記事

小学校のプール飛び込み指導を問う

1/2

小学校の課外活動における飛び込みスタート指導の有無(都道府県対象調査)

■小学校のプールで飛び込みスタート指導

昨年7月に鳥取県湯梨浜町立A小学校でプールの飛び込みスタート指導中に起きた小六女児の頸髄損傷事故について、事故から約1年を経てようやくその事故報告書がまとめあげられた。

報告書は、フラフープを用いた指導方法が不適切であったと指摘し、さらには学校と町教委における事故直後の初期対応からその後の長期にわたる対応までのあり方を、厳しく批判した。事故そのものと事故対応の両方の問題点にしっかりと言及した報告書が提出されたと、私は感じている。

その丁寧な記述のおかげで、報告書が意図していない、今日の小学校のプール指導における新たな問題点が浮かび上がってきた。それは、小学校のプールで飛び込みスタートが指導されてきたという事実である。これまで、飛び込みスタート指導の是非は主に中学校・高校の問題として論じられてきただけに、小学校のそれは注目すべき検討課題と言える。

■「飛び込みに抵抗のある児童」を飛び込ませる

A小の事故状況(拙著『ブラック部活動:子どもと先生の苦しみに向き合う』より)A小の事故状況(拙著『ブラック部活動:子どもと先生の苦しみに向き合う』より)

報告書には、事故に遭った児童とは別の児童のことが次のように記されている。

教諭は飛び込み指導の苦手な児童dを4コースで指導していた。足が前後に開き、水面にそのまま体から落ちてしまう飛び込みフォームを改善させる (略)

フラフープを使っての飛び込み指導はこの日が初めてであり、(それは)飛び込みに抵抗のある児童dに向けられた指導課題(であった)
出典:事故調査報告書(2017年6月27日付)より ※括弧内は筆者が加筆

A小学校では、飛び込みスタートの指導においてフラフープが用いられた(詳しくは拙稿「フラフープに飛び込み指導」)。その指導は、飛び込みスタートが「苦手」で「抵抗のある」児童のために用意されたものであるという。

■学習指導要領における規定

文部科学省が定める小学校学習指導要領の「体育」においては、5・6年生の水泳指導は、「水中からのスタートを指導する」とされている[注1]。これは中学校においても同様で、スポーツ庁からの通知(29ス庁第99号:2017年4月28日)の添付資料「スタートの指導の留意点」には、「小・中学校では、水中からのスタートのみを指導し、授業での跳び込みによるスタート指導は行いません」と明記されている。

小学校の体育の授業では、飛び込みスタートは禁止されている。だがA小では、飛び込みに「抵抗のある」児童に、わざわざ飛び込みを指導した。なぜそれが可能だったかと言えば、その練習は「課外活動」であって「体育」ではなかったからである。

あわせて読みたい

「水泳」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  3. 3

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  4. 4

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    小池新党は選挙対策「互助会」か

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  7. 7

    共産と協力へ 前原氏は支離滅裂

    和田政宗

  8. 8

    小池新党は若狭氏の舵取り次第

    早川忠孝

  9. 9

    松本人志マッチョ化は典型的変節

    文春オンライン

  10. 10

    難民「射殺か」 武器使用は可能

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。