止

    篠田 英朗

  10. 10

    小池結党宣言は安倍会見を陳腐に

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。