記事

9割は外国人観光客で、解説は仲卸さんによる完璧な英語!築地の「マグロセリ場見学」に行ってきた

1/2

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

本日は知人に誘われ、行政視察ではなく一般参加者として築地の「マグロセリ場見学」に行ってきました。

なおマグロセリは、英語で言うと「Tuna auction(ツナ・オークション)」です。

マグロセリを見るためには、午前2時過ぎに行列が出来初めて、5時過ぎまで待つことになる体力勝負になります。昼夜問わず色々な時間帯に築地市場の視察には訪れましたが、マグロセリを実際に見るのは初めてです。

3時頃になると「待合室」に入って待機することができるのですが、こんな感じです。ここで2時間ほど待つことになるので、暇つぶしグッズや小さい座布団などがあると良いかもしれません。

この日はど平日(月曜日)ということもあってか、参加者の9割以上は外国人観光客でした。土曜日だともう少し、日本人が多いのかも?(日曜日はセリがお休み)

なお、マグロセリを見学できる人数上限は120名。我々は2時半頃から並び始めて30番目くらい、だいたい4時過ぎ頃には120名の上限に達していたと思います。

そして3時過ぎ頃から、実際に築地市場で20年働いているという仲卸の方が、マグロセリの仕組みについて説明を始めてくれました。なんとこちら、質疑応答まで含めて通訳なしですべて英語!これには率直にびっくりしました。

「1日にどれくらいの量が取引されるのか」
「ここから世界に輸出される割合はどれくらい?」

などの質問にも、アドリブで流暢に応えていく仲卸業者のKoseiさん。築地がいかに外国人観光客を大事にしながら、この文化と伝統を守ってきたのかがわかる素晴らしい場面でした。

20分ほどの解説が終わってから待つこと1時間半、5時過ぎになるとようやくセリ場に入ることができます。テレビで良くみる光景ですね!

ずらりと並んだ冷凍マグロを、仲卸の人たちがじっくり吟味をする姿や、ベルがなって競り人が独特の掛け声を発する姿などを見ていると、あっという間に退場時間。

セリ場に滞在できる時間はわずかに20分程度で、実際にセリが行われるシーンが見られるのはそのうち5分ほどでした。

とはいえ、セリ場に至るまでに市場の雰囲気を味わいながら移動することになりますし、セリ終了後も場内や場外を観光できるので(場内の特定エリア見学は10時以降)、全体的に観光客の満足度は高いのではないでしょうか。

あわせて読みたい

「築地市場移転問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  2. 2

    朝日「安倍支持ネット民は貧乏」

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    沢田研二の公演中止は罪深き甘え

    常見陽平

  4. 4

    よしのり氏「沢田研二は哀れ」

    小林よしのり

  5. 5

    謎の会社、ギガファイル便を直撃

    BLOGOS編集部

  6. 6

    若者が野党を批判する理由に衝撃

    猪野 亨

  7. 7

    18歳の47% 将来も新聞読まない

    宮崎正

  8. 8

    田原氏が佐々淳行氏との激論回顧

    田原総一朗

  9. 9

    老人は賃貸困難 50代で部屋探せ

    MONEY VOICE

  10. 10

    歌姫の発言でトランプ氏ピンチに

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。