記事

逮捕された「社交界のプリンス」って何者? 過去には『さんま御殿』に出演、社交界をテーマに講演の実績も

「社交界のプリンス」を名乗り活動していた熊谷祐樹容疑者(32)が、児童買春・ポルノ禁止法違反等で7月21日逮捕された。日本テレビなどが報じている。

報道が出るや否や、その名称のセンセーショナルさに驚くネットユーザーが相次ぎ、「何者なのか」という疑問が沸き起こったが、熊谷氏はどういった活動をしてきたのだろうか。

mixiには「20歳にして念願のジュエリービジネスを始め現在に至る」

公式サイトの画像
公式サイトの画像

熊谷容疑者の公式サイトによれば、「国際文化人」「王侯貴族文化研究家」としてメディアに出演していたとある。主な活動は

「王侯貴族文化の研究や伝統継承し、世の中に再発信することをライフワークとしている」
「世界の王侯貴族などの社交界の人脈を背景に、王皇族、要人、大使、文化人などとの親善や新世界秩序構築に勤める」

と説明されており、詳細は不明だが「称号及び爵位を受爵」した経験もあるとしている。

2010年には明治記念館やホテル西洋銀座などで、マナーや文化に関して講演も行っていた。講演依頼サイトの経歴には、11歳頃からプロトコルを学び、ヨーロッパ王侯貴族文化・美術や音楽などに触れてきたと書かれている。14歳で本格的な王侯貴族文化・国際政治の研究を始め、16歳で「文化的側面から社交界デビュー」、17歳で「社交界のプリンスとしてVIP達と交流」とあった。

しかし、2007年にmixi上で作られた「熊谷裕樹 王子コミュ」には

「17歳の時にレストランを起業し、18歳で近くの横田基地の近くにブティックを開く。20歳にして念願のジュエリービジネスを始め現在に至る」

と記載されており、大分食い違っている。

また、2011年にはバラエティ番組『踊る!さんま御殿』(日本テレビ)に出演。明石家さんまさんが、「社交界のプリンス」の周囲にSPがいたことを明かし、観客がどよめく一幕もあった。ただ、あくまでも色物扱いされ、他の出演者からは完全に浮いていた。

ブログでは著名人との親交を伺わせる記述も

熊谷容疑者は2007年からブログを始めている。ブログでは

「パーティー終了後 デヴィ夫人のご自宅にお邪魔させていただきました。素敵なご自宅の中で楽しくお話会などをしました。デヴィ夫人のワンちゃんもかわいかったです」

と、華やかな日常が記録されていた。同年2月24日には「王子辞典記念セレブリティーパーティー」が開催され、「主賓 旧皇族 竹田宮 恒泰様 に御出ましいただくことができました」との記述があるなど、写真や文章から、様々な著名人と親交があることを匂わせていた。しかし、何がどこまで本当なのか、謎は深まるばかりだ。容疑に対し熊谷容疑者は、黙秘を続けていると報じられている。

あわせて読みたい

「児童買春」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    首相発言が匂わす検察の国策捜査

    郷原信郎

  2. 2

    右翼3人との乱闘を収めた辻元氏

    辻元清美

  3. 3

    アベノミクスで潤う富裕層と自民

    国家公務員一般労働組合

  4. 4

    舛添氏「知事ならない方がいい」

    AbemaTIMES

  5. 5

    ビットコイン急落 原因は勘違い

    広瀬隆雄

  6. 6

    文春の「鬼畜」医師報道に疑問

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    よしのり氏「枝野氏が最も保守」

    小林よしのり

  8. 8

    人気精神科医 10代患者と性関係

    文春オンライン

  9. 9

    よしのり氏 若者に媚びたら最期

    小林よしのり

  10. 10

    立憲の「まっとうな政治」に疑問

    鈴木 たかこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。