記事

私が、安倍三選はないな、と思う理由

最新の世論調査でも不支持率が支持率を大幅に上回っているようだから、これから1年の歩みを考えるとこの傾向が逆転することは考え難い。

不支持率が支持率を上回っている状況での選挙はなんとかして回避してもらいたいと思うのが、候補者及びその選挙を支える方々の偽らざる思いだから、安倍総理総裁を党首に戴いたままの態勢で選挙に雪崩れ込もうとする人は少ないはずである。

まあ、誰もいないのならこのまま行かざるを得ない、と腹を括るだろうが、然るべき人がいれば党首の座をその然るべき人に譲ってもらいたいと思うのが人情である。

国会議員はそんなことしか考えないのか、国の安全保障よりも自分たちの身分保障の方を優先するのか、実に情けない人たちだ、などという批判の声が上がるだろうが、選挙を目前にすると欲も得もなく、ただ当面の選挙に勝ち残ることに憂き身をやつすようになるのが大方の国会議員である。

私などはどちらに転んでも自分を取り巻く選挙情勢が好転することはないな、と腹を括っていたから堂々と負ける選挙を戦い抜いたが、普通の人はそこまで腹を括ることは出来ない。

自民党の現職の国会議員はごくごく普通の人たちだから、6回の国政選挙を自ら戦ってきた経験のある私には、彼らがどう動くのか、ある程度想像が付く。
勿論、様々な義理やしがらみがあって動くに動けない人もそれなりにいるだろうが、義理やしがらみが少ない人たちはそれなりに動くはずである。

既に自民党内での安倍一強体制は崩れているので、誰かが動き出すと雪崩を打つように自民党の中が動き出すはずである。
引き金を引くのが誰になるのか分からないだけで、引き金を引きそうな人が既に何人もいる、ということを頭の隅に入れておかれることである。

安倍内閣の支持率次第なのだが、現在の趨勢が続く限り支持率はじりじりと下がって行く。
現時点でなお35パーセントの支持がある、などという世論調査があるが、その一方でもう支持率は20パーセント台に下落しているという調査結果もある。

私は、衆議院の解散・総選挙は来年の通常国会が終了する来年の6月か7月頃になるだろうと予測しているが、この選挙で自民党が大勝すれば状況は一変するが、まずそういう甘い考えは捨てておいた方がいい。
自民党は、衆議院の解散総選挙で負けた総裁をそのまま次の総裁・総理に担ぎ出すような柔な政党ではないはずだから、結局衆議院の総選挙で負ければ安倍3選はないということになる。

仮に衆議院の解散総選挙が限りなく任期満了選挙に近い選挙になるとしても、安倍内閣に対する支持率が急激に回復しない限り、安倍総裁の3選はない、ということになる。

今は、安倍総理の3選を前提に皆さん動いているのだろうが、あまりのめり込まない方がよさそうである。
来年の今頃は、翌年の参議院選挙のことを念頭に動き出す人も多くなっているだろうから、何が起きるか分からない。

天気晴朗にして波高し、というところだろうか。

まあ、当たるも八卦、当たらぬも八卦の類なので、鵜呑みにはされない方がいいが。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「小室哲哉は気の毒」

    小林よしのり

  2. 2

    河野氏の韓国強硬外交は歴代突出

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    小室哲哉 3年前から妻とぶつかる

    THE PAGE

  4. 4

    タイで男を買い妊娠した30代女性

    fujipon

  5. 5

    年収1000万円の銀行員が続々転職

    キャリコネニュース

  6. 6

    外国人も失望? 蔓延する残念和食

    NEWSポストセブン

  7. 7

    童貞イジりの解消で失われる文化

    文春オンライン

  8. 8

    韓国籍離脱者が急増 兵役逃れで

    NewSphere

  9. 9

    黒塗りタブー化は新たな差別生む

    岩田健太郎

  10. 10

    マツコ ドヌーヴさん発言に異論

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。