記事

東大を2留して、レールを外れたと思っているこうさんへ

1/2

「『レールから外れたら人生終了』という日本に蔓延る神話が皆を不幸にしている」というtogetterを読んだ。

これは、「東大を2回も留年した人のブログ」を書いている「こう」さんのセルフまとめだ。
こうさんは、東大2年生(4回生・2留)である。

こうさんのこれまで

こうさんは、

ぼっちで趣味がないことから、受験勉強に熱中

東大合格で燃え尽き、必修授業以外は出なくなる

コミュ障だが、頑張ってテニスサークルに入る
しかし、白内障のため5月末まで活動に参加できず

「進振り」により、2年生の秋に経済学部へ進学
クラスが無くなったことでクラスメイトの「シケプリ」に頼れなくなり、試験対策できなくなる
コミュ障のため、誰にも助けを求められず

ネトウヨ活動にのめり込む

経済学部の勉強が全く分からない
再度「進振り」を受けて学部変更するために、試験を受けずに留年

留年と学部変更を親に納得させることができず、再び経済学部へ進む

FXにのめり込んで大損

2回目の留年。今度は親も学部変更を受け入れる

サークルの同期の起業を手伝う

自らの付加価値を「東大生」「留年」「コミュ障」に設定し、TV出演を目指す Now!

という流れを経ている。

東大で2回も留年した話(前編)

ちなみに、冒頭でセルフまとめされていたレール関連の記事には、私の寄稿記事が紹介されていて、それで親近感を抱いた。 www.onecareer.jp

私は最初、こうさんが「2留したから官僚になるのは難しい」など、東大出身者独特のレールを外れたことを嘆いているのかと思ったのだが、そうではなかった。

レールの外れ方には、積極的・消極的の2パターンがある

私は、20代がいわゆる「新卒カード」を捨てることについて、いまだ、どうアドバイスするか態度を決めかねている。

レールの外れ方には、「外れたいから外れる」積極的なパターンと、「外れざるを得なかった」消極的なパターンがある。

やりたいことがあって新卒カードを捨てる場合は、(そのやりたいことが具体的でなくても)私は応援するようにしている。
なぜなら、今の20代前半は超売り手市場であり、失敗してもいくらでもやり直し可能だからだ。

しかし、こうさんの場合、やりたいことがあって留年したのではなく、留年せざるを得なかった状況だと思う。

消極的に外れたのに、その理由を直視せず、個性として売り出そうとしている。

本当にやりたいことがある人の場合、中退という道もあるが、こうさんが何をやりたいのかは「有名になる」以外は分からない。
このまま学業から逃げていると、3度目の留年を迎えてしまうのではないか……?

2度の留年=レールを外れた、とは私は全く思わない。
むしろ、有名ブロガーを目指して、また留年することの方が、ずっと危うい。
今から真面目に学業と就活に取り組めば、何の問題もないのに。

あわせて読みたい

「東京大学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    那覇市長選 与党が敗北した要因

    田中龍作

  3. 3

    韓国また合意棚上げ? 注目の判決

    tenten99

  4. 4

    3億円事件告白 出版社の仕込みか

    tokyo editor

  5. 5

    サウジ記者殺害 米IT企業が窮地?

    幻冬舎plus

  6. 6

    文大統領の苦しい国家運営と外交

    ヒロ

  7. 7

    「汚い顔は失礼」神田うのが炎上

    女性自身

  8. 8

    堀江氏「もう一度東大受ける」

    MAG2 NEWS

  9. 9

    50人以上応募 音喜多新党に期待

    早川忠孝

  10. 10

    マツコが悟った松田聖子のすごさ

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。