記事
  • ヒロ

かたくなな姿勢

日経の電子版を開いて目に留まったトップ2つの記事。「きしむ米中、成果ゼロ 初の経済対話に北朝鮮の影」と「英の『清算金』で溝深く EU離脱第2回交渉」、それぞれの記事は国や組織がぶつかり合い、双方譲らない姿勢がありありと伝わってきます。

アメリカと中国の米中包括経済対話は双方の経済的便益について妥協点を探るのが目的です。記事によると3か月で60回も打ち合わせをしたにもかかわらず、まったく成果品が出ない惨状でした。一方の英国はEU離脱に伴うプロセスの一つで注目される離脱に伴う「清算金」の算出にEU側が最大1000億ユーロ(13兆円)を支払えと要求する可能性に対して英国側が激しく抵抗している様子がうかがえます。

たまたまこの二つの記事が並んでいたのでいろいろ考えを巡らせてみたのですが、世の中の頑なな態度は何処でも見受けられるようになりました。例えば北朝鮮の姿勢、イスラム国やシリアの問題、国内に目を転じれば出光創業者の姿勢や東芝の公認会計士の姿勢も「譲らない」の一言です。

いやいや、もっと身近な話ではこのブログのコメンテーターの皆さんも頑なですし、そういう私も譲らない一線があるのでしょう。つまり、世の中、あらゆるところで自分のスタイル、主義主張を貫き通すことが当たり前になってきたとも言えそうです。

何故だろう、と考えた時、上下関係が希薄になって道徳的バランスが欠如してきたから、という一案を提示したいと思います。

学校にモンスターペアレンツがやってくるという話はあちらこちらから聞こえてくる話です。我々が学校に通っていた時代には上下関係や主従関係がもう少し明白にあったと思います。つまり、学校の先生は「先生」であり敬われる人でありました。が、今は先生は単なる教員であって親と同等の関係であり、ひどい場合には託児所に預けているぐらいの感覚で「なんでうちの子は成績が上がらないのか?教え方が悪いのではないか?」と責任を押し付けてくる主張が平気でまかり通る時代になったといえないでしょうか?

もちろん、この風潮がプラスの成果を生んだものもあります。それはサービス残業。「時間通り帰るなんて」「残業時間は今月はこれぐらいにしておこう」などという調整はサラリーマン経験者はほぼ100%やったことがあるはずです。これは会社や上司に対して一定の遠慮があり、「雇われている」という従の関係が存在したからです。しかし、今は雇う側である「主」と逆転劇すら起き、サービス残業という負の遺産が次々と取り払われているのが実態だろうと思います。

この背景の一つには透明化によるポジションの変化があげらそうです。

安倍政権や自民党がなぜこれほど苦境に陥り始めたのでしょうか?マスコミが次々と「成果品」を見つけ出し、「なかったこと」にしていたあれやこれやの事実が暴露されているからでしょう。政権はそのドライバーズシートに座り絶対権力を振りかざしていたはずが、助手席や後部座席から細かくそのドライブレコーダーを分析されているとも言えます。偉い人は偉くなくなったのでしょうか?

第三次世界大戦があるのか、と言われると最近、それが想像できなくなりました。かつての戦争はチームAとチームBが連合なり同盟を結んで敵味方に分かれて戦いました。仮に今、皆で戦争をするならだれが敵で誰が味方か全然わからない入り乱れたものになる気がしませんか?

その背景を作ったのがG20とアメリカの世界の警官からの退任であります。今までは先進国がリーダーシップを取り、途上国は先進国の手引きを受け、資金を援助してもらい、教えを請い、直接投資を導き入れ、潤うことを考えました。今は資金は勝手に入ってきます。(中国のアフリカに対する支援が好例でしょう。)教えてもらわなくても情報は入手できます。直接投資は投資家が儲かると思えばどんどんやってきます。こうなればどこの国も同じ立場、同じ声の大きさ、同じだけのでかい態度を取ることができそうです。

私が憂うことはこんな人間社会で良いのだろうか、ということです。なにか、大きくずれてきた気がします。「力を合わせて」という言葉は高齢になると一人では立ち行かなくなるなかでごく普通に使われてきました。今、力を合わせなくてもおひとり様生活はほぼ不自由しないという方も多いでしょう。

どこかがおかしいのですが、自分を含め、その修正する軌道が見つからず歯がゆいのが本音であります。

では今日はこのぐらいで。

あわせて読みたい

「コミュニケーション」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パチンコ団体の無茶な主張に呆れ

    宇佐美典也

  2. 2

    発言捏造? 水原希子の動画を検証

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    解散を要求していたのは野党側

    和田政宗

  4. 4

    議員秘書が明かす蓮舫氏の悪評

    fujipon

  5. 5

    キンコン西野「素人の演出迷惑」

    メディアゴン

  6. 6

    よしのり氏「山尾氏は謝罪不要」

    小林よしのり

  7. 7

    橋下氏「北対策はヤクザに聞け」

    PRESIDENT Online

  8. 8

    豊田議員糾弾は大衆によるリンチ

    小林よしのり

  9. 9

    民進・岡田氏 解散の違憲性指摘

    岡田克也

  10. 10

    トランプ氏 国連演説で北に警告

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。