記事

米国ITベンチャー「やりがい搾取」の実態

1/2

(小説家、ジャーナリスト、脚本家 ダン・ライオンズ)

たいして儲かっているように見えないベンチャー企業が続々と高値で買収されていくのはなぜか? その背景には投資家たちのギャンブルじみた増資と、投資家好みに演出されたアッパーなオフィスと、目を輝かせながら低賃金で働かされる若者たちの姿があった。米誌『ニューズウィーク』をリストラされた50歳の記者が、ITベンチャー「ハブスポット」でみた「やりがい搾取」の実態とは――。

※以下はダン・ライオンズ『スタートアップ・バブル 愚かな投資家と幼稚な起業家』(講談社)の第12章「部品としての社員」からの抜粋です。

■取材経験25年でもわからなかった

どうやら私は、世間知らずだったらしい。25年間、IT企業について書いてきたから、この業界をわかっているつもりでいた。だが、ハブスポットで気づいたのは、自分が信じていた多くのことが間違っていたこと。


ダン・ライオンズ『スタートアップ・バブル 愚かな投資家と幼稚な起業家』(講談社)

たとえば、IT企業は、偉大な発明――目を見張るような機器や素晴らしいソフトウェア――から始まるものだと思っていた。アップルでは、スティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアックがパソコンをつくったし、マイクロソフトでは、ビル・ゲイツとポール・アレンがプログラミング言語を、のちにはOS(オペレーティング・システム)を開発したし、セルゲイ・ブリンとラリー・ペイジはグーグル検索エンジンをつくった。エンジニアリングが先で、営業はあとからついてくるもの。それが物事の仕組みだ、と信じていた。

ところが、ハブスポットはその逆をいった。ハブスポットの最初の社員の中には、営業のトップとマーケティングのトップがいた。ハリガンとダーメッシュは、まだ売る商品もなく、どんな商品をつくるかすらわからないのに、そのポジションに人を雇った。ハブスポットは売る商品を探しつつ、営業活動から始めた会社なのだ。

■「世界を変える」と口にする大勢の若者

そしてもう一つ、新しい仕事で学んでいることがある。それは、人々はいまだにこのビジネスを「テクノロジー業界」と呼んでいるが、実のところ、もはやテクノロジーは主役じゃない、ということ。「素晴らしいテクノロジーを開発すれば報われる、という時代は終わった」というのは、ある友人の弁。

彼は1980年代からこの業界で働いてきた元投資銀行家で、今はスタートアップ企業に助言している。「大事なのはビジネスモデルさ。市場は、一気に大きくなる企業の創業者にお金を払う。大事なのは、速く大きくなること。もうけるな、ひたすら大きくなれ、とね」

それが、ハブスポットがしていることだ。同社のテクノロジーはそれほど目を引くものではないが、収益成長率ときたら! ベンチャー投資家がハブスポットにどっさり投資するのも、「ハブスポットはIPOに成功する」と信じているのも、増収のおかげだ。ハブスポットが山ほど若者を雇う理由もそこにある。それが、投資家が見たがっているものだから――人生を楽しみ、「世界を変える」と口にする大勢の若者……。それが売りになるのだ。

■若者のやる気を搾取する

若者を雇うもう一つの理由は、安いから。ハブスポットは赤字経営だが、多くの人手が必要だ。何百人もの人を、なるべく安い賃金で営業やマーケティングといった部署で働かせるには、どうすればいい? 大学出たての若者を雇い、仕事を面白く見せるのも一案だ。

タダのビールやサッカーゲームテーブルを与え、職場には、幼稚園とフラットハウスを足して2で割ったような飾りつけをし、たびたびパーティを開く。そうすれば、やってくる若者が途切れることはない。そして年間3万5000ドルで、絶え間ないけた外れな精神的プレッシャーに耐え、クモザル部屋であくせく働き続けてくれる。彼らをだだっ広い部屋に、肩が触れ合うくらい密な状態で詰め込めば、さらにコストを削減できる。そして、こう告げるのだ。「オフィス空間にかかるお金がもったいないからじゃないよ。君たちの世代はこういう働き方が好きだから、こうしてるだけ」

