記事

気鋭の哲学者・千葉雅也の東大講義録 #1「勉強とは何か」

『勉強の哲学 来たるべきバカのために』の発売から3か月あまり。現在5刷4万5000部と版を重ね、「東大・京大で一番読まれている本」にもなった。5月25日には、東大の駒場キャンパスにて、著者の千葉雅也さんによる「勉強の哲学」講演会が開催。かつての学びの地である駒場にて、『勉強の哲学』のポイントを紹介しつつ、教養教育の意義が語られた。その一部を掲載する。



なぜ勉強を語るのか

『勉強の哲学』では、勉強に対する心構えや僕なりの勉強の原理論、読書によって考えを広げるための実践的な方法まで、大学に入ってからの勉強、そして研究につながる話を展開しました。駒場生の皆さんや、大学1、2年生の皆さんにぜひ読んでほしい本です。この本が生まれる背景には、僕自身の駒場での学びの体験があります。そこには、自己変革をともなう、深くてヤバい学びがあった。今日は、大学生活を振り返りながら、今の時代に勉強することの意義について考えていきたいと思います。

 なぜ、勉強を語るのか。背景には今の時代状況があります。大学にしても政治にしても、世の中の雲行きが怪しくなっている。実学志向で教養軽視の風潮が強まっていますが、それは、より従順な主体を作ろうという動きの一環に他なりません。

 僕のツイッターでのいささか大学教員らしからぬ振る舞いなどは、従順化を強いる世の中への抵抗でもあるのですが、こんな中で重要なのは、いかに自分自身で情報力や思考力を養い、身を守っていくかなのです。現状の社会システム評価軸の中で成功したいという短絡的な姿勢ではなく、システムを深いレベルで変えようとするような生き方が必要です。そのためには、何よりも勉強することなのです。

東大入学からデビューまで

 本論に入る前に、経歴を少しお話しさせてください。

 僕は、今から20年前の1997年、東京大学の文科三類(以下、文3)に入学しました。最近、90年代のサブカルチャーがリバイバルしているそうですが、それを知るにつけ、時の流れの速さに驚かざるをえません。卒業したのは2000年で、指導教員は、中国哲学が専門の中島隆博先生でした。中島先生には、続けて修士課程までお世話になりました。僕は、中島先生が駒場に着任されて最初の卒論指導の学生です。

 修士論文は、ドゥルーズの哲学における「動物になること」というテーマに関するものだったのですが、当時、中島先生は『荘子』の「胡蝶の夢」を研究されていて、荘子とドゥルーズを比べながら「変身」を論じるという横断的な指導を受けました。

論文で行き詰まって研究室を訪ねると、先生は、古代中国の賢者のように、あるいは巫女の口寄せのように、ほとんど暗号のような、独特の語り口で圧縮されたアドバイスを発してくれたものです。それは、当時の僕一人ではとても考えが及ばないような、“遥かに先のところ”から飛んでくる言葉でした。


©末永裕樹/文藝春秋

 最初の書籍は、『動きすぎてはいけない――ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学』(河出書房新社)ですが、これはドゥルーズ&ガタリの哲学を「接続と切断」という観点から研究した博士論文を改稿したものです。

研究者を目指す方の多くは博論の書籍化を目指すと思いますが、博論が学術書としてだけでなく一般書的にも読まれるという出版状況は、少し上の世代から始まりました。その代表は、1998年に刊行された東浩紀さんの『存在論的、郵便的』(新潮社)でしょう。あの本は僕がこの道を志した重要なきっかけです。僕の世代の大学院生にとって、東さんは憧れのモデルだったと思います。

 2冊目は、『別のしかたで――ツイッター哲学』(河出書房新社)という、過去のツイートを選んで配列した本です。奇妙な本なのですが、僕の実存的な背景がわかるものだと思います。僕はそもそも、書き方を実験することに興味があります。専門書としての哲学書を書くことも大事な仕事ですが、書き方自体で新しいことをしたいとつねに考えている。

フランスの哲学者は妙な本を書くことがしばしばありました。デリダは架空の書簡を書いていたり、バルトは『明るい部屋』という、写真論であり哲学書でありエッセイでもある本を書いています。僕もそういったいかがわしい本を書きたいのです。

