記事

「体に優しい免疫治療;副作用はありません」がどれだけいい加減か オプジーボ;免疫治療の副作用71%! 

メドレーの記事です。悪性黒色腫にオプジーボを使った人の71%に有害事象、疲労・かゆみなど

Journal of Clinical Oncologyというがんの世界では超1流誌に載った論文の解説。あの民間とんでも免疫治療組織の言葉

「体に優しい免疫治療;副作用はありません」

どれだけいい加減かがわかる内容です。

免疫治療について今まで書いてきていますが(例1)2)3)4))、がん免疫治療は別の言葉で言うと「自己免疫誘発治療」、もっとひどく言うと「膠原病誘発剤」と同義です。副作用は出て当たり前です。ただそれも今までの抗がん剤の副作用と同じように症例を積み重ねることでコントロールできそうだということ、そして一般の抗がん剤より(今後はわかりませんが今の段階では)重篤な人が少ないことは事実です。

特にイメージして欲しいのは血液内科における幹細胞移植(骨髄、末梢血幹細胞、臍帯血)。白血病を治癒させてくれるのですが、副作用としてGVHD(入れたリンパ球や幹細胞から分化したリンパ球が白血病以外の体を攻撃するという副作用)があります。もちろんその副作用で命を落とす方がまだいるのですが、昔に比べかなり減ってきています。そして移植という激しい治療(抗がん剤、放射線)に伴う死亡率も減ってます。(半年以内にお亡くなりになる治療関連死亡率が20%から10%に)

そう副作用管理という医療も本当進歩しているのです。だからこそ標準治療を受けないことはもったいないのです。

さらに副作用を減らそうと医療はさらに進んでいます。それこそ抗がん剤が使われない時代もくるかもしれません。(ホジキン病にPD−1関連(オプジーボなど)、リンパ腫にリツキサン、骨髄腫・リンパ腫にレブラミド、ポマリドミド(iMID;抗がん剤?)、ポテリジオ(CCR4抗体)など)

だからこそ以前も書いているのですが、巷の免疫のことを何も知らずに金儲けだけしようとして、いざとなったら個人の希望でしたと責任を取ろうとしないで放り出す、民間のとんでも医療組織に騙されないようにしてください。

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの生ビール販売中止は正解

    ヒロ

  2. 2

    「ドラクエ式」が被災地で大活躍

    中妻穣太

  3. 3

    山本太郎氏の品位欠く罵声に呆れ

    早川忠孝

  4. 4

    小室圭氏留学 皇室パワー利用か

    NEWSポストセブン

  5. 5

    枝野幸男氏「私こそ保守本流」

    キャリコネニュース

  6. 6

    田原氏「麻原彰晃はマジメな男」

    田原総一朗

  7. 7

    橋下氏「定数増法案は戦後最悪」

    AbemaTIMES

  8. 8

    豪雨よりも欧州視察 立民に呆れ

    櫻井充

  9. 9

    サムスン 営業利益5兆円超のワケ

    片山 修

  10. 10

    ゲーム没頭する子供にすべきこと

    不登校新聞

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。