記事

先頭で「びしょ濡れ」の上司に部下は従う 「タカタ倒産」にみる指揮官の覚悟

1/2

製造業として戦後最大の倒産となったタカタ。経営コンサルタントの筆者は、経営破綻の要因として「『指揮官先頭』が欠けていたから」と指摘します。筆者は「指揮官先頭」を貫いた人物として、日本海海戦での東郷平八郎をあげます。リーダーはどんな覚悟をもつべきなのか――。

■17人の死者にどんな覚悟で臨むべきか

大手自動車部品メーカーのタカタ(東証1部上場)が、6月26日、東京地裁へ民事再生法の適用を申請しました。負債総額は1兆5024億円で、製造業としては戦後最大の倒産となりました。


朝日新聞2017.6.26夕刊1面より

その要因は何だったのでしょうか。

タカタでは2008年ごろから、エアバッグの重要部品である「インフレーター」の不具合が相次いで判明し、断続的にリコールを行っていました。タカタはエアバッグで2割の世界シェアをもっていたため、リコール台数は累計1億台規模になるみられています。こうした大規模リコール問題に関して、ダウンサイドリスク(最大限に被る損害)を見誤り、初期対応のみならず、その後の対応も後手後手に回りました。

▼リーダーのあり方が完全におかしかった

それらとともに私が強く感じたのが「リーダーのあり方」です。

タカタ製の欠陥エアバッグの異常破裂が原因とみられる死者は、米国など世界で少なくとも17人にのぼります。ところが創業家3代目の高田重久会長兼社長は、問題発覚以後、記者会見の場でもほとんど責任の自覚もなく、リーダーシップも発揮していません。6月26日の記者会見でも「異常破裂が起きることは製造当時は予測困難だった」「なぜ問題が起きたのか分かっていない」などと責任逃れとも受け取れる発言を繰り返したと報じられています。

■エリート士官養成学校で教える「指揮官先頭」とは

私は経営コンサルタントで、経営者のコーチ役を務めています。そこで私が繰り返し申し上げているのが「指揮官先頭」という言葉です。私も10人ほどの社員を率いる会社のリーダーですが、自分にも強く言い聞かせています。

もちろん、リーダーは部下がやることをすべてできるわけではありません。それならば、部下は必要ありません。しかし、重大な局面や重要な方針を実行する場合には、リーダーは先頭に立つ覚悟が必要です。

この「指揮官先頭」という言葉は、戦前の海軍兵学校(海軍の将校である士官の養成を目的とした教育機関)で厳しく教えていたことだそうです。指揮官たるべきもの、常に先頭に立って行動することが大切だということです。それをきっちり守って実践したのが、東郷平八郎(1848~1934)です。日露戦争の「日本海海戦」での東郷の行動は、まさに「指揮官先頭」だったと私は思っています。

あわせて読みたい

「企業経営」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    水原希子「日本人」発言は捏造

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    解散を要求していたのは野党側

    和田政宗

  3. 3

    豊田議員糾弾は大衆によるリンチ

    小林よしのり

  4. 4

    iPhoneXで生活は全く変わらない

    永江一石

  5. 5

    国民に刺さるのは左翼でない野党

    AbemaTIMES

  6. 6

    都知事 秘書の異常待遇言及せず

    週刊金曜日編集部

  7. 7

    車道ベビーカーなら「日本死ね」

    花水木法律事務所

  8. 8

    水原希子ヘイト騒動 本人も問題?

    メディアゴン

  9. 9

    10月解散総選挙なら自民の不戦勝

    NEWSポストセブン

  10. 10

    河村市長は衆院選出馬やめるべき

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。