 今回の『勉強の哲学』も、そんな僕の欲望が形になったものです。この本は一見、自己啓発本めいた体裁をしていますが、これは “擬態”です。自己啓発本をハッキングするようなパロディを試している。ところで、インテリはたいてい自己啓発本をバカにするものです。多くの自己啓発本では、生産性を高めて自己責任の世の中を生き残っていけ、と煽るわけですが、どれを読んでも同じようなライフハックが書かれている。だからそれは、本当に知的なものだとは見なされません。

でも、なぜそういうものが人を惹きつけるのかは、精神分析的に考えても、深い問題です。今回僕は、自己啓発的なものの魅力にわざと感染してみて、僕なりに“メタ自己啓発的”な書き方を実験しています。というのは、自己啓発的なメッセージを発しているようでありながら、同時に「自己啓発とは何なのか」という距離を取った問題意識をもっているということです。実際に使える実用書でもありながら、自己啓発という言説形態、書き方についての研究書でもある。

「深く」勉強するということ

 では、そろそろ本題に入りましょう。

 現代は、「勉強のユートピア」だと言えます。僕が90年代末に学生だった頃に夢見ていた、いくらでも勉強できる環境が整っている。ネットには、百科事典もあるし(ウィキペディアは情報の信頼性に問題がありますが、スタンフォード哲学百科事典のように専門家のチェックを経ているものもあります)、査読論文もあるし、公式の統計データもある。

一方で、紙の本に目を向ければ、2000年代から、入門書が充実してきています。第一線の専門家が、明快な解説を書いてくれるようになった。哲学で言えば、昔なら、ハイデガーの『存在と時間』をいきなり読め、と言われたりしたものですが、今は最初の一歩を踏み出すのにふさわしい新書や選書が出ています。どんな分野でも、「まずは入門書を読んで勉強しよう」と気軽に言いやすい時代になりました。

 しかし一方で、今は情報が過剰であって、そのためにかえって勉強の意気がそがれる面もあると思うのです。そこで大事なのが「有限性」の設定です。情報を絞って、「ここまでの範囲でいい」と設定することです。

たとえばハイデガーを学ぶ際には、「まずはこの3冊だけ読んでみよう」というように有限化する。その範囲で足場を固めることから始める。教師の役割も、まさにそこにあります。教師とは、豊富に知識を与えてくれるというよりも、「まずはこのくらいでいい」と、勉強の有限化をしてくれる存在なのです。有限化の装置なのです。

だから皆さん、先生や先輩と話をする時には、どんな有限化をしているかに敏感になることが大事です。それこそが経験者の知恵なのです。

『勉強の哲学』では、「深く」勉強するとはどういうことかを考察しています。一般的には、勉強とは、これまでの自分に新しい知識やスキルが付け加わるような、自己が増強されるようなイメージかもしれません。

しかし、これまでの自分の価値観が変わってしまうような勉強が、「深い勉強」なのです。外国語を覚えるとかある分野の固有名詞を覚えるような「いわゆる勉強」が、実は、深い勉強につながっている。自分の殻を打ち破って、新たな生き方へと「変身」するような勉強です。

この意味で、勉強とは自己破壊なのです。今までの自分を根本から揺さぶる、ラディカルな変身=自己破壊。しかし、多くの人はこれを恐れている。なぜなら、かつての自分を失いたくないからです。それは時に、損をすることにもなりかねません。

 一般に世の中には“勉強フォビア”があります。多くの親は子どもに「勉強しなさい」と言いますが、それはほどほどに、であることが多いはずです。ほどほどに勉強して、社会にうまく適応してほしい。勉強しすぎて、ヤバいやつにはなってほしくないのですね。

むしろ国家、あるいは家庭の、様々な環境の統治になじみやすい人間であってほしいというのが大方の本音でしょう。世の中には、様々なテクニックを使って人間を統治するシステムがあります。あるいは、ノリをあわせなければならないような同調圧力がある。ならば勉強とは、そういうシステムや空気を分析し、「それに捕らえられない自分の生き方」を開いていくためにやるのでなければならないのです。

ドゥルーズ&ガタリの言葉を引くならば、それは「逃走線」を引く、ということです。一見がっちりと統治で固められたシステムの中に、裏口から抜けていくルートを見つける。社会システムを自分なりに捉え直し、別の価値を作りだすことで、「いまここ」にはない逃走線を引く――勉強とは広く、統治に対する抵抗にもなりうるのです。

“キモくなる”段階を通過し“ノリへ戻る”

