記事

外様に冷たい熊本では打倒・秀岳館で包囲網敷かれる


【甲子園出場目指し各地で熱戦が繰り広げられている】

 夏の高校野球シーズンが到来し、全国の地方大会で熱戦が繰り広げられている。熊本で波乱があった。センバツに出場した熊本工業が3回戦でノーシードの菊池に敗れたのだ。大会前、120年の歴史がある同校を訪れた際、エース右腕である山口翔はこう話していた。

「注目してもらっている今だからこそ、ワンチャンスを掴んで、もう一度甲子園に出たい。秀岳館をギャフンと言わせたいです」

 名前の挙がった秀岳館は、3年前に鍛治舎(かじしゃ)巧監督が就任し、昨春から甲子園に3季連続出場、3大会連続ベスト4に進出している。

 打撃の神様と呼ばれた川上哲治(熊本工業OB)を生んだ熊本は、高校野球の盛んな地域。公立校や地元出身者を熱烈に応援する一方、外様には冷たい。

 社会人野球・パナソニックの監督を務め、NHKの高校野球解説も務めていた鍛治舎監督は、秀岳館に着任するまで率いていた大阪・枚方ボーイズの選手たちをこぞって熊本に動員。“大阪第二代表”と揶揄され、地元ファンから野次られながらも、一昨年秋から県内では無敗だ。この夏のチームは川端健斗と田浦文丸という、共に140キロを優に越える直球を武器とする左腕がいる。

 熊本工業が敗れた今、秀岳館の力は突出しているように見えるが、一矢報いるのは、どこだろうか?

●文/柳川悠二(ノンフィクションライター/『永遠のPL学園』著者)

※週刊ポスト2017年8月4日号

あわせて読みたい

「高校野球」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    年金受給 何歳から貰ったら得か

    竹中正治

  2. 2

    安倍首相 欠席のふりして平昌へ?

    天木直人

  3. 3

    松井府知事の名誉毀損訴えに反論

    米山 隆一

  4. 4

    ブラタモリらしくない演出に失望

    メディアゴン

  5. 5

    混迷する朝鮮 文大統領に悲壮感

    ヒロ

  6. 6

    元朝日記者の日韓合意批判に疑問

    NEWSポストセブン

  7. 7

    電ファミ 誤報も開き直りで炎上

    tenten99

  8. 8

    核兵器の文句は日本より北に言え

    文春オンライン

  9. 9

    IKEA無料ソフトクリームは大成功

    東龍

  10. 10

    昭恵氏 総理の実家避けホテル泊

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。