記事

加計さんも安倍さんに特区申請の意向を伝えるべきだった - 7月26日のツイート

(加計学園問題)選定過程に不正があったかどうかの問題ではない。不正があると疑われない制度設計・制度運用が必要だったが今回はそれが足りなかった。被選定者と一定の関係のある選定者は選定過程から退くか、被選定者との接触を断つべき。特区諮問会議が後の公募手続きの前倒しになったことが失敗。

(加計学園問題)国会議員は司法における除斥・忌避・回避の理論を勉強すべき。便宜を図ったのか、加計ありきだったのかは水掛け論。そうではなく外形的に公正性が保てていたのかどうか。大阪では外形的公正性という概念を徹底的に導入した。当初、役所職員は不正がないのに何それ?という顔だったが。

(加計学園問題)不正のあるなしにかかわらず外形的公正性を保てていなければ政治行政としては失敗。知事・市長時代、不正が確定しなくても外形的公正性が保てていないということで公募手続きをやり直したことがある。不正がないのにどういうことだ!と議会から猛批判を食らい、役所も渋々だったが。

(加計学園問題)役所がそもそも需給調整などやるのはナンセンス。加計学園が獣医学部を新設するなら大変結構なこと。しかし後の公募手続きとごっちゃになり特区諮問会議で加計学園が選定された形になったのが問題。その選定者の最高責任者に安倍さんが入っていたことが大問題。不正の有無ではない。

(加計学園問題)安倍さんは加計理事長と獣医学部の新設について話したことはないと言う。むしろ逆だ。加計さんが特区申請する情報をしっかり把握して、その案件のときには議長を離れるか、少なくとも直近期間は飲食・ゴルフを止めるべきだった。加計さんも安倍さんに特区申請の意向を伝えるべきだった

(加計学園問題)特区とは政治の力をフルに発揮して国の法制度の例外を実現するもの。ゆえに政治は外形的公正性には最大限の注意を払わなければならない。加計さんも安倍さんに特区申請の意向をしっかり伝えて、外形的公正性が疑われないように対応すべきだった。安倍さんが知らなかった方が問題だ。

(陸自日報問題)①安倍政権が裏目裏目の方向に行っている気がする。マル秘情報があるということで第三者調査を否定したが、ここは第三者調査にすべきだ。在野の法律家は皆守秘義務を負っており、リークばかりする公務員より信頼できるはずだ。これも外形的公正性の問題。

※この記事は橋下徹元大阪市長のツイートを時系列順に並べたものです。

橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン
【ご購読はこちらから→】http://hashimoto.president.co.jp/
橋下徹と直接議論できるサロン『橋下徹の激辛政治経済ゼミ』
【お申込はこちら】→橋下徹の激辛政治経済ゼミ

あわせて読みたい

「加計学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「安倍ヤメロ」を煽る朝日新聞

    深沢明人

  2. 2

    宮崎勤死刑囚から処刑直前の手紙

    篠田博之

  3. 3

    小池氏にとどめ 進次郎氏の正論

    新潮社フォーサイト

  4. 4

    性暴行訴える詩織さん 手記出版

    文春オンライン

  5. 5

    安倍ヤメロ隊阻止する最強応援団

    NEWSポストセブン

  6. 6

    堀江氏「保育士は誰でもできる」

    キャリコネニュース

  7. 7

    よしのり氏「1に立憲、2に共産」

    小林よしのり

  8. 8

    イシグロ氏へ勲章は国の恥さらし

    清谷信一

  9. 9

    橋下氏「公約は事後評価が重要」

    橋下徹

  10. 10

    辻元氏 デマ記事で質問状を送付

    辻元清美

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。