さまざまなお楽しみに加えて、仕事を有意義に見せる神話づくりも大切だ。ミレニアル世代は、お金にはさほどこだわらないが、使命感に突き動かされる、と言われる。だから、彼らに使命(ミッション)を与えよう。

「君たちは特別な存在だ」「ここにいられるなんて、ラッキーだ」とささやき、「この会社はハーバード大学より難関だ」「君はそのスーパーパワーゆえに選ばれて、世界を変えるという重要なミッションに取り組んでいる」と持ち上げる。チームカラーとチームロゴを決めて、会社をチームに仕立て、全員に帽子とTシャツを配る。カルチャーコードをつくり、みんなに愛される会社づくりを語る。そして、「リッチになれるかも」という可能性をちらつかせる。

■アマゾンの平均的労働者は1年で転職

シリコンバレーには、影の部分がある。もちろんIT業界にも、明るく幸せに働いている人は大勢いる。だがここは、富が不平等に分配され、利益の大半は、自分たちの都合のいいようにゲームを操作してきた投資家と創業者のポケットに入る――そんな世界だ。

年を重ねた労働者は相手にされず、40歳になるとポイ捨てされる。雇用主が人種や性別で人を差別したり、時には創業者が反社会的なモンスターだと判明することもある。あまり(あるいはまったく)訓練を受けていない管理職が社員を馬車馬のように働かせたり解雇してもおとがめもなく、労働者への支援や仕事の保障もほとんどない、そんな世界でもある。

2014年12月、ジャーナリストのニコラス・レマンが『ニューヨーカー』誌にエッセイを発表した。レマンはこのエッセイの中で、ゼネラル・モーターズの伝説のCEO、アルフレッド・スローンが1964年に出版した回顧録『GMとともに』(有賀裕子訳、ダイヤモンド社)で述べた職場のビジョンと、グーグル幹部たちが次々と出版した本で説明しているビジョンとを対比させている。

スローンのGMを動かしていた20世紀モデルのもとでは、「社員の大半が労働組合に加入し、企業はホワイトカラーの社員に事実上の終身雇用を提供していた。社員は、就労期間中に着実に昇給し、退職後には年金が支払われた」と、レマンは書いている。状況が変わったのは、インターネット、とくにグーグルが登場してからだ。グーグルは、多くの労働者を抱えて成功した最初のインターネット企業だ。レマンによると、グーグルは「企業をいかに経営するか、そのルールを破ったこと」で成功した。

最大の破壊は、かつては企業と労働者の間にも、企業と社会全体の間にも存在した「社会契約」にまつわるものだろう。ほんの少し前には、企業が社員に気を配り、よき企業市民でなくてはならない時代があった。今日では、そんな社会契約は破り捨てられてしまった。

この「新たな職場」では、雇用主が労働者に忠誠心を期待することはあっても、お返しに雇用主が労働者に忠誠心を示す義務はない。人々は生涯続く安定した仕事を提供される代わりに、使い捨ての部品みたいに扱われている。

この部品は1~2年、会社に差し込まれているけれど、そのうち抜かれ、ポイ捨てされる。このモデルのもとでは、誰もがおおむねフリーランスで、短期契約を交わし、サービスを売る。一生のうちに、何十もの職場を転々とすることになるかもしれない。

あわせて読みたい

「ベンチャー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  2. 2

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  3. 3

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  4. 4

    消費税の使途変更めぐり解散表明

    BLOGOS編集部

  5. 5

    正恩氏声明が「読めない」と話題

    ロイター

  6. 6

    共産と協力へ 前原氏は支離滅裂

    和田政宗

  7. 7

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  8. 8

    核放棄で北に6兆円 報道の思惑

    NEWSポストセブン

  9. 9

    太平洋で水爆なら 大災害の恐れ

    ロイター

  10. 10

    稲田氏守るべく地元は結束ムード

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。