記事

安倍首相、加計問題の便宜指示否定 申請知ったのは今年1月

[東京 24日 ロイター] - 安倍晋三首相は24日午前の衆院予算委員会で加計学園獣医学部新設に関して問われ、加計氏からの依頼の有無も、政府関係者への便宜指示についても、一切無いと否定した。

加計学園が申請していること自体、今年1月に知ったと述べた。

山本幸三地方創生担当相は安倍首相とこの問題で個別に話をしたことは無いと述べたほか、萩生田光一官房副長官、和泉洋人首相補佐官も首相から加計学園の名前を挙げての指示はなかったと語った。和泉補佐官は前川喜平前文科省事務次官に面会した際の発言について圧力には当たらないとの認識を示した。

自民党の小野寺五典委員、民進党の大串博志委員の質問に答えた。

安倍首相は冒頭で「私の友人が関わる問題であり、国民からの疑念ももっともだ。今までの答弁でそうした観点が欠けていたことは率直に認める。国民目線で丁寧に説明したい」と述べた。

その上で「加計氏から、私の地位を利用して何かを依頼してきたことは一度もない。獣医学部新設について働きかけは全くなかった」と述べた。さらに「国家戦略特区諮問会議で岩盤規制の打破をスピード感を持って進めるよう言ってきたが、個別の指示は全くしていない」として、加計学園に便宜をはかったとの疑念を否定した。

首相は「加計学園が今治市で獣医学部新設を申請していることを知ったのは今年1月だった」と述べた。それ以前から国家戦略特区諮問会議での議論について申請は自治体単位であり、「今治市についても事業者は決まっていなかった」と説明、具体的な説明は聞いていなかったと述べた。

山本地方創生相は「この問題は私が陣頭指揮をとって全て判断・決断してやるべきものと認識しており、首相と個別に話をしたことも無く、指示もない」と述べた。また獣医師会との面談で、山本創生相が獣医学部新設は加計学園に決定された事を伝えたとの医師会側の記録について「この面談の目的は国家戦略特区諮問会議で獣医学部の新設が決まったことの報告であり、これまで新設に反対してきた医師会側の意見を聞くことだった。私からはほとんど発言していない」と述べた。

萩生田官房副長官は「加計学園について総理から指示を受けたことはない」と述べ、「文部科学省がこの問題について反対だということも知らなかった」との認識を示した。

和泉補佐官は、加計学園の獣医学部新設について「首相と加計氏が友人だったと明確に認識したのも3月の報道以降」だとした。

和泉補佐官は、前川前文部次官に対して「総理自身の口からは言えないから自分が言う」と発言したとされていることについて、「そのような発言はしてない」と否定。ただ再度問われると「言っていないと思う。それは私の記憶で言っている」と述べた。前川氏の認識が異なることを国会承認喚問で明らかにすべきとの指摘には、「国会の決議に従う」とした。

前川氏は安倍首相から直接この問題で指示を受けたことはないとしながらも、和泉補佐官と9月に面会した際には、加計学園という具体名は出ていなかったが、スピード感を持って対応すべきとの補佐官の発言について「加計学園のことだと認識した」と発言。その際には、獣医学部新設の具体的計画は加計学園のみで京都産業大学はまだ具体化していないと認識していたため、と述べた。

その後10月に同補佐官と面会した際にも文部科学省としてはまだはっきりした方針は立てていなかったとし、加計学園の適性への疑問やその時点では京都産業大学も計画を具体化させていたことも承知していたと説明。そうしたことを和泉補佐官にも伝えたと述べた。

あわせて読みたい

「加計学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「安倍ヤメロ」を煽る朝日新聞

    深沢明人

  2. 2

    宮崎勤死刑囚から処刑直前の手紙

    篠田博之

  3. 3

    小池氏にとどめ 進次郎氏の正論

    新潮社フォーサイト

  4. 4

    性暴行訴える詩織さん 手記出版

    文春オンライン

  5. 5

    イシグロ氏へ勲章は国の恥さらし

    清谷信一

  6. 6

    よしのり氏「1に立憲、2に共産」

    小林よしのり

  7. 7

    堀江氏「保育士は誰でもできる」

    キャリコネニュース

  8. 8

    安倍ヤメロ隊阻止する最強応援団

    NEWSポストセブン

  9. 9

    橋下氏「公約は事後評価が重要」

    橋下徹

  10. 10

    ハゲに不倫…お騒がせ議員当落は

    田野幸伸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。