記事

相変わらず説明責任から逃げ回る安倍総理

安倍総理がやっと国会に出てくる方向になっています。

しかも自民党国会対策委員会はこれに慎重であったけれど、安倍総理自身が出るという意向を示したと。

安倍総理自身が国会に出る意向を示したこと自体は一歩前進。しかし、同時に自民党は、その際の野党の質問時間配分を過去の国会ではなかったほど短くすべしと主張していて、一体何なんだと思います。

安倍総理が国会に出るような格好だけつけて、実際には与党側が長々と安倍総理に対する「馴れ合い」の質問をするようでは、加計学園問題などについて、真相の解明とは到底なりません。

すなわち、安倍総理の、説明責任から逃げ回る姿勢は相変わらず続いているのです。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    自民党議員が女将とタワマン不倫

    NEWSポストセブン

  2. 2

    それでも蓮舫氏に頼る民進に疑問

    早川忠孝

  3. 3

    加計問題 職員の反対意見が続出

    文春オンライン

  4. 4

    都庁で「ラジオ体操」職員に同情

    キャリコネニュース

  5. 5

    稲田氏PKO日報隠蔽 報道は的外れ

    河野太郎

  6. 6

    死後45年ブルース・リー死の真相

    渡邉裕二

  7. 7

    AI時代に全く危機感ない日本人

    永江一石

  8. 8

    加計問題が示した霞が関の劣化

    WEDGE Infinity

  9. 9

    北朝鮮軍でクーデター謀議の情報

    高英起

  10. 10

    説明責任果たした蓮舫氏に感動

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。