記事

再就職先で会社と仕事に溶け込む心得6 中小企業に馴染めない大企業シニア

1/2
大企業から中小企業に再就職すると、物の考え方や行動の仕方が大きく違って戸惑う。そうした際にトラブルにならないための方法を伝授する。

■多くの中小企業が人材難で困っている

再雇用の道を選ぶ人が多い一方で、人材の流動化が進み、大企業のシニア社員が中小企業に転職するケースも珍しくない。上田研二最高顧問が2000年に創業した高齢社は、そうしたシニア専門の人材派遣会社だ。登録社員は全員60歳以上で、定年はない。

中堅・中小企業などに約360人を派遣している(2016年当時)。ワークライフバランスを重視して、フルタイムの現役社員の1人分の仕事を、シニア社員が2人でこなす週3回勤務が標準だ。上田さん自身、東京ガスの出身で自身の経験から「中小企業でうまくやっていけない人には共通点があります」と明かす。

「中小企業でまず求められるのは協調性。中小企業にもそれぞれ組織のカルチャーがあって、それに馴染めない人は長続きしません。また、大企業出身者は、知識は豊富ですが、再就職先では人徳がないと勤まらない。思いやりがなく、他人を見下すような態度を取ったり、周囲に威張り散らしたりすると、確実に嫌われます。大組織にどっぷり漬かっていたせいか、自分の哲学がなかったり、指示がないと動かなかったりする人もよく見かけます。そういうタイプもNGですね」

図の円グラフにあるように、人材難で困っている中小企業が多い。それも、いい人材に恵まれずに頭を痛めている。1000人以上のシニアの再就職を長年サポートしてきたキャリアコンサルタントの古川晶子さんも、「大企業シニアは現在の自分が中小企業にとってどんな存在かが、わかっていない人が少なくないのです」と言う。


多くの中小企業が人材難で困っている

古川さんいわく、実はシニアの場合、大企業出身者にとっても中小企業への転職は狭き門。それなのにエリート意識が抜けず、「自分なら大丈夫だろう」と、高をくくってしまう大企業シニアがいるそうだ。

「『大企業のノウハウを教えてあげる』といった“上から目線”の勘違いが見受けられます。かつて、中小企業の採用試験に落とされ、『採用システムがなっていない。これだから中小企業はダメなんだ』と、逆ギレした人もいました。さすがに最近はそういう暴言を吐く人は影を潜めてきましたが、本音のところではどうなのでしょうか」

そして、自分を客観視できない大企業シニアに、古川さんは苦言を呈する。

「大企業シニアと面談していると、在職中の成功体験を滔々と語り、自分の優秀さをアピールする人がよくいます。でも、大企業は資金も人材も豊富。高い社会的信用もあります。そうした恵まれた条件だからこそ成功できたことを、思い返してください。それに、大きな組織のなかで仕事をしていたわけで、自分1人の力だけでなく、チーム全体の力があったからうまくいったはず。そのときの企業の戦略、企業を取り巻く経営環境もよかったのかもしれません。大企業シニアには諸々の外的要因を排除して、いまの自分にできるスキルを抽出してほしいのです」

人材開発コンサルタントの門脇竜一さんも、「中小企業へ移ると、新しい環境に適応できない大企業シニアが多いですね」と、シビアな見方だ。

「大企業から中小企業に転職したら、年収は半減するのを覚悟しないといけません。6割キープなら御の字ですよ。それが現実だと受け止めてください。それから、大企業と違って、中小企業では何でも1人で仕事をこなさなければなりません。周囲の人に『コピーを取ってきて』などと頼んでしまう悪いクセは、早く直しましょう」

あわせて読みたい

「再就職」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    定年後は蕎麦打ち職人になるな

    内藤忍

  3. 3

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  4. 4

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  5. 5

    高須氏「衆院解散は正しい戦略」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    豊田議員あと一歩で逃げ切り逃す

    文化通信特報版

  7. 7

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  8. 8

    豊田・山尾問題は孤独が原因か

    幻冬舎plus

  9. 9

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  10. 10

    共産の要求激化で選挙協力崩壊か

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。