記事

上野の街が「パンダ誕生」に興奮する理由

1/2
東京・上野動物園で5年ぶりにジャイアントパンダの赤ちゃんが誕生した。前回は残念ながら生後6日で死去したが、今回はすくすくと育っている。年明けの一般公開を前に、イベントや関連グッズなどの“便乗商法“が盛り上がっている。推計によれば、赤ちゃんパンダの経済効果は267億円。なぜ上野はパンダなのか。長年、上野を追いかけてきた経済ジャーナリストが分析する――。

■繁殖の実績は“和歌山“が上回る

今年6月12日、上野動物園で5年ぶりにジャイアントパンダの赤ちゃんが生まれた。前回は誕生6日後に死亡したが、今回は順調に育っている。成長の様子が各メディアでも報じられるので、職場や夜の街での話題となっているかもしれない。


パンダの赤ちゃん(30日齢)(2017年7月12日撮影、恩賜上野動物園提供)

だがパンダの誕生や生育なら、国内では和歌山県の「アドベンチャーワールド」の実績がズバ抜けている。同施設では2000年以降、自然交配や人工授精を含めて毎年のようにパンダが誕生しており、これまで15頭の繁殖に成功しているからだ。実際に「上野のパンダばかり騒ぎすぎだ」「和歌山の例をもっと報道するべきではないか」という声も聞かれる。

それでも地元・上野はパンダ誕生に沸き立っている。今回は赤ちゃんの両親である「リーリー」(オス)と「シンシン」(メス)を上野動物園に呼んだ観光連盟会長に取材し、上野の街が盛り上がる理由を分析したい。

■上野にとって「パンダは特別な存在」

「267万7372人」(2010年度)→「470万7261人」(2011年度)。


赤ちゃんを抱く「シンシン」(2017年7月12日撮影、恩賜上野動物園提供)

何の数字か、おわかりだろうか。2011年2月21日にリーリーとシンシンが来園し、その前後に上野動物園を訪れた年間入園者数だ。つまり“パンダ効果“で200万人も増えたのだ。

「もちろん増加数が、そのまま『パンダを見に来たお客さん』ではないと思いますが、3年近く“パンダ不在“だった動物園にとって、2頭の来園は起爆剤となったはずです。上野は『西郷隆盛像とパンダ』の街。松坂屋上野店のキャラクターは“さくらパンダ“ですし、地元の製靴メーカーはパンダデザインの靴も開発した。それほどパンダは特別な存在なのです」

こう振り返るのは、上野観光連盟会長の二木(ふたつぎ)忠男氏だ。ちなみに「上野地域の振興活動」では、全体のトップに観光連盟を位置づけ、傘下に各商店街(たとえば上野中央通り商店会、上野中通商店街振興組合など)が連なる。各商店街の会長は副会長として観光連盟を支える。商店街同士の利害対立を防ぎ、“オール上野“を目指すための仕組みなのだという。


上野観光連盟の二木忠男会長

上野動物園に初めてパンダが来園したのは、日中国交正常化の1972年で、「カンカン」(オス)と「ランラン」(メス)だった。日本中で“パンダブーム“が巻き起こり、74年の来園客数は空前の約764万7440人にも達した。2頭の死後も、1980年に「ホァンホァン」(メス)などが来園したほか、1986年には「トントン」(メス)が上野動物園で生まれるなど、「上野といえばパンダ」という時代が続いた。2008年に「リンリン」(オス)が死んでからは、3年間ほど「パンダ不在」だったが、2011年に「リーリー」(オス)と「シンシン」(メス)が来園。その2頭の子供が今回の赤ちゃんパンダである。

近年の上野動物園の来園者数は369万3757人(2014年度)→396万9536人(2015年度)で、今年は赤ちゃんパンダの誕生で来園者数の大幅増も期待できる。動物園の役割は「野生動物保全」や「種の保存」だが、やはり地元として期待するのは来園者数の増加だ。

「レジャーが多様化した現代でも、動物園は、お子さんからお年寄りまで、家族連れでもカップルでも楽しめる“全方位型“の施設です。だからこそ、来園者数の増加は、地元の期待が大きいのです」(二木氏)

あわせて読みたい

「上野動物園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    タモリ「鶴瓶は偽善」盟友に本音

    メディアゴン

  2. 2

    都議のボーナスに1500万円予算増

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    堀江氏を牢獄に送った国家の裁量

    NEWSポストセブン

  4. 4

    貴乃花が相撲協会を拒否するワケ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    二階氏の重用は「無口だから」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    現役医師が日経の印象操作に苦言

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    在日韓国人「イムジン河」に感銘

    文化通信特報版

  8. 8

    「怒鳴って当然」高齢者の言い訳

    NEWSポストセブン

  9. 9

    詩織さん被害訴え はるな愛号泣

    女性自身

  10. 10

    ミサイル導入への批判は非現実的

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。