記事

上手に子どもを褒めて、自信をつけてあげよう!

子育てをしていくなかで、保護者は、「褒めて育てたい」「褒めて育てるべき」ということは分かっているけれど、どんなふうに褒めてあげればいいのか分からないと思うこともあるのではないでしょうか。
「分かっているけど実行するのは難しい」というのが現実ですよね。そこで今回は、お子さまに自信をつけてあげられる上手な褒め方をご紹介します。

子供を褒めることの重要性

褒めることが大切なのは知ってはいるけれど、具体的にお子さまの成長にどう影響するのか分からない、という保護者もいることでしょう。そこでまずは、お子さまを褒めることの重要性についてご紹介します。

◆挑戦する気持ちや前向きに取り組む気持ちが芽生える
自分がやったことややろうとしていることを、否定された時どのような気持ちになりますか。ほとんどの人は嫌な気持ちになり、やる気が失せてしまう人もいるでしょう。
反対に褒められたら、嬉しくなり「よし、やってみよう」「またやってみよう」という気持ちになるのではないでしょうか。
お子さまも大人と同じです。保護者に褒められることで、自分は認められたという気持ちになり、やる気が生まれます。また、失敗した時でも頑張った過程や挑戦した気持ちを認めて褒めてもらえたら、もう一度チャレンジしてみようという気持ちになるでしょう。このように、褒めることは認めることであり、それが自信になり挑戦や前向きに取り組む気持ちにつながっていきます。

◆親に認めてもらうことで自己肯定感を育むことができる
褒めてくれる人の中でも、保護者から褒められることはお子さまにとって大きなパワーとなります。保護者はお子さまにとって、大好きな人であり、大きな信頼を抱く存在です。その保護者に、褒められることで自分が認められることは、大きな自信になります。
時には失敗したとしても保護者が「一生懸命頑張っていたよね」と褒めながら慰めることや「応援しているよ」と励ますことで、また頑張ろうと思えるものです。お子さまはこのように自分をきちんと見てくれている保護者に愛されていると感じることで、自分で自分のことを大切な存在だと思えるようになるでしょう。

では、どのように褒めることがよいのでしょうか。次に、褒めるコツをご紹介しますので、参考にしてください。

子供を褒めるコツ8つ

◆些細なことでも褒めてあげる
大きなことや特別な時だけでなく、些細なことでも褒めてあげましょう。「朝一人で起きられた」「公園まで一人で歩けた」など、日常生活の中でできたことを褒めてあげると、きちんと保護者が自分を見てくれていると感じられ安心します。
大人が当たり前にできることがお子さまにとっては挑戦だったり、ある程度一人でできるようになったことも、日によっては気分が乗らずできなかったりということもあります。できて当たり前と思わず、「今日も頑張ってできたね」「昨日より早くできたね」と、継続や小さな変化を見逃さず褒めてあげるようにしましょう。

◆結果ではなく過程を褒める
成功した時だけでなく、挑戦して努力した過程を褒めてあげましょう。もしその日は失敗してしまっても、頑張った過程を褒めてもらうことで、挑戦したことが大切だと思えるようになり、もう一度チャレンジしようという気持ちもわいてくるでしょう。

◆具体的に褒めてあげる
保護者が嬉しそうに拍手をしたり頭をなでてくれたりすることでも、お子さまは褒めてもらえたという気持ちを持てるでしょう。しかし、保護者は良くできたと思っていても、お子さま自身は失敗したと思っている時は、伝わらない場合もあるかもしません。
そのような時はお子さまの気持ちを理解し、「よく頑張ったよ。たくさん練習したものね。ママは知ってるよ」など、お子さまの頑張りを認めているよという具体的な言葉をかけることで褒めてあげるとよいでしょう。

◆「感謝」「感動」「成長を喜ぶ気持ち」を伝えることは褒めることと同じ
お手伝いをしてくれた時は、「お手伝いしてくれてありがとう」「ママ助かったよ」といった感謝を伝えると、褒められた時と同じように自分の存在を認められたと感じ、感謝の気持ちを知ることもできます。
また、絵を描いて見せてくれた時は「1歳の時は描けなかったけど、今は○○の絵が描けるようになったんだね!」と成長を喜ぶ気持ちを伝えてあげましょう。保護者が自分の成長を応援したり喜んだりする姿は、「いつも見てくれている」「またやりたい」という安心感や意欲を与え、自信にもつながっていきます。

