記事

日本の精神病院でニュージーランド男性が変死 母国でニュースに

ニュージーランド・ヘラルドに掲載されたケリー・サベジさん(27)の写真と見出し

このニュースを教えてくれたのは、元朝日新聞の論説委員で現在は国際医療福祉大学大学院の教授を務める大熊由紀子さんからのメールマガジンだった。

◆◇こどもたちに慕われていた27歳の英語の先生 精神病院で縛られて、理不尽な死◆

ビクトリア大で日本語と心理学を学び、日本の小中学生に、この2年、英語を教えていたケリー・サベジさんの死が、母国のニュージーランドだけでなく、英国、オーストラリアなどで、大きく報じられています。

躁病の発作で裸になって騒ぐケリーさんを心配する兄のパットさんに、横浜市の職員が、神奈川県の精神病院、大和病院を紹介しました。

診療室では落ちつきを取り戻していたケリーさんをベッドに胴体と手足を縛りつける「身体拘束」するように医師が指示。おむつをつけられ10日続きました。そして、10日後の4月30日の夜9時すぎ、心肺停止状態になっているところを看護師が発見しました。

ケリーさんは、市立大和病院に搬送され、蘇生処置が施されましたが、5月17日に死を宣告されました。

市立病院の医師は「10日間、抑制(縛ること)されたことを考えると、深部静脈血栓が発生し肺の血管がつまり、心肺停止になった可能性があります」と遺族に説明しました。

「なぜ縛られなければなければならなかったのか」「なぜ死ななければならかったのか」、

それを知りたくて、遺族はこの2カ月間、病院にカルテのコピーを求めつづけていますが、病院側は拒んでいます。

というのがその情報だ。

事実なら重大な話なのに。このニュース、どこの新聞社もテレビ局も報道していない。

このため、筆者としてはこの発信をする時点では真偽のウラを取っていないことはお伝えしておく。

最近多くなっている「偽ニュース」でないとは言い切れない。

とはいえ、ニュース源はニュージーランドの新聞社NZヘラルドのちゃんとしたサイトのようだ。

The family of a New Zealand man who died after being tied to a bed for 10 days in a Japanese psychiatric ward say his care was an abuse of human rights.

Kelly Savage, 27, died in Yamato Hospital, Japan on 17 May (file photo)

Kelly Savage, 27, died in a hospital in Japan on 17 May (file photo). Photo: Supplied

Kelly Savage, 27, had been teaching English in Japan for two years when a pre-existing mental health condition worsened.

His Wellington-based family say he became manic after stopping his medication because of the side effects.

He was admitted to Yamato Hospital under a compulsory order and restrained on a bed in a secure ward for 10 days.

A nurse found him in cardiac arrest in mid-May and he died seven days later.

His death certificate lists the cause of death as hypoxic ischemic encephalopathy caused by cardiopulmonary arrest.

But his family say the cause of the cardiac arrest is inconclusive and it has been suggested to them that deep vein thrombosis may have been involved because of the long period of restraint.

They say researchers in Japan have reported that 30 days' restraint is common there.

出典:ニュージーランド・ヘラルド電子版

サイトを見る限り、本物のニュージーランド・ヘラルド紙の記事のようだ。

もちろん、彼の死がこの通りに事実であったとしても、その死が本当に病院側の問題なのかどうかはわからない。

それは検証する必要があるだろう。

問題は現地で大きく報じられていて、いわば国際問題になりつつあるのに日本のメディアがまったく報道していないことだ。

どうなっているのだろう?

この情報を教えてくれた大熊さんの記事の翻訳文にはこうある。

ウェリントン大学の地震学の教授である母のマーサさんは「中世の映画の出来事のようででショックを受けています」

「この拘束は、現代社会のできごとには思えず、ニュージーランドでは絶対に起こりえないこと」

「このようなことが2度とおきないように訴えたい」とのべています。

ニュージーランドの外務省は、 東京のニュージーランド大使館を通じて、遺族がカルテにアクセスできるよう支援を約束しました。

「中世の映画のような出来事」「ニュージーランドでは絶対に起こりえない」

そう現地で言われているのであれば、病院や警察、日本政府も責任を持って実態を調べるべきだろうと思う。

日本のマスコミも感度が低いが、これはニュースではないのだろうか? 

(ネットの情報は、自分のように報道のプロだった人間でも確認が難しい。

ネット情報を確認せず引用してすっかり騙されたフジテレビのようなケースもあるのでもちろん確認は必要だ。)

フジテレビの二つの番組がインターネット上の情報を引用するなどして、相次いで誤報を出したことを受け、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会(委員長=川端和治弁護士)は14日、ネット情報の扱いなどについて、放送局に注意を喚起する委員長コメントを今秋に公表することを決めた。

出典:ヨミウリ・オンライン

さて、その後、英国の高級紙「ザ・ガーディアン」のサイトにも載ったので、ニュースとして報道されていることが確認できた。

New Zealand man died after being tied to bed in Japanese hospital, says family

Kelly Savage, 27, was admitted following a manic episode, but died after 10 days in which he was reportedly restrained at the wrists, ankles and waist

出典:ザ・ガーディアン電子版

日本のマスコミがこの問題を報道して検証する流れになることを願っている。

※Yahoo!ニュースからの転載

あわせて読みたい

「メディア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    おっぱい見せて グラドルの悩み

    倉持由香

  2. 2

    堀江氏「デキないやつは切れ」

    NEWSポストセブン

  3. 3

    米国が北朝鮮に攻撃できない理由

    NEWSポストセブン

  4. 4

    NHKスペのAI番組はエセ科学か

    メディアゴン

  5. 5

    「夫の○○が入らない」は普通

    (チェコ好き)

  6. 6

    「行政歪んでいない」答弁で証明

    足立康史

  7. 7

    橋下氏「安倍政権は裏目裏目に」

    橋下徹

  8. 8

    首相 加計申請認識の発言は賭け

    郷原信郎

  9. 9

    日本人の元号離れは次で決定的に

    Bill McCreary

  10. 10

    「手遅れ」安倍内閣は総辞職せよ

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。