記事

松居一代が船越のマンションに侵入して残した遺書を公開

松居一代が残した遺書には驚きの内容が…

【松居一代が残した遺書には驚きの内容が…】

 公開された暴露動画は第11弾を数えた。なぜ松居一代(60才)はこれほどまでに船越英一郎(56才)を執拗に攻め続けているのか。決定的な証拠も何もない不倫を糾弾し、夫だけでなく一般女性の名誉を毀損し、今度は7年も前の一通の手紙を持ち出して夫の女性関係を声高に叫ぶ。それでも彼女は溜飲を下げることなく、熱を上げていくのはなぜなのか。

「何をしてでも、自分がどうなっても船越さんの地位をとにかく地に落としたい一心でしょう。松居さんの行動はそのためにこの3か月、自作自演の準備を続けてきたように見えます。さすがにもう見ていてつらい。なぜ彼女が引き返せなくなってしまったのか、松居さん自身にももう一度自分のしたことを振り返ってほしい…」(松居の知人)

 ここに本誌・女性セブンが入手した2通の「遺書」全文がある。今年4月に松居から船越宛に書かれたものだ。自筆で乱れることなく書かれたその文面を見ると、今回の騒動の奇妙さが浮かび上がってくる。

 松居はブログや動画で私生活を公開することによって世間の注目を集めている。アクセス数も多く、それが大きな収入に繋がっていると見られる。自分や夫、無関係の女性たちのプライベートの暴露が、彼女のビジネスにもなっている。それと同時に、自分に都合の悪い事実は公開されず、闇に葬られたままだ。

 騒動の真相はどこにあるのか──そのような状況を鑑みて、女性セブンは松居がしたためた「遺書」の公開に踏み切った。

 船越が松居に真剣に離婚の意思を伝えたのは2015年11月のこと。別居生活を続ける中で、半年後の2016年5月に再度話し合いの場を持ち、松居は「2017年2月まで待ってくれれば素直に離婚に応じる」と言い、円満に卒婚できるのであればと船越も納得していた。

「ですが2月が近づくと松居さんは離婚しないと言い出しました。船越さんがNHKの『ごごナマ』の司会が決まったこともあって、“離婚はできないだろう”という計算もあったのかもしれません。そのまま話し合いは4月にもつれ込んだんです」(前出・松居の知人)

 4月18日深夜、松居は別居先である船越のマンションを訪れた。

「離婚はしたくない。もし離婚するならすべてを暴露するという話だったようです。離婚するなら死ぬというようなことも口走って…。船越さんは必死に松居さんをなだめてなんとかその場をおさめたんでしょう」(松居を知る芸能関係者)

 しかし翌19日、松居は船越に「死ぬ」と伝え、自宅寝室に船越と息子に1通ずつ遺書を宛て、行方不明になった。

 自宅に残された「遺書」にはこう綴られていた。

《船越栄一郎さま(※編集部注 原文ママ)

 最後に顔をみられてうれしかったです。この一年半は時間が止まったようで、とてもつらい毎日でした。(中略)

 ずっと反省をして毎日耐えてきましたが、もう自分を支えることができなくなってきました。とても愛していました。遠くからでもいいと思って毎日過ごしてきましたが、もうひとりの寂しさに耐えていくことが苦しくなってしまいました。勝手をしますが、息子(原文では実名)のことを御願いします。最後にせなかをさすってくださってありがとう さようなら》

「今までも死ぬとわめくようなことは何度かあった。でも、そういった形で遺書が書かれていたのは初めてだったので、船越さんは相当取り乱していたようです。周囲が大丈夫だよと言ってもまったくダメ。船越さん、7年前に妹さんを自殺で亡くしていますから…。とにかく関係各所に徹夜で連絡をとっていた」(船越家の関係者)

 4月20日朝、松居から連絡が入り、無事がわかった。

「ただ、松居さんは遺書を書いたような弱々しい雰囲気はまったくなく、毅然と“1億円の投資信託を解約して支払ってください”と要求してきたそうです。そうでなければ本当に死ぬ、と。それで船越さんはすぐ解約の手続きに動いた。でも周囲が大反対したんです。自殺騒ぎの翌日にお金を要求してくるなんてあまりにおかしい。死ぬことはないから絶対に支払ってはいけない、と。船越さんも周囲に押される形で解約をとりやめた。松居さんとしては絶対に支払われると思っていたんでしょうね、怒りが止まらないようでした」(前出・船越家の関係者)

 4月22日昼、松居は何事もなかったようにブログで《20分後QVCに出ます(中略)素晴らしさを伝えたいの 13時からです 水ファンデーションです》と通販番組に出演することを報告したため、関係者は「やっぱり狂言だった」とホッとしたという。

 が、4月23日、松居は再び自殺騒動を起こす。船越のマンションに侵入騒動がありスタッフがかけつけると、玄関には「私の死に場所はここだと思い開けました」とマジックで書かれた紙が置かれていた。そしてそれとは別に9枚にわたる「遺書」も残されていた。

《私は愛しすぎて好きすぎて愛の形がまちがった方向へいってしまったのですね。もう十二分に反省をしました。書くことなんかできません。言葉なんかに表現することもできません》

「船越さんに対する謝罪と息子を育ててくれた感謝が綴られていたようです。でも、何か決定的に変なんです。状況を見ると、人に読まれることを意識して“遺書”を作ったとしか思えない」(前出・芸能関係者)

 自殺騒動を起こした翌日に1億円を要求して激怒したかと思えば、すぐにテレビに出演、再び自殺騒動を起こす。まったく脈絡もなく、矛盾した行動だが、その後、これらの経緯を週刊誌に記事にしないかと持ち込んでいるために、「初めから週刊誌に情報を持ち込むための自作自演なのでは」と関係者は疑っていたという。

「2回目の騒ぎは少なくとも船越さん宅に不法侵入するための口実を作りたかったんじゃないかと今は思うんです。“自殺するほど思い詰めて入ってしまった”と言えば、言い訳が成り立つと思ったんでしょう。現にその時にノートやパスポートがなくなっています。自殺を隠れ蓑に、勝手に船越さんの物を持ち出したとしたら…」(前出・芸能関係者)

 眠れぬ日々の心労に倒れた船越は、5月に入り弁護士事務所に相談。離婚調停申立書の作成を始めた。

 一方、「遺書」で反省と悔恨を滔々と述べていたにもかかわらず、すぐに松居は『週刊文春』とコンタクトをとりはじめ、「復讐」の舞台の幕を開けていた。

※女性セブン2017年8月3日号

あわせて読みたい

「松居一代と船越英一郎の離婚騒動」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    年齢で正社員募集する日本は異常

    城繁幸

  2. 2

    超高額イージス導入で国防は弱化

    清谷信一

  3. 3

    ツリー炎上 嘘を重ねるネット民

    赤木智弘

  4. 4

    北の木造船 逃走の狙いは迎えか

    AbemaTIMES

  5. 5

    焦点:EV大手テスラ、ささやかれる「拙速な製造」の...

    ロイター

  6. 6

    「笑いは残酷」北野武が映画語る

    fujipon

  7. 7

    トランプ氏に何もできないアラブ

    野口雅昭

  8. 8

    食べログは禁煙店の加熱式可外せ

    NATROM

  9. 9

    保育園問題 苦情多いのは高齢者

    文春オンライン

  10. 10

    Suicaで新幹線 JR東日本で可能に

    S-MAX

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。