記事

反日韓国の次なる作戦は? 「慰安婦合意が違法な証拠文書を見つけたった♪」

1/2

6月29日から行われた米韓首脳会談。おそらく誰もが予想していたトランプによるTHAAD問題鉄槌は、華麗にスルーされるという衝撃の結果になりました。

「米韓共同声明、THAADの韓国配備触れず 首脳会談」

会談後に出された共同声明では、FTA再交渉や、立場の違いがあらわになっていた米軍の高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD(サード))の韓国配備に触れなかった。

http://www.asahi.com/articles/ASK712DB9K71UHBI002.html

会談前に文大統領が「THAADは合意通りに配備します」ってワシントンポスト紙に宣言したりはしていましたが、トランプ大統領がそれで許すとは到底考えられていませんでした。

まぁ、スルーする代わりに、会談直前に北朝鮮貿易でマネーロンダリングを行ったとして、中国丹東銀行に対する制裁を決定し、韓国にこれを賛同させる剛腕を見せつけましたが。

「文大統領、「トランプ大統領の強力な力を基盤にした外交に共感」」

「制裁と対話の並行」を基本とする文大統領の対北政策基調が、「最大の圧力と関与」というトランプ大統領の基調と似ている点を強調したということだ。対北政策の接点を強調し、韓米間の対北制裁に対する憂慮を払拭する意図と見える。

http://japanese.donga.com/List/3/01/27/977352/1

同時に「慰安婦合意」の『い』の字も出せず、米韓首脳会議はアメリカの一方的な形で終わりを迎えました。直後に行われたG20における日米韓首脳会談でも、話題に従軍慰安婦問題は出ず、さらに初の安倍=文首脳会談でも、従来通りの主張を繰り返すだけで、殊更問題を大きくせずに終わりました。

正直に言って、かなり肩透かしであります。韓国側の一般的な反応を見てみましたが、「トランプと文のネクタイの色は同じ赤だが、安倍は青で仲間外れ」みたいなどうでもいい内容で大盛り上がりしてるだけで、THAAD問題でも「慰安婦合意問題」でも、まったく成果を出せなかったことへの批判はありません。韓国の人たちは、日本より政治は進んでいると言いつつ、日本より遥かに上っ面しか政治を見ませんね。

■トランプは国家間合意を破ったか?

韓国の文大統領はしきりに「慰安婦合意を韓国国民の大多数が情緒的に受け入れられない」と繰り返していますが、普通に考えれば「国民の情緒」などという理由で、国同士の合意事項をひっくり返すことは無理なはずです。そんなことができれば、どんな合意も「国民の情緒」を理由に無視できることができるからです。

では、米韓FTA再交渉を宣言したトランプの場合はどうなのか? まず理由からして「国民の情緒」などという曖昧なことは言いません。

「トランプ氏「米韓FTA再交渉を」 文氏は慎重」

首脳会談でトランプ氏は経済分野での不満を韓国にぶつけた。やり玉に挙がったのが、2012年に発効した米韓FTAだ。トランプ氏は米韓FTAによって「米国の貿易赤字は110億ドル(約1兆2350億円)以上増えた」と指摘した。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM01H4W_R00C17A7NNE000/

赤字という極めてわかり易いことを理由に挙げています。で、実際の話ですが、日本の農協が分析しておりまして、確かに赤字は拡大しているが、それは韓国の景気が悪化しているせいで、輸入が減っているということなんですね。

「【韓国 新大統領就任】経済再生への壁 韓米FTA」

トランプ政権は韓米FTAが発効しているのに、米国の対韓貿易赤字が2011年の132億ドルから16年には277億ドルまで倍増したことを問題視している。しかし、実際は、韓国の対米輸出額は2014年の702億ドルが15年は698億ドル、16年は664億ドルと減少傾向をたどっている。さらに韓国は経済の低迷で対米輸入額が輸出額よりも減少している。そのためその差は広がり、数字のうえでは韓国の対米収支は黒字が拡大、一方、米国の対韓収支は赤字が拡大している、というのが実情だ。

http://www.jacom.or.jp/nousei/closeup/2017/170530-32767.php

だからトランプが言う様に「FTAに構造的な問題がある」というのは、少し違うということなんですが、数字そのものに嘘はないという結論になります。

さらに、トランプは合意を反故にして、再交渉を迫ったのではなく、そもそもFTAの規定にある制度を利用しています。

「韓国新政権】トランプ氏が先制、慌てる韓国 FTA再交渉協議不可避、文在寅政権、国会停滞で「司令塔」不在」

合同委員会の特別会合は一方から要請があれば、30日以内に開くことが規定されている。会合即再交渉を意味しないが、前段階の協議入りは避けようがない。

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170713/mcb1707132145036-n1.htm

一方から要請があれば開くことを規定している、特別会合を開こうとしているわけですから、「最終的、不可逆的」と宣言した「慰安婦合意」とはまるで次元が違います。さすがに「国民の情緒」で要求を押し通すことができないことを理解したのか、韓国側は新たな手に出てきました。

あわせて読みたい

「従軍慰安婦問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    1台で4000戸分?EVは本当にエコか

    大西宏

  2. 2

    よしのり氏 山尾氏守り「満足」

    小林よしのり

  3. 3

    貧乏暮らしが生活保護の基準か

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    父が殺人犯に 加害者家族の現実

    fujipon

  5. 5

    大企業の不正「なれ合い」が原因

    田原総一朗

  6. 6

    「結婚は人生で1回だけ」に疑問

    AbemaTIMES

  7. 7

    ビットコイン先物でバブル崩壊も

    藤沢数希

  8. 8

    高齢夫婦の海外旅行は避けるべき

    PRESIDENT Online

  9. 9

    NHK訴訟 見直せなかった公共放送

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  10. 10

    就職人気企業 電通が26位に降格

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。