記事

「世代間格差〜若者は犠牲者!? 老人天国ニッポン〜」

1/10
 経済学者の池田信夫氏が、ゲストに城繁幸氏、小黒一正氏、高橋亮平氏の3氏を迎え、10月12日にUstreamで生中継された座談会。今回は『世代間格差』をテーマに、現在の日本で確実に進みつつある破綻の要因について深く語り合った。マスメディアや政治が黙殺する、世代間の不公平な状況とは? 現在日本が抱える真の問題を深くえぐった座談会の模様をお送りする。

池田:皆さん、こんばんは。毎月1回お送りしていますBLOGOS対談。本日は『世代間格差』というテーマで3人のゲストに来て頂きました。
まず、人材コンサルタントの城繁幸さん、一橋大学経済研究所准教授の小黒一正さん、そして市川市の市議会議員を経て現在はNPO法人Rights副理事の高橋亮平さんです。3人は今年の6月、『世代間格差』という本を出されました。まず『世代間格差』という言葉そのものが、あまり世の中で知られていません。まず、簡単にこの言葉を説明して頂けますか?

城:皆さんも社会保障や年金の問題は実感されていると思います。どんどん条件も悪くなっている上に、保険料も上がって来ています。2004年の改革の時点では『100年は安心』と言われていたにも関わらず、よくよく見てみると、どうも大本営発表と数字が違っている。厚生労働省の発表だと、賃金上昇率は2.5%はないとおかしいのに、実は減っています。
どんどん積立金は黒字化して増えて行くはずなのに、もう今年から取り崩しが始っている。そして、財政赤字はどんどん積み重なっていく……。果たして僕らは、上の世代のように豊かな老後を迎えられるのだろうか? それを様々な分野、社会保障や財政などの有志が集まってまとめたのが『世代間格差』です。

『世代間格差』は、先日の日経新聞にも掲載されましたが、60歳以上と20歳未満の将来世代も含めて、社会保障費用として国にお金を払って、代わりに自分が受け取る金額。つまり受益と負担の格差です。これがだいたい1億2000万円を超えています。

池田:僕らが聞いてる数字よりも、だいぶ多いですね。これ(表1)は、経済財政白書で発表されたグラフです。この表では、60歳以上が5700万円のプラス。それに対して将来世代が約4000万円ものマイナスになっています。トータルで約1億円近くの差が生じています。この差がもっと大きい推計もあると?

城:鳩山(由紀夫)政権が盛大にばらまいたので、悪化したんですよ。

池田:これが一番はっきりした格差ですよね。他の指標ではここまで条件の差がありません。生まれた時期が違うだけで生涯収入が1億円も違うなんて、他にこんな国は見当たらないですね。

小黒:このような話は『世代会計』と言います。日本とアメリカなど、色々な国を比較してみても、ここまで突出した国は日本しかありません。90年代後半にアメリカの学者、ローレンス・コトリコフが有名な『世代会計』を作りました。『世代間格差』を把握するためのひとつの指標なんですが、これに当てはめると日本が最悪でした。そして、さらに悪化しつつあるというのが、今の現状です。

トピックス

ランキング

  1. 1

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  2. 2

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  3. 3

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  4. 4

    消費税の使途変更めぐり解散表明

    BLOGOS編集部

  5. 5

    正恩氏声明が「読めない」と話題

    ロイター

  6. 6

    共産と協力へ 前原氏は支離滅裂

    和田政宗

  7. 7

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  8. 8

    核放棄で北に6兆円 報道の思惑

    NEWSポストセブン

  9. 9

    太平洋で水爆なら 大災害の恐れ

    ロイター

  10. 10

    エプソン 腕時計市場参入の狙い

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。