記事

トランプ氏、「メード・イン・アメリカ」製品の保護策強化を約束

[ワシントン 17日 ロイター] - 米国のトランプ大統領は17日、米製造業の保護に向け今後6カ月間でさらなる法的・規制措置を講じる考えを示すとともに、米企業に損害をもたらす貿易協定や慣行を非難した。

トランプ氏はホワイトハウスが主催した米国製品の展示会で発言。全米50州の製造業者の幹部を前に「ここにいる全員に約束する。諸外国がルールを違反し、われわれの雇用や富を奪うことをこれ以上許さない」と強調。

同氏は製造業保護に向けた具体策は示さなかったが、諸外国の関税や貿易慣行を激しく非難。「外国製品の略奪的なネット販売は国内の消費者やショッピングセンターに壊滅的な被害をもたらしている。この取り締まりが含まれる」と表明した。

「ショッピングセンターや小売店舗、小売業者の雇用は非常に厳しい状況にある。かつてない数の閉鎖が起きている」と指摘した。

展示会にはデラウェア州の宇宙服やギブソン製ギターなどが出品され、トランプ氏自身もステットソン製のカウボーイ・ハットを被るなどのパフォーマンスを行った。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    首相発言が匂わす検察の国策捜査

    郷原信郎

  2. 2

    右翼3人との乱闘を収めた辻元氏

    辻元清美

  3. 3

    舛添氏「知事ならない方がいい」

    AbemaTIMES

  4. 4

    ビットコイン急落 原因は勘違い

    広瀬隆雄

  5. 5

    アベノミクスで潤う富裕層と自民

    国家公務員一般労働組合

  6. 6

    文春の「鬼畜」医師報道に疑問

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    よしのり氏「枝野氏が最も保守」

    小林よしのり

  8. 8

    人気精神科医 10代患者と性関係

    文春オンライン

  9. 9

    よしのり氏 若者に媚びたら最期

    小林よしのり

  10. 10

    立憲の「まっとうな政治」に疑問

    鈴木 たかこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。