記事

40男女の子育てとAmazon

11

子育ての真っ最中。もともと、会社員と比べると時間が自由で。もうすぐ夏休みも始まるので、育休はとらなかった。何かこう、育休取得の目的化と言うのは違うと思い。

もっとも、普通の会社員の場合、取った方が良いだろう。産まれた直後には、まあ、色々なことが起こるわけであり。私は、人間リモコンと化しており。ちょっと台所から水やお湯を運んだり、おむつを運んだりと、まあ、雑用のようなことをやっている。いつもどおり料理は私が作っているのだが、これを全部、母ひとりでやると大変だろうなとは思う。

あ、お願いだから、私の前でイクメンという言葉を使わないで欲しい。権力者は美しい言葉で大衆を手なづけようとする。イクメンと言われたところで、仕事の絶対量は減らない。最近、時差ビズなる言葉が生まれたが、このムーブメントだけでは通勤も緩和されないし、なんせ忙しさが是正するわけではないので。イクメンという言葉は、ガス抜きにはなるが、夫婦の忙しさの絶対量を何も解決をしてくれないし、お金を配ってくれるわけでもない。私はそう言われるとひたすら不愉快になるので、やめて欲しい。

もともと、出産・育児系の意識高い系ムーブメントが苦手だ。別に少子化対策のために子供を産むわけではないし、家事もまた労働であることを美しい言葉で払拭しようとしても意味がないと思う。もちろん、待望の娘だし、人生における貴重な時間なので、真摯に向き合う。我が家のアイドルの座からも陥落し。ということは稼ぐのと、家庭に貢献しないと存在意義がないのだが。ますます人生の中途半端感を極めているし、先行きも不透明だが、この子が成人するまではなんとしてでも生き抜くし、世の中に何か爪痕を残そうと思っている。

34

個人的に戸惑っているのは、あれだけ苦手というか、必要悪だと思っていたAmazonに対する見方が変わっている点だ。急に何かが必要になった時に、たしかに便利。普通に生活している分には、別にコンビニやスーパーに行けばOKだし、急がないのだが。育児の際には、Prime Nowもお急ぎ便も便利だ。

もっとも、このようにシステムに飼いならされてはいけない。Prime Nowを運ぶ人を見るたびに、何かこう切なさをいつも感じてしまうのだが。しかし、これもまた仕事であり、労働だ。

娘がいきいきと働くことができる労働社会をつくるために、このAmazonとの付き合い方も考えつつ、明日もまた生きることにしよう。



本当にミルク代、おむつ代だと思って、最新作をぜひ手にとって頂きたい。父ちゃん、頑張る。

あわせて読みたい

「育児休暇」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  3. 3

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  4. 4

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  5. 5

    松本人志マッチョ化は典型的変節

    文春オンライン

  6. 6

    女性用下着店にいる男性に賛否

    キャリコネニュース

  7. 7

    中国国境に接する北は崩壊しない

    Chikirin

  8. 8

    「脱デフレは幻想」イオンが証明

    近藤駿介

  9. 9

    正恩氏声明でトランプ氏へ怨み節

    高英起

  10. 10

    北朝鮮「米本土到達は不可避」

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。