記事

機械に合わせて生活を変える時代へ

1/2

これまでの技術や機械は「人間の生活をより快適に、便利にするため」研究・開発されてきました。

このため生活の中で使えない技術や機械は、未熟な技術、未熟な機械だとして受け入れられませんでした。

反対にいえば、「その製品や技術が完成、成熟したかどうか」は、「生活の中で使えるレベルになったかどうか」によって決まっていたわけです。

でも今は「技術や機械が未熟なら、生活のほうをそれにあわせて変えればいいじゃないか」となりつつあります。

その典型例が自動掃除機のルンバ。

今、家具店に行くと、「下にルンバが入れる高さです」と表示されたソファやベッドが売られています。

いままでなら「掃除機に合わせて家具をデザインする」なんて考えられなかったでしょう。

そうではなく、足の短いソファやベッドの下にも入れるよう、ルンバ側が薄型化を実現せねばならなかったのです。

実際、日本の掃除機メーカーはヘッドの薄型化を図ることで、「ベッドやソファの下も掃除できます!」とアピールしていました。

同じことを衣類と洗濯機で考えてみましょう。

一昔前であれば、洋服デザイナーは素敵で着心地のよい洋服を作り、

洗濯機や洗剤メーカーのほうが「そんなおしゃれ着でも家で洗える機械や洗剤」を開発してきました。

でも最近は「家で洗える」ことをウリにする洋服も増え、なんと「家で洗えるビジネススーツ」まで現れました。

この

「おしゃれ着が洗える洗濯機の開発」と、

「洗濯機で洗えるスーツの開発」は、

一見、同じように思えますが、実は完全に逆方向の発想です。

前者では、消費者の好むおしゃれ着が最初に存在し、それに合わせて洗濯機が開発された。つまり、機械が人の選択に合わせたのに、

後者では、現時点での技術や機械にあわせて、人が着る服を変え始めたのです。

将来、普通のスーツが洗える洗濯機が登場しても、「別に今の洗濯機で洗えるスーツを着るからそれでいいよ」という人は一定数に上るでしょう。

食洗機も同じよね。

普及率が欧米より低い理由のひとつとして、日本には熱湯がかけられない漆器のお椀や、機械では洗いにくい多彩な形状の和陶器が存在するからと言われます。

このため各メーカーはこれまで、日本の食器でもきれいに洗える食洗機の開発にしのぎを削ってきました。

でもね。もはや「食洗機でもきれいになる食器しか使わない」という家庭もあるのでは?

てか、「電子レンジに入れられない食器は買わない」って人は、既にたくさんいますよね? 

私は留学中にアメリカで食洗機を使っていましたが、食器なんて平皿とボウルとコップくらいしか存在しないんですよ、あの国には。

だから日本のように「食洗機では十分にきれいにならない」みたいな話は出てきません。

ここで「食洗機を日本に合わせて進化させよう!」となるのか、それとも「使う食器のほうを、洋食器だけにしよう!」となるのか、

これが「生活優先」から「現時点での技術&機械優先」への転換点です。

★★★

あわせて読みたい

「家電」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内閣改造で消えた小池・野田新党

    PRESIDENT Online

  2. 2

    朝日が仏大統領発言でっち上げか

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    米国が12月以降に北朝鮮を攻撃か

    高英起

  4. 4

    核武装した北との共存ありえない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    アラフィフの後悔 1位は「勉強」

    キャリコネニュース

  6. 6

    温泉更衣室の防犯カメラは違法か

    花水木法律事務所

  7. 7

    よしのり氏 小池新党はいらない

    小林よしのり

  8. 8

    小林麻耶が海老蔵の家を出た事情

    NEWSポストセブン

  9. 9

    iPhone X購入の前にWi-Fi導入を

    永江一石

  10. 10

    日本人の稼ぐ力 今や他国の7割に

    THE PAGE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。