記事

実録ドラマ「貯金ゼロからの家計再生」

1/2

▼外資系高給取りが、突然の転落。生きるためにエアコンなしの生活も……
2008年のリーマンショックは、結婚直後で幸せ絶頂の花輪夫婦から職を奪い、どん底に突き落とした。しかし、2人は短期間で家計再生に成功。その勝因とは何だったのか? 話を聞くと、元・外資系高給取りのプライドをかなぐり捨てた、超・節約の日々がそこにはあった――。


新婚旅行先のモルディブで、夫の俊行さんと一緒に。

■励まし合いながらとことん話し合う

節約や家計管理の指南書を出版し、メディアやセミナーで引っ張りだこの人気FP・花輪陽子さん。プレジデント誌マネー特集にも何度となく登場するお金のスペシャリストだ。

そんな花輪さんだが、意外にもかつてはお金の面で“どん底”だった時期があった。2009年、30歳のときのことだという。

当時、花輪さんは外資系の某有名投資銀行に勤務していた。外資系金融機関というと高給なイメージだが、実際に給料は平均的な日本企業よりかなり高かったという。

「それなのに、その頃の私は貯金がないどころか、借金さえありました。最大200万円くらいまで膨れ上がっていたと思います」

借金の要因はクレジットカードによる無計画な買い物。買っていたのは洋服やバッグなどだ。当時を振り返り、花輪さんは「仕事のストレスをショッピングで発散する、ダメOLでしたね」と嘆く。

ただし、借金と花輪さんのどん底時代は関係ない。借金が最大値になったのとほぼ同時期、花輪さんは夫・俊行さんと婚約しており、むしろ幸せの絶頂だったのだ。

「夫に借金のことを話していなかったので『バレたら婚約破棄かも』という恐怖もありましたが……。結局、その恐怖が原動力になって節約に身が入り、結婚までに完済できました」

借金を完済したとはいえ、花輪さんの結婚時の貯金はほぼゼロ。一方の俊行さんは浪費家ではなかったが、大学院修了のため同い年の花輪さんより社会人歴が短く、貯金はそれほど多くなかった。

「そんな夫のささやかな貯金も、結婚式やモルディブへの新婚旅行などで使い果たし、2人とも資産と呼べるものは皆無の状態から、新生活が始まりました」

それでも、いままでどおり働いていれば資産は増えるはずだった。ところが2人の行く手を阻むように、リーマンショックが勃発。

「私の勤務先は米国の金融機関だったので、被害は甚大でした。リストラに怯える日々を送っていたところ、突然、私ではなく夫の会社が倒産してしまったんです」

俊行さんはIT企業に勤めていたが、まだ若い会社でもあり、100年に一度レベルの景気後退を耐えぬくことができなかったのだ。

さらに、俊行さんの失業から2カ月後、不安が的中して今度は花輪さんがリストラに。一連の出来事は、2人が結婚してまだ3カ月ほどの時期に相次いで発生。まさに、幸せの絶頂から失意のどん底へ突き落とされた形になった。

しかし、状況はたしかに“どん底”だったものの、2人は比較的早く立ち直ることができたという。

「1人だったら落ち込んでいたと思うのですが、夫婦で励まし合えたおかげです。社宅を出なければならなかったので、あまり悩んでいるヒマもありませんでした」

その後、俊行さんは再就職したが、花輪さんがFPとして独立する準備に入ったため、収入は激減。2人は毎日のように話し合い、節約と家計管理に没頭した。

その資産推移が図。収入は以前より減っていたが、貯蓄はどんどん増えていったのだ。すべて節約や家計管理の見直しによる結果だという。

次のページから、花輪家が家計再生できた理由を追っていく。

■花輪家のピンチを救ったのは、地道な節約と夫婦の絆だった!

▼固定費をカットして、月15万円の節約

無職、貯金ゼロ状態で、頼れるものは退職金と失業保険金のみの状態になった花輪家。まず実践したのは引っ越しだ。

「家賃は1カ月あたり約5万円安くなりました。このとき、『固定費』を削減する重要性を実感したんです」

固定費とは“毎月定額が出ていく費目”のこと。食費など毎月変動する費用と違い、固定費は一度見直せば効果が持続。

「『節約したければ固定費から』とよく言われますが、実体験からしてもそのとおりだと思います」と、花輪さんは話す。

なかでも高額になりやすい固定費が「住居費」「保険料」「教育費」「車費」。花輪さんはこれらを“4大固定費”と呼ぶ。

「子供はおらず、車は持っていなかったので、保険を見直しました。夫婦とも、婚約時に勧められるまま過剰に保険に加入してしまっていたので、最低限の商品にシフト。おかげで年間60万円も浮いたんです」

その他、携帯電話代やインターネット代金も定額の場合が多いので、固定費と言っていい。これらもプランを見直して、月2万円の節約に成功。

「食費など、流動的に支出額が変わる費目は、固定費見直し後に削ったのですが、最終的には以前と比べて1カ月あたり約15万円カットしました。最低限の生活費でやりくりできるようになったので、夫婦の収入の50%を貯めて、残りで生活するよう心がけていました。貯蓄が加速度的に増えたのは、そのスタイルが定着してからです」

あわせて読みたい

「節約」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    松井府知事の名誉毀損訴えに反論

    米山 隆一

  2. 2

    年金受給 何歳から貰ったら得か

    竹中正治

  3. 3

    安倍首相 欠席のふりして平昌へ?

    天木直人

  4. 4

    電ファミ 誤報も開き直りで炎上

    tenten99

  5. 5

    ブラタモリらしくない演出に失望

    メディアゴン

  6. 6

    核兵器の文句は日本より北に言え

    文春オンライン

  7. 7

    混迷する朝鮮 文大統領に悲壮感

    ヒロ

  8. 8

    昭恵氏 総理の実家避けホテル泊

    NEWSポストセブン

  9. 9

    詩織さん事件 検事名まで黒塗り

    週刊金曜日編集部

  10. 10

    元朝日記者の日韓合意批判に疑問

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。