◆赤ちゃんの褒め方
赤ちゃんは1歳になるまでに、たくさんの成長過程を経ていきます。眠っているだけだったのが笑うようになり、首が据わってお座りやつかまり立ち、歩くなど、保護者にとっては成長の一つひとつが嬉しいものです。その際、「笑った!かわいいね!」「すごいすごい!お座りできたね!」と、拍手しながら笑顔で大げさに褒めましょう。それにより「喜んでもらえて嬉しい」「できて嬉しい」という喜びの感情を学んでいきます。

◆2歳頃までの褒め方
2歳頃までは無条件に何でも褒めていいでしょう。特に、お子さまが「見て見て」と言って、自分で作ったモノやできたことを見せてくる時は、褒められたい気持ちが隠れています。
この時は、分かりやすい笑顔やオーバーアクションでしっかり褒め、気持ちを満たしてあげましょう。また、時間が経過してから褒めても何のことか分からなくなってしまう場合があるため、その場で褒めてあげることが大切です。

◆3歳児の褒め方
次第に個性が出てくる3歳児は、社会性が豊かになる分、褒め方のバリエーションを増やしていく時期です。大人の表情が読めるようになることや褒められて嬉しくても、嬉しいと表現できない、もしくはしないという行動が出てくるお子さまもいます。
そんな3歳児を褒めるポイントとして、まずはお子さまの気持ちに共感することが大切です。トイレトレーニングなどで失敗しても、悪かったことを指摘するのではなく、挑戦しようとした気持ちを認めてあげましょう。
また、お子さまによっては具体的な言葉で伝えることも必要です。その際、否定形ではなく肯定形を使い、褒めるようにしましょう。

◆4~5歳児の褒め方
4歳~5歳児では本音で褒めるようにしましょう。言葉も心も発達したこの時期は、本音でないことを見抜くお子さまもいます。
できたことだけを褒めることで、お子さまの心に残りやすくします。「○○ができたんだから、きっと○○もできるよ!」と褒めてしまいがちですが、プレッシャーを与えてしまうので、できたことだけを伝えましょう。
また「昨日はここまでだったけど、今日はこんなにできたね!」と、お子さま自身が成長や変化を意識できる褒め方をすることが重要です。

NGな褒め方5つ

・おもちゃやお菓子などモノでつったり、ちょっとしたことでご褒美をあげたりという方法は、もらえないとやらなくなるため避けましょう。

・お子さまが何を褒められたのか分からない漠然とした褒め方は、お子さまに伝わりにくいため、お子さまの行動に合った言葉で褒めてあげるとよいでしょう。

・保護者の望む行動をした時にだけ褒め、その逆の時は怒るという方法をとっていると、保護者の顔色を窺う自信のないお子さまになる恐れがあります。保護者の言うとおりにしなければ褒められないと考えるようになり、自己肯定感が低い子供になってしまうでしょう。

・他の子と比べて褒めると、他人に勝てば褒めてもらえるという考え方が定着し、次第に他人を見て優越感を抱いたり、自分を卑下したりするようになる恐れがあります。本来褒めることが自己肯定感を育むはずが、劣等感やよけいな競争意識を持つ子供に育ててしまうでしょう。

・努力した過程でなく結果ばかりを褒めると、結果を出さなければ褒められないというプレッシャーを感じさせ、「いい子症候群」にしてしまう恐れがあります。

子供を観察して褒め上手になろう

「褒めて育てる」=「叱らない育児」ではありません。命に関わる危ないことをした時などしっかり叱るべき時もあります。
しかし、褒めるべき時は、お子さまの気持ちを理解し、状況を読み取って、上手に褒められるようになるとよいでしょう。

プロフィール

監修:市川由美子

保育士として15年以上にわたり、福祉施設、託児所、保育園などさまざまな場面での保育業務に携わる。
食育実践プランナー資格も有している。

あわせて読みたい

「子育て」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    田中みな実 過激なお蔵入り写真

    NEWSポストセブン

  2. 2

    質問力なし 報道のTBSは死んだ

    和田政宗

  3. 3

    橋下氏 解散批判する野党に苦言

    橋下徹

  4. 4

    総理による解散は課題設定の権力

    三浦瑠麗

  5. 5

    小池氏が知事辞任し選挙出馬の噂

    三浦博史

  6. 6

    自民は本気の小池氏を甘く見るな

    安倍宏行

  7. 7

    北の日本攻撃ありうる歴史的背景

    ヒロ

  8. 8

    斉藤・山尾・今井 不倫の共通点

    NEWSポストセブン

  9. 9

    選挙前に分かる自分優先の政治家

    井戸まさえ

  10. 10

    小池氏会見まるでイキった大学生

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。