記事

フラット35の申込はどこがお得なのか

 長期固定金利が歴史的な低水準を維持していることもあり、住宅金融支援機構のフラット35が注目を集めています。しかし、機構が同じ条件で資金を調達しているにもかかわらず、最後の貸し手となる金融機関やフラット35専門のモーゲージバンクでは、提供する金利にかなり差があります。これは何故なのでしょうか。

 もともとこのフラット35は、住宅金融公庫が直接融資から撤退した時に、民間の金融機関でも長期固定型の住宅ローンを提供できるように考え出された方法です。

 政府系として信用のある機構が、有利な条件で資金を調達してそれを規模の劣る金融機関が利用することにより、低金利での長期固定金利型の住宅ローンの提供が可能になりました。

 しかし、いわゆるメガバンク等は何もフラット35を利用しなくても、自行で有利に資金調達できるため、自行のローンを提供したほうがいわゆる利ざやが稼げます。

 よって、おのずからフラット35に熱心になるのが、地方銀行や信用金庫、信用組合等の規模の小さな金融機関ということになるのです。  ですので、かならず自分と今まで関係のなかった金融機関も調べて見て下さい。予想もしなかった金融機関に、フラット35を申し込むというのはよくある話です。

あわせて読みたい

「フラット35」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    破断なら小室圭さんに1億円超か

    NEWSポストセブン

  2. 2

    小室圭さん 秋篠宮邸で門前払い

    NEWSポストセブン

  3. 3

    ブラタモリで新アナが残念な返答

    メディアゴン

  4. 4

    橋下氏 前市議の事実誤認に激怒

    橋下徹

  5. 5

    NHK 山口達也をスクープしたワケ

    文春オンライン

  6. 6

    安倍首相 支持率低迷で覚悟の時

    田原総一朗

  7. 7

    望月記者と共産党の繋がりに苦言

    和田政宗

  8. 8

    謝れない小池知事 数億円損害も

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    無法地帯? 事件続く川崎市の実態

    fujipon

  10. 10

    元記者が山口メンバー呼称を解説

    宮崎タケシ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。