記事

危険ドラッグ 民泊利用の「新入手ルート」が蔓延している

【危険ドラッグの流通にも民泊が活用されている】

 池袋西口の路上で2014年に起きたRV車暴走死亡事故は、危険ドラッグを吸引して意識を失ったドライバーが引き起こしたものだった。この事故をきっかけに危険ドラッグは社会問題として大きな関心を集め、法律が改正され取り締まりも厳しくなった。

その後、ニュースの見出しから姿を消していた危険ドラッグだが、2017年のいま、再び報じられる機会が増えている。ライターの森鷹久氏が、いま再び危険ドラッグに手を染める人が増えている理由についてリポートする。

* * *
「言った通りになったでしょう。今後はリキッド、パウダーが主流になるでしょう。ハーブは印象が悪すぎますからね。やはりエロって根強いですよね……」

 こう話すのは、かつて東京都西部に拠点を置き、危険ドラッグの製造や販売を行っていた男性・X氏だ。危険ドラッグをテーマにした拙著『脱法ドラッグの罠』(2014/イーストプレス)の取材に大いに協力してくれた彼は、当時からすでに冒頭のような”見通し”を筆者に語っていたが、それが現実になったと最近になって連絡をよこしてきてくれた。

 2017年6月には京都新聞記者が危険ドラッグの所持容疑で逮捕、また同じ所持容疑がかけられたTBS社員の場合は同局本社も家宅捜査されたとテレビや新聞が比較的大きく報道した。かつては危険ドラッグというとお茶やタバコのように乾燥させた葉を使用するタイプが多かったが、このマスコミ関係者二人は「液体」の危険ドラッグを使用していた。

「今年に入ってから“危険ドラッグ”絡みの摘発は確かに増えている」というのは取締りを担当する当局関係者。教員や一流企業社員、大学職員が危険ドラッグの使用や製造、密輸で逮捕される事例が相次いでいる。前述のX氏が解説する。

「二人のマスコミ関係者は、いずれも危険ドラッグ“ラッシュ”を製造・使用していたようです。これはラブドラッグとして有名で、2000年台前半に日本でも流行しました。2006年に規制され、日本国内では見かけなくなりましたが、最近になってまた持ち込まれるようになっています」

 かつて“危険ドラッグを使用する理由”について複数の関係者に取材した際、異口同音に聞こえてきたのは「性交のため」という事実だった。ラッシュは特に、同性間での性行為時に使用される例が少なくないといい、ゲイコミュニティでは規制後も流通していたという。もちろん、男女間の性行為時に気分を高めたりリラックスする目的で、また自慰行為のためにラッシュを使用するといった例もある。

 ハーブを吸ったあと意識を失ったドライバーによる暴走事故が相次いだ直後は、取締りが厳しくなったため、危険ドラッグ販売業者はなりを潜めていた。しかし、一連の事故から3年経った今、業者はすでにネット上での販売を開始しており、検索すると複数のサイトが確認できる。危険ドラッグの紹介文には「性交」を連想させるキーワードが並んでいて、どのような客層に狙いを定めているのかが見て取れる。

 また、危険ドラッグが再び蔓延しつつある理由については、かつて税関が監視の目を光らせ、徹底的に薬物の国内流入を防いだ水際作戦、流入後は当局と連携を取りながら追い詰めたことで壊滅状態にあった流通ルートの復活、というのも大きなポイントだ。

首都圏で違法ドラッグの“売人”として生活するO氏は、税関や当局が、以前ほど危険ドラッグの取り締まりをしていないという感触を指摘しつつ、流行の「民泊」を使い、大麻や危険ドラッグを捌いている実態があると説明する。

「予約した民泊に、海外からの荷物を期日指定で届けさせます。掲示板などで“簡単なアルバイト”で募集をかければ、クレジットカードで民泊の予約を代行してくれる人間はいくらでも見つかるんですね。同じような方法で海外から密輸するパターンもあります、金塊みたいにね。ただ、摘発される可能性が今は高くなってきたため、もうこの方法は終わりかも。新たなやり方が見つかったので問題ありませんが……」

 その「新たなやり方」については、たずねてもかたくなに口を閉ざされた。

 危険ドラッグを使用した人間がひき起こしたいくつもの悲惨な事故。何人もの人々が亡くなったのは、すでに遠い過去となりつつあるのか。

あわせて読みたい

「危険ドラッグ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    田中みな実 過激なお蔵入り写真

    NEWSポストセブン

  2. 2

    質問力なし 報道のTBSは死んだ

    和田政宗

  3. 3

    橋下氏 解散批判する野党に苦言

    橋下徹

  4. 4

    総理による解散は課題設定の権力

    三浦瑠麗

  5. 5

    小池氏が知事辞任し選挙出馬の噂

    三浦博史

  6. 6

    自民は本気の小池氏を甘く見るな

    安倍宏行

  7. 7

    北の日本攻撃ありうる歴史的背景

    ヒロ

  8. 8

    斉藤・山尾・今井 不倫の共通点

    NEWSポストセブン

  9. 9

    小池氏会見まるでイキった大学生

    キャリコネニュース

  10. 10

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。