記事

真っ黒にさらに黒塗りする安倍総理 今さら支持率が回復することはない 総辞職あるのみ

 昨日、行われた閉会中審査では、安倍氏は、加計学園の獣医学部申請について知ったのは、1月20日の国家戦略特区諮問会議だったと答弁しています。

 それまでは全く知らなかった、それまで何度も加計氏に会って食事だ、ゴルフだなどという関係を続けながら、一切、話題に出なかったというのですから、誰もが「嘘でしょ」としか思わないようなことを安倍氏は平気で言っているということです。

お友達の集い さて、話題は?

 さて、「だから安倍氏が黒だっていうのはおかしい!」と思いますか。

 安倍応援団は、立証されていないとか、安倍氏は知らないと明言されたとか、言って安倍氏を擁護しているようですが、愚の骨頂です。

 そんな詭弁が通用するのは、一部のネット界だけです。

 安倍氏の態度は、これまでずっと強権的でした。強弁を駆使して乗り切ろうとしていました。安倍内閣の支持率が高い、野党の支持率は低いということで、虚勢を張ったのです。支持率の高さにあぐらをかいていたというよりは、気の弱い安倍氏が大声を出して何とかしようとした、滑稽な姿でした。

 しかし、それがいよいよもって通用しなくなってきたというだけのことで、支持率低下によって、いかに安倍応援団が安倍氏は立派と誉め上げても意味のないことです。

 自らの「お友達」を優遇するという安倍氏の姿勢がずっと貫かれてきた、それが加計学園もそうだったのね、ということが誰もが思っているところだし、それを裏付ける証言が前川前事務次官から飛び出してきたのですから、それを「知らない」というだけで具体的なものを示せない政権側は、アウトなのです。

 お隣の韓国では大統領が在職期間中に決まって「お友達」や親族に便宜を与えて任期が終わると逮捕されてしまうということを繰り替えてしますが(現在進行形のものは任期前)、安倍氏がやっていることも同じなのです。

 安倍氏がやっていることが違法なのかということを安倍応援団は言っていますが、要は賄賂は受け取っていないじゃないかなどというのも言い掛かりの1つです。

 別の賄賂を受け取ったなどと言っている人はいません。規制をぶち壊すという大義名分のもとに「お友達」に便宜を図るというのが政治の中であっていいのですか、ということです。誰もそのような政治を認めるものではない、ということです。

 前川前事務次官の自作自演だなどというのもネット界の一部でもてはやされていますが、どうでもいいレベルの話です。何が自作自演なのかということも具体的に特定できず、言い掛かりのレベルなのです。要は、メモ作成が現役の文科省の役人で、それをマスコミにたれ込んだのが前川氏だというのですが、文書そのものがでっち上げと言いたいのでしょうが、本当に狂信的な安倍応援団です。それがでっち上げであれば、文科省の「調査」によって当然に明らかになっているでしょう。

 狂信的な安倍応援団は、自民党議員の中にもいるのだから、議員としての質の問題にも関わります。落ち目の安倍氏にここまで忠誠を尽くせるのですから。

前川喜平氏の予算委での証言 明らかな矛盾点が」(ブロゴス)

青山繁晴議員の前川前事務次官への質問が滑稽すぎる 安倍総理はまだ逃げるのか

平井卓也議員の犯人捜し またまた言い掛かりの和田政宗議員 自民党は安倍氏を守るために必死すぎる

 安倍氏らの答弁は、これまで真っ黒と思われてきた疑惑にさらに黒塗りをしたというだけのものでしかありません。

 もう手遅れです。安倍内閣は総辞職あるのみです。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「安倍ヤメロ」を煽る朝日新聞

    深沢明人

  2. 2

    宮崎勤死刑囚から処刑直前の手紙

    篠田博之

  3. 3

    小池氏にとどめ 進次郎氏の正論

    新潮社フォーサイト

  4. 4

    性暴行訴える詩織さん 手記出版

    文春オンライン

  5. 5

    イシグロ氏へ勲章は国の恥さらし

    清谷信一

  6. 6

    よしのり氏「1に立憲、2に共産」

    小林よしのり

  7. 7

    堀江氏「保育士は誰でもできる」

    キャリコネニュース

  8. 8

    安倍ヤメロ隊阻止する最強応援団

    NEWSポストセブン

  9. 9

    橋下氏「公約は事後評価が重要」

    橋下徹

  10. 10

    ハゲに不倫…お騒がせ議員当落は

    田野幸伸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。