記事

政治家の嘘:民進党蓮舫議員 2重国籍で選挙を戦った なぜ昨年この説明ができない

民進党蓮舫代表が、過失と言い訳しながらもやっと2重国籍の状態で選挙を行っていたことを認めました。【蓮舫氏「二重国籍」会見詳報(1)】(以下(7)まで)
> --国籍法違反だったという状態についてどう思うか
 「指摘のとおり手続きを怠っていたことは事実だ。いずれにせよ、私はずっと日本籍のみだけだと思っていたが、昨年指摘をもらうまでは疑ってもいなかった。その部分では故意に怠っていたわけではないが、公職に就くものとして深く反省をしている」
「子供が成人になるまで」、「差別を助長する」などの理由で戸籍を開示することを行わなかったと言う蓮舫代表。いや国民が疑問に思っているのは戸籍の開示ではなく、なぜ手続きを行った昨年に2重国籍であったことを自分で認めなかったのか、つまりなぜ今まで「結果的な嘘」をつき続けていたのかと言うことで、その政治家の嘘に憤っているのがわからないご様子のようだ。

台湾に除籍の手続きをしたと言うのは、2重国籍であったことをご本人が認識したということ。その時点で過失ではあるけれど2重国籍を認識されているはず。そうあの時に本日話したことを言えばよかったのだ。

昨年以降の記者からの「2重国籍か?」の質問に対し「私は日本国籍です」と片方の正解を答えて今まで逃げていた。それこそ後で「(2重国籍だけど日本国籍であるから)嘘は言っていない」とごまかす予定だったのだろうか。

政府、与党の倫理的過失(法的ではない)はとことん攻め忖度の一切も認めないのに、自分のミスには見逃してくれよと忖度を要求するまさにブーメラン! そして質問内容がわからないと言って相手を恫喝する政治家、人の意見を聞こうとしないその態度のどこに反省があるのだろう。

嘘がバレた時それを言い訳する政治家はとても醜い。

驕る自民党は嫌いだが、嘘をつきダブルスタンダードの民進党はもっと嫌い。

あわせて読みたい

「蓮舫」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「安倍ヤメロ」を煽る朝日新聞

    深沢明人

  2. 2

    宮崎勤死刑囚から処刑直前の手紙

    篠田博之

  3. 3

    性暴行訴える詩織さん 手記出版

    文春オンライン

  4. 4

    小池氏にとどめ 進次郎氏の正論

    新潮社フォーサイト

  5. 5

    イシグロ氏へ勲章は国の恥さらし

    清谷信一

  6. 6

    よしのり氏「1に立憲、2に共産」

    小林よしのり

  7. 7

    堀江氏「保育士は誰でもできる」

    キャリコネニュース

  8. 8

    安倍ヤメロ隊阻止する最強応援団

    NEWSポストセブン

  9. 9

    ハゲに不倫…お騒がせ議員当落は

    田野幸伸

  10. 10

    橋下氏「公約は事後評価が重要」

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。