 さて、このあたりで『勉強の哲学』の大まかなポイントを説明しましょう。この本では、会社や家族や地元といった「環境」に依存した状態がデフォルトであるとして、勉強することで、そこからどのように自由になるか、ということを大きなストーリーとして書いています。ある特定の環境のコードに従順な、周りのノリにあわせた状態は「保守的」であると言えます。

だとすれば、勉強によって身につけてもらいたいのは、「批判的になる」ということです。今とは別の可能性を批判的に考えてみる。それは、あえて「ノリが悪いこと」を考えてみることです。自分が慣れ親しんだ環境のノリから離れてみる。自由の余地は、むしろ「ノリが悪い語り」に宿るのです。しかしそれは、かつていた環境からは「浮く」ような語りでしょう。

 同調圧力の強い日本では、「出る杭は打たれる」と言われるように、自分独自の考えを持ったり、批判意識をもつと、周囲のノリからずれてしまうということがよくあります。しかし、勉強するというのはつまり、そうしたズレを生きることなのです。この本ではそれを「浮く」とか、周囲から見て「キモく」なると表現しているのですが、まずは勉強することで浮くことを恐れるな、と言いたい。

今までのノリから別のノリへ引っ越す途中では、居心地の悪い思いをするかもしれない。でもそれは、今より可能性をたくさん描けるようになるための変身過程だと捉えてほしいのです。


©末永裕樹/文藝春秋

 では、勉強を深めるとキモくなるのだとして、周りのノリから意識的に距離をとるには、どうしたらいいのか。この本では、そのためのメソッドを「アイロニー」と「ユーモア」という二つの概念によって説明しています。

アイロニーは、ものごとの根拠を疑うこと。会話のシーンで考えるならば、話のちゃぶ台をひっくり返すような発言をすることですね。「不倫は悪だ」とみんなが話しているとして、「本当に悪なの?」と突っ込みを入れるような発言。

一方で、ユーモアは別の視点を持ち込んで、話を転々とさせること。本書で挙げた例では、たとえば、「不倫は音楽のようなものだ」と、ボケるような発言をすることです。こうした発言をする人は周囲のノリから浮くし、キモくなります。

しかし、アイロニーとユーモアこそが、勉強の第一歩であり、自由のための思考スキルに対応しているのです。

 ともかく、勉強によって変身するためには、このキモくなるという段階を通過しなければなりません。周りのノリにあわせている第一段階を「バカ」だとすると、そこから距離をとってキモくなる、浮くのが第二段階です。

しかし、単に浮いているだけではなく、第三段階として、再びノリへ戻るということも書いています。本の刊行以後、この第二段階の記述をとらえて、「キモい自分が肯定された」といった共感の声がたくさん寄せられています。それはそれで嬉しいのですが、僕が強調したいのは、そこにとどまらず第三段階へと抜けていくことです。

アイロニーとユーモアの言語技術を自覚して、最終的には、そのギアを自由に入れたり入れなかったりできるようになる。場に応じて浮く/浮かないのスイッチング、複数のノリの行き来をできるようになること。それこそが、サブタイトルにある「来たるべきバカ」なのです。

文責:文藝春秋第一文藝部

※気鋭の哲学者・千葉雅也の東大講義録 #2「勉強は変身である」に続く

ちば・まさや/1978年栃木県生まれ。東京大学教養学部卒業。パリ第10大学および高等師範学校を経て、東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論コース博士課程修了。博士(学術)。哲学/表象文化論を専攻。フランス現代思想の研究と、美術・文学・ファッションなどの批評を連関させて行う。現在は、立命館大学大学院先端総合学術研究科准教授。著書に『動きすぎてはいけない――ジル・ドゥルーズと生変化の哲学』、『別のしかたで――ツイッター哲学』、訳書にカンタン・メイヤスー『有限性の後で――偶然性の必然性についての試論』(共訳)がある。今年5月には『勉強の哲学 来たるべきバカのために』を出版し、「東大京大で一番読まれている本」になった。

(千葉 雅也)

あわせて読みたい

「大学教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  2. 2

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  3. 3

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  4. 4

    消費税の使途変更めぐり解散表明

    BLOGOS編集部

  5. 5

    正恩氏声明が「読めない」と話題

    ロイター

  6. 6

    共産と協力へ 前原氏は支離滅裂

    和田政宗

  7. 7

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  8. 8

    核放棄で北に6兆円 報道の思惑

    NEWSポストセブン

  9. 9

    太平洋で水爆なら 大災害の恐れ

    ロイター

  10. 10

    稲田氏守るべく地元は結束ムード

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。